other_01-1-e1497279298985

今までと同じでは痩せない?50代のダイエットの正しいやり方とコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

50代のためのダイエット方法がある?

50代を過ぎると、体重は以前と変わってなくても、見た目が太ってきたと感じることはありませんか?

これから先のことも考えて、少しでも痩せておこうとダイエットを始める方もいるでしょう。

せっかくなら、50代には見えないスラッとした体型を手に入れたいですよね。

ですが、50代になると、今までと同じダイエットをしているうちは、痩せようと思っても体重は減りません。

50代のあなたに合ったダイエット方法で、正しいやり方をマスターする必要があります。

そこで今回は、50代のダイエットの正しいやり方とコツをまとめてみました!

特に50代の女性は、一気に痩せづらくなると言われているので、50代女性のためのダイエット方法も一緒に紹介していきます。

50代になって痩せない原因

若かった頃の痩せない原因は、主に食べ過ぎによるものでしたが、50代の痩せない原因は、大きく分けて3つあります。

運動量の減少

「休みの日ぐらいゆっくり家で休ませて」と思うようになっていませんか?

肩や腰など、体のあちこちの痛みが気になる50代は、自然と運動の頻度も減ってしまいがちです。

また運動をしてもすぐに疲れを感じ、長い時間続けることが難しくなってきています。

特に50代にもなれば、子供たちも成人してしまうので、一緒に外に出かけることすら少なくなってしまうでしょう。

それだけでも、運動量はかなり減っているのです。

運動量が少なくなれば、当然カロリーの消費量も減るので、太る原因になってしまいます。

代謝の低下

40代も50代も、そんなに変わらないと思っている方がいるかもしれませんが、基礎代謝を調べてみると、50代を過ぎると一気に低くなっていくのです。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」によると、50~69歳の基礎代謝の平均値が、男性は「1380kcal」、女性は「1100kcal」とされています。

特に男性は、30~49歳の平均値と比べると140kcalも減少していて、これは約350mlビール1本分のカロリーと同じぐらいの数値です。

代謝が悪くなると、効率よくエネルギーを消費できず、余分な脂肪をどんどん蓄えてしまうので、ダイエットをしても痩せなくなってしまいます。

50代から始まる更年期(女性のみ)

更年期が始まるのは「閉経」を迎える50歳前後と言われているので、50代女性がダイエットをしても痩せない原因は、更年期にあるとも考えられます。

更年期になると、内臓脂肪をつきにくくする効果もある「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が減ってしまいます。

すると、ホルモンバランスが乱れて、代謝が低下してしまうので、脂肪がつきやすくなるのです。

このような「更年期脂肪」をなくすには、今まで通りのダイエットは通用しないので、その方法もあとで紹介します。

50代からのダイエットのポイント

若かった頃と太る原因が違うため、痩せるコツも当然変わってくるので、ここでは50代からのダイエットのポイントを紹介します。

消費カロリー>摂取カロリーを意識する

当たり前だと思うかもしれませんが、50代のダイエットでは改めて、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が高くならないように気をつける必要があります。

これは先ほど説明した通り、50代になって消費カロリーが低くなっているからです。

50代になっても今まで通りの食事をしていたり、子供や旦那さんと同じ量の食事をしていると、摂取カロリーの方が多くなってしまいます。

また、子供が一人暮らしをするようになれば、家の食事を簡単に済ませることも増え、結果として高カロリーなお惣菜やお弁当を食べてしまいがちです。

このように、生活環境も変わってくるのが50代のダイエットなので、消費カロリーを増やし、摂取カロリーを減らすことを心がけてください。

筋肉を増やして代謝を上げる

筋肉量が多ければ多いほど代謝は高くなるので、たとえ運動しなくても消費カロリーを増やすことができるようになり、デトックス効果も期待できます。

特に50代のダイエットとして鍛えて欲しい筋肉は、「インナーマッスル」と呼ばれる筋肉です。

インナーマッスルは目に見えない筋肉のことで、姿勢や内臓を正しい位置にキープする役割があります。

普段なかなか鍛えることができないので、50代になるとかなり衰えているかもしれません。

インナーマッスルを鍛えれば、姿勢を良くして代謝をあげたり、内臓の位置を戻して綺麗な見た目を手に入れたりすることもできます。

鍛え方はあとで紹介しているので、ぜひマスターしてください。

50代におすすめのダイエット方法6選

ではここから、50代の方でも無理なくできるダイエット方法6選を紹介していきます。

これらを組み合わせることでより効果を高めることができますが、自分のペースに合わせて実践しましょう。

1、50代向けのダイエットサプリを活用する

ダイエットサプリには様々な種類がありますが、50代に必要なものは、落ちてしまった脂肪燃焼効果を高める効果のあるサプリです。

特に「シボヘール」というサプリは、脂肪燃焼をサポートしてくれる、50代のために作られたものなのでオススメします。

シボヘールには、葛の花イソフラボンという成分が含まれており、この葛の花イソフラボンはお腹の脂肪を減らすのを助ける効果が科学的に認められていて、実際に行われた臨床試験でも、お腹の脂肪が平均で20㎠減ったという結果が出ています。

シボヘールは、主成分の効果が科学的に認められた機能性表示食品なので、安心して50代の方が始められるでしょう。

価格は、送料無料で初回「980円(税込)」となっており、よくある定期購入の縛りはないので、試してみて合わなかったら解約というのもOKです。

50代の男女に特におすすめのサプリメントなので、ぜひ試してみてください。

2、酵素サプリを取り入れる

50代を過ぎると、体内で作られる酵素の量が少なくなってしまうので、代謝が悪くなったり、消化機能が低くなったりします。

そのような状態でダイエットをしても、痩せる効果は期待できません。

不足分の酵素を補うためには結構な量を食べることが必要で、1日あたり生野菜350g、果物200gとされています。

また酵素は熱に弱いという性質を持っているため、加熱処理をしないようにして食べることが大切です。

この量を食べ物から摂取するのは大変ですが、酵素サプリなら、加熱処理をしていない生の酵素を簡単に取り入れることができるので、代謝アップや消化をサポートする効果が期待できます。

乳酸菌が配合されている酵素サプリも多く、便秘を解消することも期待できるので、お通じを良くしたい方にもオススメです。

3、食事管理で糖質カットをする

普通に食べていても太りやすい50代のダイエット方法は、 糖質カットを意識した食事管理をすることが必須です。

かといって食事メニューをいきなり変える必要はなく、ご飯を玄米に、パンを全粒粉パンにするなど、できるところから始めていきましょう。

また食べる順番を意識することも、糖質をカットする食事管理の1つです。

食物繊維の多い野菜を最初に、糖質の多い炭水化物を最後に食べるようにすることで、血糖値の上昇を緩やかにすることでき、ダイエット効果が期待できます。

食事管理が面倒な方や、付き合いで急な外食の予定が入りやすい方には、糖質をカットするダイエットサプリもあるので、そちらの方が合っているかもしれません。

4、運動をしてカロリーを消費する

運動と言っても、激しいトレーニングをするのではなく、無理のない運動をすることが、50代に合ったダイエット方法です。

少し遠回りをして帰ったり、階段を使って歩いたりするだけでも、普段よりもカロリーを消費することができます。

特にオススメなのは、週1回でも良いので、プールでウォーキングをしたり、泳いだりすることです。

水の浮力は体の負担を少なくしてくれるので、膝や腰など関節の痛みが気になる方でもできる運動になっています。

また、運動の仕方で水の抵抗を変えることができ、負荷を調整することができるのもポイントです。

最初は小股でゆっくり歩いて、慣れてきたら大股で速く歩くようにしてみてください。泳げる方は、30分以上かけてゆっくりと、平泳ぎやクロールをすると良いでしょう。

5、筋トレをして代謝を上げる

足腰を鍛えるためにスクワットをしている50代の方は結構いますが、今回50代のダイエット方法としては、インナーマッスルの鍛え方を紹介します。

最も簡単なのは「ドローイン」と呼ばれる鍛え方で、腹式呼吸でお腹のインナーマッスルを鍛える方法です。

  • 1、立った状態か、仰向けの状態になる。
  • 2、腰骨の少し内側に指を当てて、へこませる時に硬くなっていることを確認しながら行う。
  • 3、5秒かけてお腹をへこませ、5秒かけて元に戻す。
  • 4、これを1セットとして、3セットほど繰り返す。

ドローインならば、テレビをみながらやってみたり、家事の合間にやってみたりするのもいいかもしれません。

インナーマッスルを鍛える時は、内側の筋肉が鍛えられているというイメージを持つことが重要なので、意識しながら行うようにしてください。

6、50代女性は更年期対策ができる「豆乳ダイエット」

50代の女性の方は、更年期の対策もできる「豆乳ダイエット」もオススメします。

そもそも更年期に太ってしまうのは、内臓脂肪をつきにくくするエストロゲンの分泌が減ってしまうためです。

豆乳には、エストロゲンに似ているイソフラボンが含まれているので、その役割を補うことができます。

また豆乳を飲むと、「コレステロール値を下げる」、「代謝を高める」、「体脂肪を燃焼する」、「脂質の代謝を促す」、「腸内環境を整える」といったダイエット効果も期待できるのです。

豆乳ダイエットの注意点や、効果を高める方法については別の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください

50歳からのダイエットの注意点

50歳からのダイエット方法の注意点は、激しい運動や極端な食事制限を控えることです。

若かった頃は痩せるために、汗だくになるまでトレーニングをしたり、ご飯を一切食べなかったりした経験がある方もいるでしょう。

しかしこのようなダイエットは、50代にとって体の負担が大き過ぎるので、怪我や体調を崩す原因になります。

50代のダイエットでは、無理のない運動を長期間続けて、少しずつ痩せていくことを目標にしていきましょう。

どのダイエット方法が自分に合うかわからないという方は、まずは「シボヘール」から試してみてください。

50代のためのダイエットをすることが大事!

今回は、50代のダイエットの正しいやり方とコツをまとめました!

50代で痩せない原因は体の衰えにあり、女性の方は更年期も影響しているかもしれません。

今まで通りのダイエット方法を行うのではなく、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が高くすることや、筋肉量を増やすことが、50代のダイエットのポイントです。

特に「シボヘール」は、50代のために作られた脂肪燃焼系のダイエットサプリなので、確実に痩せたい方にオススメします。

人生100年時代と呼ばれている今、50代はまだ折り返し地点ですので、美しい体を手に入れて、人生を楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集