shutterstock_696369244

何か食べたいを撃退!ダイエット中の空腹感を紛らわす方法9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットの大敵の空腹は解消できる?

ダイエット中の大敵である空腹に悩んでいる方も多いと思います。

私もダイエットで痩せたいと強く思っていたのにも関わらず、空腹に負けてしまい、結局たくさん食べて太るという繰り返しでした。

しかし、ダイエット中の空腹を紛らわす方法を実践してみると、食べる量を減らすことができ、ダイエットに成功しました。

本当に空腹を解消することができるのか疑問に思われる方も多いと思います。

今から紹介する、空腹感を紛らわす方法を是非試してみてください。

驚くべき効果を発揮してくれますよ!

ダイエット中の何か食べたいを撃退!空腹感を紛らわす方法9選

ダイエット中の空腹に我慢できず、ついつい食べ過ぎてしまい、太ってしまうという流れを断ち切るために、空腹感を紛らわす方法を紹介していきます。

簡単に実践できることばかりですので、是非気軽に試してみてください。

1、満腹感サプリを摂取する

ダイエット中の空腹感を紛らわす方法として、満腹感サプリを摂取する方法がおすすめです。

満腹感サプリを摂取することで、高い満腹感を出してくれ、食事や間食の量を減らすことができると言われており、ダイエットに効果的と話題になっています。

満腹感サプリには、「ギムネマ」、「ガルシニア」、「グァバ葉ポリフェノール」、「レプチン」などの、食欲を抑えてくれたり、満腹感を出してくれる効果のある成分が豊富に含まれているので、空腹感を抑えることができるとされています。

飲むタイミングや回数はその商品によるのですが、サプリを飲むだけで満腹感を出してくれると言われており、気軽にダイエットすることができると人気です。

2、満腹感を出してくれるツボを押す

ダイエット中の空腹をしのぐ方法として、満腹感を出してくれるツボを押す方法も挙げられます。

ツボを押す方法なら、仕事中や授業中でも気軽に行うことができます。

「飢点(きてん)」が空腹感を紛らわせてくれる

「飢点(きてん)」というツボには、満腹感を出してくれる効果があると言われており、「飢点」を刺激することで、食事や間食の量を抑えることができ、ダイエットに効果的です。

「飢点」は、耳の前の膨らんだ部分のやや下にあり、左右の「飢点」を人差し指で1~2分間押し続けるだけ。

食事の15分前を目安に行うと、より効果が高くなります。

「胃・脾・大腸区(い・ひ・だいちょうく)」が食欲を抑制してくれる

「胃・脾・大腸区(い・ひ・だいちょうく)」というツボには、食欲を抑制してくれる効果があると言われています。

「胃・脾・大腸区」を刺激することで、食欲が抑えられるので、食べる量を減らすことができ、ダイエットに効果的です。

「胃・脾・大腸区」は、手のひらの生命線に沿ったところにあるツボで、上の画像の赤い部分を強くつねるイメージで、つまんで離すを1~2分行います。

「胃・脾・大腸区」は優しく撫でてしまうと、反対に食欲を増進してしまうので、注意が必要です。

3、有酸素運動をする

ダイエット中の空腹感を紛らわせる方法として、有酸素運動を行う方法もおすすめです。

有酸素運動を行うことで空腹感を凌げる理由は、交感神経の働きが活発になるため。

有酸素運動をすると交感神経がの働きが活発になりますが、交感神経の働きが活発になることで、食欲が引くと言われているのです。

20分くらい有酸素運動を行うと効果的とされており、それ以上行ってしまうと反対にお腹が空いてしまうということも考えられるので注意するようにしましょう。

4、アロマの香りを嗅ぐ

アロマの香りを嗅ぐことでも、空腹感を凌げると言われています。

ペパーミント

ペパーミントの強いミントの香りには、食欲を抑えてくれる働きがあると言われています。

夜に嗅ぐことで、安眠効果もあります。

グレープフルーツ

グレープフルーツの香りには、交感神経を刺激し、食欲を抑えてくれる働きがあると言われています。

オリーブオイル

オリーブオイルの香りには、脳に「食べた」と勘違いさせる働きがあり、満腹感を得ることできると言われています。

5、睡眠をとる

睡眠も、ダイエット中の空腹感を紛らわす方法の一つと言われています。

睡眠をとると、「レプチン」というホルモンが分泌されるのですが、この「レプチン」には満腹感を出してくれる働きがあるため、どか食いを防いでくれるのです。

夜中にお腹が空いていたけれど、食べるのを我慢して寝ると、翌朝お腹が空いていない状態になるのはこのことによるものとされています。

6、歯を磨く

意外かもしれませんが、歯を磨くという行為にもダイエット中の空腹感を紛らわしてくれる効果があると言われています。

歯を磨くことで食欲を抑えることができる原理として、脳の働きが活発になるということが挙げられます。

歯を磨き、脳の働きが活発になると、空腹が紛れるので、余計な食事をしなくて済むようになり、痩せることができるのです。

朝や夜だけでなく、昼にも歯磨きをすると良いでしょう。

7、満腹感が高い食べ物・食品を食べる

ダイエット中の空腹を紛らすには、満腹感が高い食べ物を食べる方法もあります。

空腹感を紛らわすのにおすすめの食べ物を紹介していきます。

コンビニに売っている食べ物ばかりな上に、深夜に食べても罪悪感がない食品が多いので、是非参考にしてみてください。

りんご

りんごには、水分と食物繊維が豊富に含まれており、食物繊維が水分を吸収してお腹の中で膨らむので、少量で満腹感を得ることができるのです。

また、食物繊維には腸内環境を整え、便秘を解消してくれる働きもあるので、りんごは一石二鳥の食べ物と言うことができます。

寒天

寒天には食物繊維が豊富に含まれており、非常に満腹感が高い食べ物と言われています。

寒天は満腹感が高い上に、カロリーが食べ物の中でも特に低いとされており、ダイエット中の強い味方になってくれます。

料理にもデサートにも、飲み物にも合うので、普段の食生活に取り入れやすいのもおすすめの理由の一つです。

豆類

豆類も満腹感が高い食べ物として有名です。

豆類には豊富に食物繊維が含まれており、満腹感を出してくれるだけでなく、便秘の解消に高い効果を発揮してくれます。

また、豆類は健康や美容にも良いとされている万能な食べ物なのです。

ヨーグルト

ヨーグルトも満腹感が高い食べ物と言われています。

その上、乳酸菌による便秘解消効果もあり、ダイエット中に食べ物を食べるならヨーグルトを特におすすめしたいです。

ヨーグルトは様々な味が販売されていますし、自分でアレンジもできるので、飽きがこないというのも良いところです。

意外かもしれませんが、お酢にも満腹感を和らげてくれる働きがあると言われています。

お酢を摂取すると、他の食品と比べてゆっくり消化され、長時間お腹の中に残るので、お腹が空きにくくなるのです。

様々な料理に適量加えるだけなので、手軽に摂取できるのも良いところです。

おから

おからは満腹感が高い食べ物ということ以外にも、脂肪燃焼効果やコレステロールを減少してくれる効果など、ダイエット効果が豊富で、ダイエット食品として人気です。

健康や美容にもよく、まさに万能な食べ物と言うことができるでしょう。

ガム

ガムを噛むことも空腹感を紛らわせてくれる方法の一つです。

ガムを噛むと、咀嚼回数が自然と増え、咀嚼回数が増えると満腹中枢が刺激され、その結果満腹感を得ることができると言われています。

最近では、様々な味のガムが販売されていますが、できるだけミント系のものを選ぶようにすると、カロリーが低い上に、ミントにも食欲を抑えてくれる働きがあるので、おすすめです。

グミ

グミも満腹感が高いお菓子として有名です。

グミの満腹感が高い理由として、その歯応えの良さが挙げられます。

グミは歯応えがあるため、自然と噛む回数が増えるのですが、噛む回数が多いと満腹中枢が刺激され、お腹がいっぱいになるのです。

柔らかいグミでも効果はあるのですが、できるだけハードグミを選ぶようにすると、さらに高いダイエット効果を得ることができるのでおすすめです。

飴も非常に満腹感が高いお菓子と言われています。

人の体は糖分を摂ると、血中の糖が増え、満腹感を感じるとされており、飴は長時間舐めることで、長時間甘味を感じることができるので、満腹感が持続しやすいのです。

その割にカロリーが低いため、非常におすすめのお菓子です。

8、満腹感が高い飲み物を飲む

満腹感が高い飲み物を飲むのも、ダイエット中の空腹感を紛らわせてくれる方法の一つです。

満腹感を紛らわせるのに効果的な飲み物について紹介していきます。

自宅にない場合は、コンビニに急いでください!

コーヒー

コーヒーは満腹効果が高い飲み物なので、コーヒーを飲むことで食事の量を減らすことができると言われています。

コーヒーの満腹感が高い理由は、「カフェイン」が満腹中枢を刺激してくれるため。

また、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」には脂肪燃焼効果があるので、コーヒーを飲むことでたくさんのダイエット効果を得ることができるのです。

ココア

ココアに使用されるカカオには、食物繊維が豊富に含まれており、この食物繊維の働きによって満腹感を得ることができると言われています。

また、ココアに含まれる「ポリフェノール」や「デオブロミン」にはコレステロールを排出してくれる効果があり、非常にダイエットに効果的です。

炭酸水

炭酸水の炭酸ガスにはお腹の空腹を満たしてくれる効果があります。

そのため、食事の前に炭酸水を飲むことで、食事の量を減らすことができ、1日における摂取カロリーをカットすることができます。

ただし、砂糖が入っているものはカロリーが高いので、できるだけ無糖のものを飲むようにしましょう。

豆乳

豆乳も満腹感が高い飲み物と言われており、豆乳を飲むことで食事や間食の量を減らすことができると言われています。

また、豆乳にはダイエット効果の高い大豆由来の成分が豊富に含まれており、脂肪燃焼効果や中性脂肪を減らしてくれる効果などがあり、一石三鳥です。

お茶

お茶も満腹感を得ることができる飲み物として知られています。

低カロリーなお茶で、満腹感を得て、食事の量を減らすことができるので、高いダイエット効果を期待することができます。

その他、「カテキン」などのダイエット成分も豊富に含まれているお茶を日頃から飲むようにすると良いでしょう。

9、食欲を抑える効果がある画像を見る

食欲を抑える効果がある画像を見るという方法も効果的です。

人間の心理的に青色を見ると食欲がなくなると言われており、お腹が空いたら青色の画像を見ることで、食べる量を減らすことができるのでおすすめです。

よく考えてみると、青色の食べ物ってほとんどありませんよね。

長期間断食はNG!

ここまで、ダイエット中の空腹感を紛らわせる方法について紹介してきて、ダイエット中はこの方法を試せば、どか食いを抑え、痩せることが可能です。

しかし、食欲を抑えられるからといって、長期間断食をするのは絶対にNGです!

長期間全く食べ物を食べないというのは、反対に太りやすくなる原因になるだけでなく、体の健康を害することにも繋がります。

痩せたいという気持ちはわかりますが、人は食べ物によってエネルギーを得て生きているということ忘れないでください。

空腹を上手にコントロールして、効果的にダイエットしてみてください!

ダイエット中の空腹の紛らわせ方について紹介しました。

ダイエットに空腹はつきもので、いかにその空腹をコントロールできるかが鍵になってきます。

今回紹介した方法を試して、上手に空腹をコントロールできるようになれば、痩せるというゴールも目前です!

ただし、痩せたいという気持ちが早まるあまり、全く食べ物を食べないという方法は取らないように気をつけましょう。

太りやすい体を招くだけでなく、栄養失調など体の健康を害することに繋がります。

ダイエット中でもたくさん食べてしまうという方は、今回紹介した空腹感を紛らわせる方法を試して、効果的にダイエットを行ってみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集