shutterstock_318028838

痩せたいのに食べてしまう方必見!劇的に食欲を抑える10の方法

痩せたいのに食べちゃう。そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?食欲は人の三大欲求ということで、諦めてしまうことも多いのですが、食欲を抑える方法もあり、ダイエットに応用することができるのです。食欲を抑える10の方法を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食欲のメカニズムとは?

「痩せたいのに食べてしまう」そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

痩せたいけどいっぱい食べてしまうことで太り、後悔するということも多く、ダイエットをしている方にとっては尽きない悩みです。

しかし、食欲を抑える方法を実践することができれば、食べる量を減らすことができるので、痩せることができると言われています。

食欲を抑える方法を紹介する前に、空腹を感じるメカニズムについて紹介します。

感覚的に起こる食欲

テレビやネットで食べ物を見ていたらお腹が空いたという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

それが例え、食事の後で満腹の状態でも感じることもあり、不思議に思うかもしれませんが、大脳がその食べ物を情報を受け取り、記憶を刺激してしまうため、満腹・空腹関わらず食欲が出てしまうのです。

生理的に起こる食欲

血糖値の低下によって食欲が起こる

私たちは食事をすると、体内の血糖値が上昇し、血糖値が上昇すると満腹感を感じるのですが、食事から時間が経つにつれ、体内の血糖値が低くなります。

血糖値が低くなると食欲が出てくると言われているのです。

胃壁の収縮によって食欲が起こる

食べ物を食べ、胃に食べ物が入ることで胃壁が伸び、その動きに対して副交感神経が反応し、満腹中枢を刺激して、満腹感を出してくれます。

しかし、胃に食べ物がない状態だと、胃壁が縮み、交感神経が反応し、食欲中枢を刺激してしまうので、食欲が起こるのです。

セロトニンの減少

「セロトニン」は、不眠やうつ病などを防ぐ成分として知られていますが、脳内のセロトニンが減少すると、脳は快感を欲するようになります。

その結果、食事からの快感を求めようと、食欲が湧き、ついつい食べ過ぎてしまう太る原因になるのです。

ヒスタミンの減少

私たちの体には、「ヒスタミン」という成分が存在しています。

このヒスタミンが脳内で減少すると、食欲が起こり、食べ過ぎて太るということに繋がると言われています。

痩せたいのに食べてしまう方必見!食欲を抑える方法

食欲は、人の三大欲求なので、抑えることはできないと思われている方も多いのですが、食欲を抑える方法は多く存在し、それを上手に日常生活で応用することができれば、食べる量を減らし、痩せることができるのです。

1、満腹感サプリを摂取する

痩せたいけど食べたいという方に最もおすすめな方法として、「カロリナ酵素プラス」という食欲抑制サプリを飲む方法がおすすめです。

「カロリナ酵素プラス」には、「ガーシトリン」という成分が豊富に含まれており、満足感を高め、食欲を強力に抑制してくれるのです。

「カロリナ酵素プラス」には、食事の際に太る要素をカットして、体質を変えてくれる成分も含まれているので、より痩せやすい体を作ることができるのです。

美容家もおすすめの商品で、効果もお墨付きの満腹感サプリです。

2、よく噛んで食べる

痩せたいけどついつい食べちゃうという方にまずおすすめしたい方法が、食べ物をよく噛んで食べるという方法です。

最近では柔らかい食べ物が増え、あまり咀嚼回数を多くしなくても食べれてしまうことが多いのですが、そこでも噛む回数を増やすことで、体内の満腹中枢を刺激することができ、少量で満腹感を得ることができるのです。

その結果、食欲を抑えることができ、ついつい食べ過ぎてしまうということを防ぐことができます。

1口で30回以上噛むのが良いとされており、慣れないうちは違和感があると思いますが、それを癖にしてしまえば、簡単に食欲を抑えることが可能です。

3、炭酸水を飲む

ダイエットしたいのにどうしても食べちゃうという方に、炭酸水を飲む方法もおすすめです。

みなさんも、炭酸飲料を飲んだらお腹がいっぱいになってご飯を食べれなくなってしまったという経験があるのではないでしょうか。

炭酸には、お腹を膨らましてくれる作用があり、お腹が空いたなというタイミングで炭酸水を飲むことで、食欲を抑えることができるのです。

ただし、コーラやサイダー、ジンジャエールなどの炭酸ジュースはカロリーが含まれており、反対に太る原因になるので、あくまでもカロリー0の炭酸水を選ぶようにしましょう。

4、摂取する塩分量を少なくする

痩せたいけどどうしても食べてしまうという方には、1日における摂取カロリーを少なくする方法がおすすめです。

多くの料理やお菓子などに使用される塩分ですが、この塩分には食欲を増進させてしまう働きがあると言われており、摂取し過ぎてしまうとついつい食べ過ぎてしまう原因になります。

そこで、1日における塩分摂取量を少なくすることを意識することで、食欲を抑えることができるのです。

また、塩分は体にむくみを生じさせる原因にもなるので、ダイエット中は十分に注意が必要です。

5、運動をする

痩せたいのに食べてしまうという方には、運動をするのもオススメの方法です。

運動をするとかえってお腹が空いて食欲が出てしまうのでは?と思われる方も多いかもしれませんが、運動をすることで、アドレナリンが分泌され、一時的に血糖値が上昇するので、食欲を抑えることができるのです。

運動には脂肪燃焼効果もあり、食欲を抑えてくれる効果とダブルのダイエット効果を期待することができます。

6、野菜から食べる

ダイエット中なのにも関わらず、いっぱい食べてしまうという方には、食べる順番として野菜から食べる方法もおすすめです。

ご飯やパン、麺類などの炭水化物をいきなり最初に食べると、体内の血糖値が急激に上昇するのですが、しばらくするとその反動により血糖値が下がり、その結果なかなか満腹中枢が刺激されずに食べ過ぎてしまうということに繋がります。

そこで、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる「食物繊維」が豊富に含まれた野菜から食べると、早い段階で満腹中枢が刺激され、食べる量を抑えることができるのです。

7、睡眠時間をきちんと確保する

食欲を抑える方法として、睡眠時間をきちんと確保することもおすすめです。

睡眠時間をきちんと確保することで、満腹中枢を刺激してくれる働きのある「レプチン」という成分が分泌されるので、食欲を抑えることができるのです。

また、このレプチンには脂肪燃焼を促してくれる作用もあり、ダイエットに非常に有効な成分なのです。

8、歯を磨く

ダイエット中どうしても食べてしまうという方には、食事が終わったら歯磨きをするという方法もおすすめです。

歯磨きをした後って、せっかく歯を磨いたのにまた食べるのはもったいないという心理が働き、食欲を抑えることができるのです。

食事が終わった後にすぐ歯を磨くという習慣をつけることで、それ以上食べ物を食べないという抑止力になるのでおすすめの方法です。

9、青色の食器を使う

ダイエット中の食べ過ぎを防ぐ方法として、青色の食器を使う方法もおすすめです。

青色には、食欲を減退させる働きがあると言われており、その青色を使用した食器を使うことで、食欲を抑え、食べる量を減らすことができるのです。

最近では青色のふりかけなど、ダイエット向けの食べ物も販売されているため、その効果もお分かり頂けると思います。

10、グレープフルーツを食べる

痩せたいのに食べたいという欲求を抑える方法として、グレープフルーツの香りを嗅ぐという方法もおすすめです。

グレープフルーツには、「ナリンギン」という苦み成分が豊富に含まれています。

このナリンギンには、食欲を抑え、食べ過ぎを防いでくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的な成分なのです。

また、グレープフルーツには、「ヌートカトン」という成分も含まれており、脂肪燃焼にも効果があると言われており、ダイエットにおすすめのフルーツです。

極度な食事制限は健康を害するのでご注意を!

食欲を抑える方法を紹介してきましたが、確かに食欲を抑えて食べる量を減らすことができれば、ダイエットに効果的なのですが、例えば1日1食にするなど、極端な食事制限は健康を害することい繋がるので注意するようにしましょう。

ダイエットをしているのに、体調を崩してしまったり病気になってしまったりしたら、元も子もありません。

食欲を抑えるとはいっても、あくまで必要最低限の食事量と栄養が摂取するようにしてください。

食欲を抑えて美ボディをゲット!

食欲を抑える10個の方法を紹介しました。

これらの方法を実践すれば、ダイエット中の食べたい気持ちを抑制することができ、食べる量を減らせるので、1日における摂取カロリーをカットし、痩せることができるのです。

食べたいという欲求を無理矢理我慢するという方法もありますが、そのことで体がストレスを感じてしまい、そのストレスからかえって暴飲暴食に走り、太ってしまうという方を何人も見てきました。

そのような荒技をすることで、太ってしまっては勿体無いので、今回紹介した10個の方法を上手に日常生活に取り入れ、美ボディをゲットしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集