shutterstock_533911531

食べても太らない人になる!普通の人が「痩せの大食い」になる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの周りには、よく食べるのに全然太らない人、いわゆる「痩せの大食い」と呼ばれる人はいませんか?

分かりやすく芸能人で言えば、大食いタレントの「ギャル曽根さん」や最近テレビでよく見かける「アンジェラ佐藤さん」、「もえあずさん」と言った人たちのことを言います。

そんな、沢山食べても太らない人がいる一方で、自分は普段からカロリーや糖質に気を付けてダイエットをしてるにも関わらず、なかなか痩せれず、すぐ太るのって悲しいですよね。

でも、安心してください。

太らない人は遺伝ではなく、体質なので、現状ではすぐに太りやすい普通の人でも「食べても太らない人」になる方法はちゃんとあるのです。

今回は、普通の人がいくら食べても太らない「痩せの大食い」になるための方法を紹介します。

いくら食べても太らない「痩せの大食い」になるための方法

では普通の人が、いくら食べても太らない「痩せの大食い」になるにはどうすれば良いのでしょうか?

まず、受け止めなければならないのは、現時点では「すぐに太る体質」になってしまっているということです。

すぐに太る体質になってしまっているのは、遺伝ではなく、様々な生活習慣・食習慣によって長い時間を掛けて形成されてしまっています。

食べても太らない体質になるためには、まずこの悪い習慣を改めて、「痩せの大食い」の人が行なっている習慣を真似することから始めましょう。

食べても太らない人が自然と行なっている習慣をマスターすれば、個人差はあるもののおよそ1~3ヶ月程度で痩せ体質に変えることができます。

普通の人ならダイエットサプリは必須

まず現時点で、「食べても太らない人」ではないとしたら、ダイエットサプリは必須になると思います。

これは、現時点では食べたらすぐに太ってしまう体質なので、ダイエットサプリを使って、太りづらくなるようにする必要があるからです。

ダイエットサプリは、数千種類以上あると言われていますが、おすすめのダイエットサプリとしては、「血糖値の上昇を緩やかにするダイエットサプリ」です。

私たちは食事をすると血糖値が一気に上昇し、やがて下降しますが、この幅が大きければ大きいほど脂肪が増えてしまうと言われており、いわゆる「痩せの大食い」の人はこの血糖値が上昇しづらいと言われています。

ちなみに、よくある糖質制限ダイエットも、この血糖値の上昇を抑えるためのダイエット法です。

血糖値の上昇を抑えるサプリのおすすめは『大人のカロリミット』

血糖値の上昇を抑えるサプリとしては機能性表示食品を取得している『大人のカロリミット』が人気が高くおすすめです。

この大人のカロリミットなら、食事の際に「糖や脂肪の吸収を抑える効果」に加え、「日常生活時における脂肪を代謝する力を高める働き」があります。

効果の部分ではもちろんですが、価格の面でもおすすめで、普通のダイエットサプリは「◯回以上買わないといけない」と言った定期契約になっていることが多いのが、この大人のカロリミットは、効果に自信があるため制限が一切ないのです。

公式サイトからなら、初回の方に限り送料無料の「1000円(税込)」で4週間分を試せるようになっており、返品・交換の無期限保証も付いているので、より安心してお試し頂けます。

食べても太らない人「痩せの大食い」の特徴を実践する

ダイエットサプリで、食事の対策をしたら、今度は「食べても太らない人」の生活習慣・食習慣の一部を取り入れましょう。

何度も言いますが、食べても太らない「痩せの大食い」は、遺伝ではなく生活習慣によるものです。

日常生活ですぐに実践できる簡単なことも多いので、ぜひ試してみてください。

ここでは、痩せの大食いから見習いたい習慣を17個紹介します。

1、水分を正しい方法でしっかりと摂る

食べても太らない人の特徴としては、まず「水分を正しく摂っている」という点にあります。

一体どのくらいの量を摂取すれば良いのかと言うと、1日における排出量と同じ「2.5ℓ」です。

「そんなに沢山の水を飲めない!」と思うかもしれませんが、私たちは体内で約300mlほど水分が作られ、食事でも合計1ℓほど摂取しています。

そのため、飲む水での摂取は「およそ1.2リットル」前後ということになります。

注意して欲しいのが、水は正しい方法で飲む必要があり、清涼飲料水は基本的に避けるべきで、もし飲んだとしても1.2ℓにはカウントしないようにしましょう。

また、できれば水は、常温に近い温度でキンキンの冷水は避け、種類はミネラルウォーターやお茶がオススメです。

2、睡眠時間を確保する

痩せの大食いの人は、とにかくよく寝ます。

睡眠時間がなぜダイエットに関連しているのかと言うと、ホルモンに秘密があります。

私たち人間は、睡眠時間が不足すると食欲を増加させ脂肪の蓄積を増進する「グレリン」というホルモンが多く分泌されてしまうのですが、逆に睡眠時間をしっかり取ると、食欲を抑える「レプチン」というホルモンが多く分泌されるのです。

また、22~2時のゴールデンタイムと呼ばれる時間に寝ることで、成長ホルモンの分泌も活発になり、筋肉量が増えて代謝がアップするのです。

よく寝るためには、夜間はあまりテレビを見たり、スマホやパソコンを見たりせず、できれば間接照明に切り替えたりするなどがベストです。

無理にする必要はありませんが、早寝早起きということは、太りづらい体質をつくためには重要なのです。

3、朝の時間を活動的に過ごす

食べても太りづらい体質の人は、朝の時間を活動的に過ごすという特徴があります。

実は、朝は消費カロリーが高くなりやすい時間と言われていて、逆に夜になると消費カロリーは少なくなってしまうのです。

つまり、夜型の人は太りやすいので注意が必要です。

朝に眠ても、少しでも早起きをして活動を開始するようにすれば、夜も自然と眠くなり、先ほど紹介した「22~2時のゴールデンタイムに睡眠時間をしっかりと取る」ということにも繋がってきます。

4、お風呂に入ることが好き

痩せの大食いと呼ばれる人たちは、お風呂に入る(湯船に浸かる)ことが大好きという場合が多いと言われています。

実際に、最近の研究では、シャワー派よりお風呂派の方が肥満率が少ないという報告もあります。

お風呂に入るという習慣は、代謝を上げて、質の高い睡眠にも繋がると言われているので、体質を改善するダイエットには必須とも言えるのです。

お風呂は半身浴でも全身浴でも構いませんので、毎日、寝る1~2時間前までを目安に入るようにしましょう。

5、体を冷やすことを避け温める習慣を行う

先ほど紹介したお風呂に入るということも繋がってくるのですが、食べても太らない人になるには、体を冷やすことを避け、温める習慣を自然と行えるようにしましょう。

湯船に浸かるというのは、その一例ですが、他にも体を温める習慣は沢山あります。

  • 《体を温める方法・習慣》
  • 朝起きたら生姜湯・白湯などを飲む
  • 寝る時に寒くない格好をし、できれば着圧ソックスを履く
  • 納豆・キムチ・人参・レンコン・玄米・みかんなどを食べる
  • 体を冷やす南国のフルーツを避ける
  • 適度に運動をして筋肉量を少しでも増やす
  • ホットヨガ・痩身エステ・ジム・よもぎ蒸しなどを行う

このように様々な方法があります。

このうちのホットヨガや痩身エステについては後ほど紹介します。

6、姿勢が良く、骨盤・骨格の歪みがない

たくさん食べても太らない「痩せの大食い」は、総じて姿勢が良く、骨盤や骨格の歪みがあまりありません。

一見あまり関係がなさそうですが、実は骨盤・骨格の歪みは、太りやすい体質に繋がっていると言われているのです。

骨盤が歪むことによって、内臓の位置が下り、機能が低下してしまうので、基礎代謝が著しく低下します。

こうなってしまうと、食べても太らない人の反対である「食べてないのに太りやすい人」になってしまいます。

日頃から背筋をピンと張り正しい姿勢を意識して、できれば骨盤矯正ショーツなどで骨盤の歪みを改善していきましょう。

7、腸内環境が良い

食べても太らない人に必須なのは、腸内環境が良いということです。

沢山食べてもしっかりと消化することができれば、太りづらくなり、しかも内臓の働きが良いということは代謝が向上するという意味でもあるので、腸内環境はとても重要なのです。

腸内環境を整えるには、食物繊維をたっぷりととることを意識し、野菜を沢山食べるようにしましょう。

また、痩せ菌と呼ばれる「善玉菌」の一種、乳酸菌やビフィズス菌なども摂るようにしましょう。

8、食事制限をしないから栄養に偏りが少ない

大食いなのに太らない人は、沢山食べるので栄養に偏りがほとんどありません。

逆に食事制限をしている人は、どうしても栄養に偏りが生じてしまい、腸内環境が悪くなってしまったり、代謝が落ちてしまったりして、「太る体質」になってしまっています。

好きなだけ食べなさいというわけではありませんが、栄養が偏らないように、野菜・お肉・魚など、バランスよく食べるようにしましょう。

こういう意味でも、朝食を抜くことはNGです。

9、食事の回数が多い

よく食べるのに太らない人は食事の回数が多いという特徴もあります。

有名人の叶姉妹は1日に5食、女優の北川景子さんはなんと1日に5~10食食べているそうです。

逆にお相撲さんは、1日に2食しか食べないようにして、体重を増やしていると言われており、食事の回数を増やし、空腹状態を作らないことで、血糖値の上昇を緩やかにしています。

普通の体質の人が実践する際には、各食事で満腹まで食べないようにし腹7~8分を心掛け、1日の食事量は変えずに5~6回に分けるイメージを持つと良いでしょう。

10、想像以上にゆっくり噛んで食べる

栄養の管理や食べる回数だけでなく、ゆっくり食べるということも、痩せの大食いに近くためには重要です。

ゆっくりよく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されるということは有名だと思いますが、想像以上にゆっくり噛んで食べる必要があります。

噛む回数は、食べ物によっても変わるので、20回噛めばOKではありません。

芸能人の紗栄子さんも実践しているそうですが、「原形がなくなるまで」噛むのが理想です。

テレビでやっている大食いファイターの人を見ても、細い人ほど「あれ?意外と食べるのは遅いな」と思うはずです。

11、自然と食べる順番が分かっている

栄養・食事の回数・食べるスピードに加えて、食べる順番までマスターできれば、より食べても太らない体質に近づけるでしょう。

これは「食べる順番ダイエット」とも呼ばれており、まずは汁物から食べ、次に野菜などの食物繊維を摂り、次に肉・魚などのタンパク質、そしてその他のおかず、最後に米などの炭水化物という順番です。

このような順番で食べることで、血糖値の上昇を緩やかにでき、太りやすい炭水化物の食べる量も減らすことができます。

ご飯を最後に食べるのはできない!という方もおかずのみでも、まずは良いので、できる範囲で実践しましょう。

12、夕食の時間が早く、夕食は高カロリーじゃない

よく食べるのに痩せている人は、夕食の時間が早く、1日の食事をトータルで見ると、夜が最も低カロリーとなるように自然と食事をしています。

できれば夕食は18時までに済ませて、22時に寝るというのが理想と言われていますが、これは仕事をしている人・学校に通っている人にとって難易度が高いので、まずはなるべく早くを意識するようにしましょう。

ご飯・麺類をよく食べるという方は、夜は少量に抑えることも大事です。

13、食べ過ぎた日は、翌日からの2日間でカロリーを減らす

いくら、食べても太りづらい人とは言え、夜遅くに暴飲暴食をしてしまえば、確実に太ります。

太りづらい人でも太るのですから、普通の体質の人は一溜まりもありません。

ただ、実際には外食をしたり、お酒を飲んだりすると、どうしてもカロリーオーバーとなってしまうことも少なくないはずです。

そんな時は、食べ過ぎた日の翌日から2日間に渡って摂取するカロリーを減らすようにしましょう。

実は食べたあとすぐ脂肪となって体重に表れるのではなく、3日後に太ると言われています。これを逆手に取って、48時間の間でカロリーをコントロールできれば太りづらくすることも可能なのです。

14、ジムやホットヨガに通っていて代謝が良い

食べても太りづらい、つまり腸内環境が良く代謝の良い人は、ジムやホットヨガに通っているケースが多々あります。

特にホットヨガの体験に行くと分かると思いますが、ほとんどの方が細いことに気付くでしょう。

ホットヨガは、大量の汗をかくことでデトックス効果があり、さらに体温が温められるので、代謝がアップし、脂肪を燃焼できると言われています。

ホットヨガに通うことで、食べても太りづらく、そして痩せやすい体質になる近道となるでしょう。

15、趣味を持っていてストレスが解消できている

趣味を持っていることとダイエットはあまり関係ないように思うかもしれませんが、実は非常に重要なことと言われています。

ダイエットにおいてストレスは大敵と言われており、ストレスが溜まると人間の脳は危機的状況と判断してしまい、なるべく栄養を吸収して体重が落ちないようにしようという働きが起きてしまうのです。

このダイエットにおいてもマイナスなストレスを解消するには、趣味がやはり一番効果的です。

趣味は先ほど紹介したホットヨガやジムである必要はなく、運動でなくても構いませんので、ストレスを解消できる何かしらの趣味を持つようにしましょう。

16、よく歩く・ヒールをよく履く

よく歩く人、ヒールをよく履く人は、細いイメージがありませんか?

特に営業職で外回りの多い人は、大食いでも痩せている人が多いと言われています。

これは、見た目が大事な仕事ということもありますが、よく歩くことで普通の人より消費カロリーが大きくなり、代謝も高くなるためです。

また、ヒールを履くことで、自然と姿勢が良くなるので、食べても太りづらい体質になれるのです。

17、定期的にエステに通っている

よく食べるのに細いという人は、美意識が高いことが多いはずです。

モデルや芸能人は特にそうですが、定期的に痩身エステに通っていて、効果的に部分痩せ・全身痩せを行なっています。

痩身エステは値段が高いというデメリットがありますが、その反面で即効性が高く、通うことで代謝をアップできる他、難しいと言われる足痩せなども可能と言われています。

値段は気になる部分ですが、体験を利用すれば、本格的なダイエットエステが500円から試せるので、ぜひ試してみてください。

痩せの大食いになる方法の注意点

痩せの大食いになる方法を紹介してきましたが、注意点もいくつかあります。

せっか痩せの大食いになる方法を実践しても、効果が無いばかりか健康を害する可能性もあるので、以下の点には気をつけるようにしましょう。

胃下垂になろうとしない

痩せの大食いになりたいからと言って、胃下垂になろうとするのは絶対NGです。

確かに大食いファイターの人の多くが胃下垂と言われており、ほとんど消化することなく排出されるので、脂肪になりづらいのですが、必要な栄養も吸収することができないのです。

また、胃下垂が原因で、不妊や胃腸炎、胃潰瘍のリスクもあると言われているので、注意しましょう。

痩せようとするあまり過度な食事制限をしない

痩せようとするあまり、過度な食事制限をしてしまう場合もあると思うのですが、過度な食事制限は、ダイエットにおいても健康においても決して良いことではありません。

過度な食事制限は、ストレスが溜まってしまうばかりか、便秘がちになってしまい、栄養が偏ることで代謝が悪くなり、一時的に痩せてもすぐリバウンドしてしまいます。

そして、最終的に出来上がるのが「少量でも太る」という、痩せの大食いの真逆の体質になってしまうのです。

普通の人でも食べても太らない体質になれる!

普通の体質の人が、いくら食べても太らない「痩せの大食い」になる方法を紹介しました。

今回紹介した方法は、17個もありますが、全部を一度に徹底する必要はありません。

できることから始めて、徐々にそれが習慣となった時、今まで太りやすい体質だった人が食べても太らない「痩せの大食い」になれるのです。

ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集