00

発汗作用で痩せる!お風呂ダイエットにおすすめの入浴剤10選

お風呂はダイエットに最適な時間です。普通に入浴するだけでもダイエット効果はあるのですが、発汗作用のある入浴剤を使うことによって、汗をかく量が増え、さらに痩せやすい体を作ることができると言われています。お風呂ダイエットにおすすめの入浴剤を10個紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂のダイエット効果がすごい!

http://bit.ly/28QKPH7

お風呂には、ダイエット効果があります。

お風呂のお湯によって、体が温められることにより、汗が出ます。この汗と一緒に、水分や老廃物、毒素が排出され、痩せることができると言われています。

また、お風呂に入ることによって体温が上がり、代謝が良くなることも期待できます。

普段シャワーで済ませているという方は、時間を見つけて入浴することによって、理想のボディを手に入れることができるかもしれませんよ!

お風呂ダイエットにおすすめの入浴剤10選

http://bit.ly/2ljiUF4

お風呂に普通に入浴するだけでもダイエット効果を期待できるのですが、入浴剤を使用することによって、さらに高い効果を発揮してくれます。

入浴剤によって、疲労回復効果や美容効果など目的が異なっていますが、ダイエットを目的で使用する場合は、汗をかきやすくなる「発汗作用」のある入浴剤を選ぶようにしましょう。

発汗作用を第一基準として、そのあとに保温効果や血行促進効果、リラックス効果を見るのがおすすめの選び方です。

お風呂ダイエットにおすすめの、発汗作用のある入浴剤を10個ランキング形式で紹介します!

第1位、イルコルポ「ミネラルバスパウダー」

イルコルポ「ミネラルバスパウダー」は、雪塩や海藻ヨードというミネラル成分が豊富に含まれていて、高い発汗作用を期待できます。

海由来のミネラル成分が、体にベールを作ってくれ、体のポカポカ感や、潤いを外に逃がさないので、長時間効果を発揮します。

最近話題の「タラソ効果」という海の力を借りる療法で、痩せやすい体を手に入れることができます。

ダイエット向きの入浴剤を選ぶ基準となる「発汗作用」・「デトックス効果」・「温熱持続」が全て揃っています。

料金はお試し6包セットに、全身用ブライトニング美容液2包と全身引き締めクリーム2包がサービスでついてきて1600円(税抜)です。

決して安い訳ではありませんが、楽天ランキングで3冠を達成しており効果はお墨付きで、サウナのよな汗が出ると話題なので、かなりおすすめです。

第2位、AYURA「メディテーションバスα」

AYURA「メディテーションバスα」は、美容情報サイト@cosmeで2016年入浴剤ランキングで第1位を獲得している口コミ評価の高い入浴剤です。

高い保温効果・発汗作用・リラックス効果が期待できるので、ダイエット中の入浴にも効果的です。

また、アロマ成分により香りが良く、入浴によるダイエット効果だけではなく、お肌に潤いをもたらす美容効果も高い特徴があります。

第3位、イルコルポ「ミネラルバスストーン」

イルコルポの入浴剤タイプの「ミネラルバスパウダー」とは異なり、遠赤外線を放射し血液循環を高める効果がある「角閃石」という石を浴槽に入れて使うものです。

角閃石の保温効果は高く、温熱持続効果はサーモグラフィーでも実証されています。

イルコルポの「ミネラルバスパウダー」と比べると、より身体の芯から温まる感覚があり、発汗作用によるダイエット効果はもちろん、体質改善・デトックス効果なども見込めます。

料金は4500円と、入浴剤タイプの「ミネラルバスパウダー」よりは若干高めですが、予算が許す方にはおすすめです。

「ミネラルバスパウダー」と二つ併せて使うなどの使い方も可能です。

第4位、リラク泉「ゲルマバス」

http://bit.ly/2k1ychP

リラク泉「ゲルマバス」は、高い温浴効果を期待することができる入浴剤です。

こちらの商品を使用すると、普段あまり汗をかかないという方も、たくさん汗をかくことができます。

また、体が温められ、代謝が良くなることによって、血流が良くなり、体のむくみを解消することができます。

それだけではなく、体が温まり安眠効果があるので、ぐっすりと眠ることができ、体内時計がリセットされ、痩せやすくなることができます。

硫黄の独特の香りが、本物の温泉の気分にしてくれますよ。

第5位、ヨガデトックス スウェッティングバス

http://bit.ly/2kl78Wy

ヨガデトックス スウェッティングバスの商品名は、ホットヨガ級の発汗を促すということから名付けられた、道端アンジェリカさんプロデュースの商品。

天然由来のプルターニュの塩やゲルマニウム、ショウブ、ウコンを配合してあり、その商品名の通り、お風呂から上がると、まるでヨガをした後のような汗の量を感じることができます。

第6位、ラグゼ「デッドシーバスソルト」

http://bit.ly/2kGxfZ9

ラグゼ「デッドシーバスソルト」は、その名の通り死海の塩を配合した入浴剤です。

死海の塩には、ミネラル分が海水の約10倍も含まれおり、高い発汗作用を期待できます。

また、ミネラル分が多い塩が体に薄い膜のようなものを張ってくれるため、体温が逃げにくく、長い間保温効果が続きます。

長い間保温されることにより、体の代謝が良くなり、痩せやすい体を作ってくれます。

「デッドシーバスソルト」は、無臭なので、入浴剤の香りが苦手という方にも、ぜひおすすめしたい商品です。

第7位、クナイプ「バスソルト ジンジャー&シトラス」

http://amzn.to/2kqv1yr

生姜には体を温めてくれる効果があるのは有名ですよね。

クナイプの「バスソルト ジンジャー&シトラス」には、その生姜(ジンジャー)が含まれています。

そんな生姜と、天然のミネラルを豊富に含んだ岩塩が、体を奥底から温めてくれます。

お風呂から上がった後も、しばらくそのポカポカが続き、シトラスの爽やかな香りが、心を落ち着かせてくれ、リラックス効果もあります。

第8位、Seacrystals 「エプソムソルト」

http://bit.ly/2kl63OM

Seacrystals 「エプソムソルト」は、多くの海外セレブや海外モデルも使用していると今話題の入浴剤です。

「エプソムソルト」には、海水にも含まれる、硫酸マグネシウムというミネラル成分が入っており、お湯に入れて入浴すると、体の芯から温まり、汗を沢山かく発汗作用があります。

この発汗作用により、体の中の水分や老廃物、毒素が汗と一緒に排出され、痩せることができます。

また、「エプソムソルト」により、体が温められ体の代謝が上がり、1日に消費するカロリーを高くする効果も期待できます。

第9位、ゲルマヴェーダ

http://amzn.to/2kl8oZX

ゲルマヴェーダには、ジンジャーエキスや有機ゲルマニウムという成分が多く含まれているのが特徴です。

ジンジャーエキスには、体を温めてくれる効果があり、汗の発汗を促してくれます。

また、有機ゲルマニウムには、血行を促進してくれる効果があり、体内をデトックスしてくれます。

効果が高いにも関わらず、値段もお手ごろでコスパが良いのも人気の理由の一つです!

第10位、バスクリン 「薬湯 すっきり発汗浴」

http://bit.ly/2ljljje

バスクリン 「薬湯 すっきり発汗浴」は、その名の通りすっきりとした発汗作用がある入浴剤です。

婦人薬にも使用される、生薬センキュウの粉末を配合しており、抜群の温浴効果を発揮します。

高い保湿効果もあり、太りやすい体の原因の「冷え性」の改善にも。

ドラックストアでも販売されており、値段もお手頃なので、お求めやすいのも特徴の一つです!

第11位、汗スパ「デトックリアスパ」

http://bit.ly/2kRxpPH

汗スパ「デトックリアスパ」は、オタネニンジンエキスやドクダミエキスが配合されています。

高い発汗作用だけでなく、オタネニンジンエキスによる血行促進効果もあるので、血流が良くなり、むくみや冷え性の改善にも効果があります。

ドクダミエキスには、保湿効果があるので、お風呂から上がっても乾燥しにくく、長時間潤った肌を保ってくれます。

お風呂ダイエットの注意点

http://bit.ly/2kMvo7P

体質に合わない入浴剤は使わない

ダイエットにおすすめの入浴剤を紹介しましたが、それぞれ使用している成分が違いますので、人によって体質に合うものと合わないものがあります。

体質に合わない入浴剤を使ってしまうと、肌荒れやかゆみなどの原因になり、せっかくのバスタイムが無駄になってしまうので、自分に合った入浴剤を使用するようにしましょう!

水分補給を忘れずに

入浴すると、汗が出ます。

発汗作用の強い入浴剤を使用すると、さらに多くの汗をかくことになります。

汗が出るということは、体内の水分が失われるということなので、きちんと水分補給をすることが大事です。

お風呂に入る前にコップ1杯の水を飲んだり、お風呂に水分を持っていくなどの工夫が必要になってきます。

長時間入浴するのはやめましょう

お風呂に入る時間は長ければ長いだけ良いと勘違いされている方が多いです。

しかし、長時間入浴することによって、体に必要な成分まで洗い流されてしまいます。

その結果、肌の乾燥や肌荒れの原因になってしまいます。

また、それだけだなく、無理に長い時間入浴しようとして、のぼせてしまうということも。

入浴する際の時間の目安としては、20分が良いと言われています。

人によって時間の個人差がありますので、自分に合った入浴時間を心がけるようにしましょう!

http://bit.ly/2kMtxQl

食後すぐは入らない

食後は、食べたものを消化しようとし、胃や腸などの消化器官付近に血液が集中します。

しかし、入浴すると、血行が良くなり、胃や腸に集中していた血液が色々な部分に流れてしまい、消化不良が起こり、お腹を壊す原因になります。

食後は、約30分~1時間の時間を空けるようにしましょう。

飲酒後の入浴はNG

飲酒後の入浴はNGです。

その理由は、入浴すると血流が良くなります。

アルコールが体に入った状態で、血流が良くなると、全身にアルコールが回りやすくなってしまい、さらに酔ってしまう原因になります。

お酒を飲んだら、入浴してさっぱりしようとする方も多いのですが、止めるようにしましょう!

運動後の入浴は疲れが取れない

運動後はたくさん汗をかきますし、疲れが溜まっているので、入浴するのが良いと思われがちですが、実は運動をした後の入浴は疲れを溜め込んでしまうと言われています。

その理由は、運動をすると疲労物質の乳酸が筋肉に溜まります。

この乳酸を体外に排出しようと、血液が筋肉に集中します。しかし、入浴することによって、血液が分散し、十分に乳酸を排出しきれずに、その結果疲れを溜めてしまう原因になります。

運動をした後は、30分~1時間の時間を空けてあげるようにしましょう。

入浴剤でお風呂ダイエットの効果を最大限に!

http://bit.ly/2kRyIxZ

お風呂ダイエットにおすすめの入浴剤を紹介しました。

普段のお風呂に入浴剤を使用するだけで、さらなるダイエット効果を発揮してくれます。

是非、みなさんもご自分に合った入浴剤を見つけて、簡単かつ効率的にダイエットしてみてください!

今回紹介した入浴剤の中では、ダイエットという観点からは、1位のイルコルポ「ミネラルバスパウダー」がおすすめです。

イルコルポ「ミネラルバスパウダー」は、料金が決して安くはないですが、サウナのような汗が出るので、一度使えば、その効果の高さを実感できるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集