shutterstock_382602475

ダイエット中に甘いものが食べたい!抑える方法と太らないお菓子5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット中にやってくる「甘いものが食べたい」をどうにかしたい!

ダイエット中にやってくる「甘いものが食べたい」という気持ち。

ダイエット中ほど甘いものが食べたくなることも多く、悩んでいるという方も多いのではないでしょうか?

甘いものはカロリーが高いだけでなく、豊富に糖分や糖質を含んでいるものが多いので、ダイエット中に食べると太る原因になります。

今回は、ダイエット中でも安心の、甘いものが食べたくなったときにその欲求を抑える方法、そしてどうしても食べたい時に食べてもOKな太らないお菓子を4つ紹介します。

これから紹介する方法を実践することで、効果的に「甘いものを食べたい」という欲求を抑えることができるので、ダイエット中でも太りにくくすることができますよ!

甘いものを食べたくなる原因

おすすめの甘いものを食べたい気持ちを抑える方法を紹介する前に、そもそもなぜ体は甘いものを欲するのか、その原因を知っておく必要があります。

これから紹介する原因を頭に入れ、効果的にダイエットを行ってみてください。

神経を落ち着かせる「セロトニン」を分泌させるため

みなさんの中にも、イライラしたときや興奮したときに甘いものが無性に食べたくなったという経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか?

人がイライラしたり興奮するのは、「セロトニン」という神経伝達物質が足りていない証拠なのです。

糖分には、体内で「セロトニン」の分泌を促進してくれる働きがあるため、イライラしたときや興奮したときに甘いものが食べたくなるのです。

ダイエット中はイライラしがちで、そのためダイエット中に甘いものを食べたいと思うことが多いとされています。

血糖値を上げようとしている

食事をしてしばらくすると、体内の血糖値が下がり、血糖値が下がると体の働きが鈍くなったり、体がフラフラする原因となると言われています。

甘いものに含まれる糖分には、血糖値を上げる働きがあるとされており、甘いものを食べることで、それをエネルギーとしているのです。

特に女性は男性よりも、食事をしてから血糖値が下がる時間が短いと言われており、女性の方が甘いもの好きなのはこういった理由からです。

女性は食事から4~5時間、男性は6~7時間で血糖値が下がると言われており、女性の方は生理前になると3時間と、より短くなるとされています。

ダイエット中の「甘いものが食べたい」を抑える方法

ここからはいよいよ、ダイエット中の「甘いものが食べたい」という欲求を抑える方法について紹介していきます。

ダイエット中ほど、甘いものが食べたくなる衝動が強くなると言われており、いかにこの欲求を抑えれるかがダイエット成功の鍵を握っています。

是非、試してみてください。

1、満腹感サプリを摂取する

ダイエット中の甘いものが食べたいを抑える方法として、満腹感サプリを摂取する方法がおすすめです。

満腹感サプリを摂取することで、満腹感を得ることができ、その結果甘いものを食べなくても済むようになるのです。

とはいえ、満腹感サプリと一口に言っても、様々な商品があり、どれを選んだら良いかわからないという方もいらっしゃると思います。

そんな方におすすめなのが、「カロリナ酵素プラス」というサプリメントです。

「カロリナ酵素プラス」には、特許成分である「ガーシトリン」が15000mgも配合されており、この「ガーシトリン」には、満腹感を高め、食欲を抑えてくれる働きがあるので、ダイエット中でも甘いものを食べなくて済むようになるのです。

「カロリナ酵素プラス」は、モンドセレクション銀賞も獲得しており、安心かつ効果的に甘いものを食べたいという欲求を抑えることができ、おすすめの商品です。

公式サイトからの購入だと、初回限定価格で送料無料の「990円(税別)」とお得になります。

2、運動をして欲求を抑える

ダイエット中の甘いものが食べたいという欲求を抑える方法として、運動をする方法もおすすめです。

人の体は、甘いものを食べることで「エンドルフィン」という快感ホルモンを分泌します。

これにより、チョコやケーキなどの甘いものを食べると幸せな気持ちになるのですが、運動をすることでも人の体は快感を感じることができると言われており、甘いものに頼らなくても幸せな気持ちになることができるのです。

さらに、運動をすることには基礎代謝を高めたり、脂肪燃焼を促してくれる効果もあるので、ダイエットには非常に効果的とされています。

3、質の良い睡眠を心がける

甘いものが食べたいという欲求を抑える方法として、質の良い睡眠を心がけるという方法もおすすめです。

質の良い睡眠を心がけることで、セロトニンの分泌を促進することができ、その結果これまで甘いものを食べることで分泌していたセロトニンの代わりになり、甘いものを食べたいという欲求を抑えることができるのです。

現代人は睡眠時間が短いと言われていますが、睡眠時間を1日7~8時間確保することを心がけると良いでしょう。

4、水分を摂る

甘いものが食べたい!という欲求を抑える方法として、水分を多く摂る方法もおすすめです。

人の体は、体内で水分量が少なくなると、甘いものまで欲してしまうと言われていますので、常に喉が乾いたという状態を作らないということが大切です。

そこで、こまめに水分補給をしてみましょう。

喉の渇きが抑えられ、甘いものを欲しなくなるだけでなく、基礎代謝もアップするので痩せやすい体を作ることもできます。

ただし、ジュースなど糖分が入っていたり、カロリーが高いジュースなどの飲み物を選んでしまうと、太る原因になるので注意するようにしましょう。

5、カフェインの摂取量を控える

甘いものをたべたいを抑える方法として、カフェインの摂取を抑える方法もおすすめです。

人の体はカフェインを摂取すると、血糖値が上昇すると言われており、一見血糖値が上がるなら甘いものへの欲求がなくなるのではないかと思うのですが、カフェインによって上げられた血糖値はその後急降下してしまうのです。

血糖値が急降下してしまうと、体が甘いものを欲してしまい、結果的に食べてしまうということに繋がるので、ダイエット中はカフェインの摂取を控えるようにすると良いでしょう。

どうしても食べたい時は太りにくいお菓子・デザートを選ぶ!おすすめのお菓子5選

甘いものが食べたいときにその気持ちを抑える方法を紹介しましたが、それでもどうしても甘いものが食べたいというときも出てくるはずです。

そんなときは、太りにくいお菓子を選ぶ方法がおすすめです。

1、ダイエットプチシェイク

コンビニやスーパーでは手に入りませんが、ダイエット効果の面からおすすめしたいのがオルビスの「プチシェイク」です。

プチシェイクは、累計1.4億食を突破しており、使用満足度93%、ダイエット成功率79%と高い実績を誇っています。

そんなプチシェイクは、ぷるぷるな食感がクセになると口コミで評判となっており、味が美味しい上にカロリーも低く、さらには腹持ちも良いので、置き換えダイエットはもちろん間食にもおすすめです。

「ダイエット中に甘いものが食べたい!」という時には、まさに最適なのです。

価格は、プチシェイク3箱セット(7食×3箱)で送料無料の「3830円(税別)」となっており、さらには効果に自信があるからこその「開封後も30日間返品OK」というサービスが付いていて、安心してお試し頂けます。

2、ヨーグルト

太りにくいデザートとして、ヨーグルトをおすすめします。

ヨーグルトは他のデザートやお菓子と比べてカロリーが低いだけでなく、乳酸菌が豊富に含まれており、乳酸菌には腸内環境を整え、便秘を解消してくれる働きがあります。

乳酸菌によって便秘が解消されることで、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすすくなるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

また、ヨーグルトを食べることで、満腹感も得ることができるので、甘いものの食べ過ぎを防いでくれるため、ダイエット中のデザートとして重宝します。

3、こんにゃくゼリー

太りにくいデザートとして、こんにゃくゼリーもおすすめです。

こんにゃくゼリーも非常に低カロリーなデザートである上に、食物繊維が豊富に含まれているので、ヨーグルトと同様に腸内環境を整え、便秘を解消し、痩せやすい体を作ってくれる効果があるのです。

さらに、こんにゃくゼリーは、非常に腹持ちが良い食べ物でもあるので、甘いものの量を抑えれるだけでなく、食事の量も減らすことができるので、体重を落とすこともできるとされています。

4、寒天デザート

寒天デザートも太りにくいデザートしておすすめです。

寒天が太りにくい理由として、何と言ってもカロリーの低さが挙げられます。

寒天のカロリーは、100gあたり「約3kcal」と、食べ物の中でも非常に低カロリーなのです。

一番低カロリーなデザートと言っても過言ではないため、ダイエット中でも安心して食べることができるとされています。

5、グミ

グミも太りにくいお菓子としておすすめです。

グミは歯ごたえがあり、自然と噛む回数が増える食べ物であり、人の体は噛む回数が多いと、少ないときと比べて満腹感が出ると言われています。

グミを食べることで、自然と満腹感を得ることができ、その結果甘いものだけでなく食事の量を減らすことができるのです。

ただし、グミは種類によっては高カロリー・高糖質だったりもするため、できる限りダイエット向けの書品にすると良いでしょう。最近ではコンビニエンスストアのファミリーマートなどで、低糖質なグミも販売されています。

最低限の甘いものは「体に必要な栄養素」という点に注意

ここまで、甘いものを食べたいという欲求を抑える方法を紹介しましたが、全く甘いものを摂らないという生活はやめるようにしましょう。

甘いものに含まれる糖分やカロリーなどは太る原因でもありますが、人が生きていく上で欠かせない栄養素でもあります。

そのため、全く甘いものを摂らないというふうにしてしまうと、体に悪影響を及ぼす原因となります。

食べ過ぎはやめて、必要最低限の甘いものは摂取するようにしましょう。

紹介した方法を実践して甘いものが食べたいを抑えよう!

ダイエット中の甘いものが食べたいという気持ちを抑える方法について紹介しました。

スイーツやデザート、ジュースなどに含まれる糖分やカロリーは、太る原因とされており、ダイエット中の大敵と言われています。

ダイエット中こそ甘いものが食べたくなるのは、ダイエット中に生じるイライラ感が原因と言われており、イライラを解消するために体が甘いものを欲するのです。

ダイエット中に甘いものを食べたくなったら、今回紹介した方法を実践してみてください。

効果的に甘いものを食べたいという気持ちを抑えることができ、ダイエットに役立つはずです。

ただし、甘いものは太る原因となりますが、少量の甘いものは体に必要なので、全く食べないというのはやめるようにしましょう。

適度に甘いものを食べ、食べ過ぎてしまうなと思ったら今回紹介した方法を試して、効果的にダイエットを行ってみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集