coffee

コーヒーの脂肪燃焼効果が凄い!ダイエット効果を格段に高める飲み方

コーヒーには脂肪燃焼効果があると言われており、その上低カロリーなのでダイエット中に向いている飲み物と言われています。運動やエステ、サプリとは違い、時間やお金があまりかからないので、実践しやすいダイエット法です。コーヒーで脂肪燃焼ができる理由、脂肪燃焼効果を格段に高める飲み方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーには脂肪燃焼効果がある?

http://bit.ly/2kc6n3b

ダイエットを実践すると必ず「体脂肪がなかなか落ちない」という壁にぶつかります。

体脂肪は一度体に蓄積されてしまうと、なかなか解消することができず、結果がすぐには目に見えないので、途中で諦めてしまう方も多いと言われています。

体脂肪をなかなか落とせないという方は、痩身エステや脂肪燃焼サプリを利用するという方法もありますが、これらのデメリットは一定の費用が発生してしまうということ。

痩身エステやダイエットサプリは最終手段として、まずは手軽に脂肪を燃焼させたいという方には、コーヒーを飲んで体脂肪を効率的かつ効果的に落とすという方法をおすすめします。

コーヒーを飲むだけで頑固な体脂肪を解消することができるので、日常生活に取り入れやすく、時間やお金もかからず、どんな方にも実践しやすいダイエット法です。

今回は、コーヒーで脂肪燃焼ができるメカニズム、コーヒーの脂肪燃焼効果を高める飲み方を紹介します。

コーヒーで脂肪を燃焼できるメカニズム

http://bit.ly/2ro0g1F

では、なぜコーヒーで脂肪を燃焼することができるのでしょうか?

コーヒーが脂肪燃焼を促進するメカニズは、主に「カフェイン」と「クロロゲン酸」という成分によるものです。

コーヒーに含まれる「カフェイン」が脂肪燃焼を促進してくれる

コーヒーにカフェインが含まれていて、このカフェインには、眠気覚し効果があることは有名ですよね。

実はカフェインは、眠気覚しの効果だけでなく、脂肪燃焼をも促進してくれると言われています。

カフェインには、脂肪を分解する働きを持つ「リパーゼ」という消化酵素の働きを活性化させる効果があり、リパーゼが活性化することで脂肪燃焼が促進されるのです。

コーヒーの「クロロゲン酸」も脂肪燃焼には効果的だが注意点も

コーヒーには、「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種が含まれており、このクロロゲン酸は脂肪を分解・燃焼する効果があると言われています。

さらには、血糖値上昇の抑制やコレステロール値の抑制など、コーヒーのクロロゲン酸は様々なダイエット効果を持っています。

コーヒーを飲むことで、このクロロゲン酸の働きで脂肪燃焼を促進してくれるのですが、ただしクロロゲン酸は熱に弱く、コーヒーを飲むことで劇的な効果までは期待できません。

そのため、クロロゲン酸は、コーヒー豆から直接抽出している「脂肪燃焼系サプリ」から摂取する方が効果的と言われています。

脂肪燃焼サプリには、クロロゲン酸だけでなく、カフェインも多く含まれているので、ある程度費用が発生しても脂肪を減らしたいという方にはとてもおすすめです。

コーヒーダイエットの脂肪燃焼以外のダイエット効果

http://bit.ly/2p6BuRt

コーヒーダイエットは、普段の生活にコーヒーを取り入れるだけの簡単なダイエット方法ですが、脂肪燃焼効果だけでなく、様々なダイエット効果が期待できると言われています。

コーヒーを飲むだけで得れるダイエット効果を紹介していきます。

カフェインによるむくみ解消効果

先ほど、コーヒーに含まれるカフェインには脂肪燃焼効果があると紹介しましたが、カフェインには脂肪燃焼効果だけでなく、むくみ解消効果もあると言われています。

人の体がむくむ主な原因は、余分な水分が体の部位に溜まることによるものと言われています。

カフェインには利尿作用があり、その余分な水分を尿と一緒に排出してくれるので、頑固なむくみを解消してくれるのです。

むくみは体重以上に太って見られる原因になるので、カフェインを摂取して効率的に解消するようにしましょう。

カフェインが代謝をアップしてくれる

カフェインにはダイエット効果が多く含まれており、脂肪燃焼効果やむくみ解消効果だけでなく、代謝をアップしてくれる効果もあります。

カフェインを摂取することで、血流が良くなり、内臓や細胞まで血液が行き渡りやすくるので、働きが活発になり、代謝がアップします。

代謝がアップすると、1日の消費カロリーを高くすることができるので、痩せやすい体を作ることができると言われています。

コーヒーの脂肪燃焼効果を高める飲み方

http://exci.to/2oLHc8b

飲むだけで、脂肪燃焼を促進してくれるコーヒーダイエットですが、より体脂肪の燃焼効果を高める方法・飲み方のコツがあるので、紹介していきます。

1、コーヒーはアイスではなくホットで飲む

コーヒーの脂肪燃焼効果を高める飲み方として、アイスではなくホットで飲むことをおすすめします。

アイスではなくてホットが良い理由は、アイスコーヒーは冷たいので体を冷やしてしまうため、体の代謝を落としてしまい、脂肪が燃えにくい体を作ってしまいます。

一方でホットコーヒーは体の内臓を温めてくれるので、内臓の働きが活発になり、代謝が上がるので、脂肪が燃えやすい体を作ってくれると言われています。

2、砂糖やガムシロップ、ミルクなどは入れずにブラックで飲む

コーヒーの脂肪燃焼効果を高める飲み方として、ブラックコーヒーで飲むという方法もおすすめです。

コーヒーに砂糖やガムシロップ、ミルクを入れてしまうと、カフェインのダイエット効果を阻害してしまうことに繋がり、脂肪が燃えにくくなってしまいます。

また、砂糖やガムシロップ、ミルクを入れるとカロリーや糖質がプラスされることになるので、反対に脂肪がついてしまうということに繋がるのでブラックコーヒーで飲むのがオススメと言えます。

どうしてもブラックは飲めない!という場合は甘さ控え目の微糖のコーヒーにしましょう。

3、食後に飲む

食後というのは食べ物を食べた後で血糖値が上昇している状態です。

血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌され、このインスリンの働きで血糖値が下がるのですが、インスリンには体に脂肪を蓄えてしまう働きも持っており、太る原因になってしまいます。

そこで、血糖値が上がって脂肪がつきやすい食後にコーヒーを飲んであげることで、体に体脂肪がつきにくくなると言われているのです。

4、運動の30分前のコーヒーも効果的

コーヒーを飲むタイミングは先ほど紹介した食後以外では、運動の30分前というタイミングもおすすめです。

コーヒーは、カフェインやクロロゲン酸といった脂肪燃焼成分を含み、言わば「脂肪燃焼系のダイエットサプリ」と近い効果を持っています。

コーヒーを運動前に飲むことで、通常より効率よく脂肪を燃焼してくれるようになるので、運動前のコーヒーはおすすめです。

また、カフェインには運動機能の向上効果や持久力の向上効果、運動後の疲れ軽減効果もあるので、運動自体のサポートをしてくれる効果も期待できます。

カフェインの摂り過ぎに注意!

http://bit.ly/2qaeLFu

カフェインにはダイエット効果が豊富に含まれており、ダイエット中におすすめな成分ですが、カフェインには副作用があるので、摂り過ぎることで体に悪影響を及ぼすことに繋がります。

カフェインを摂取し過ぎることで、不整脈、不安、興奮、不眠、幻覚、震えなどの症状が出て、最悪の場合死に至ることもあります。

カフェインはダイエットに効果的で、摂れば摂るだけ効果が高くなると思われがちですが、このような症状が出ることもあるので、適量を守るようにしましょう。

1日におけるカフェインの摂取目安量は、健康な成人で約400mgと言われており、コーヒー1杯に約120mgほど含まれていると言われているので、これを目安に摂取すると良いでしょう。

コーヒーを飲んで効率的かつ効果的に脂肪燃焼を!

http://bit.ly/2uJsgec

紹介した通り、コーヒーにはカフェインやクロロゲン酸という成分が含まれており、脂肪燃焼を助けてくれるのです。

脂肪燃焼をするには、運動やエステ、サプリなど様々あるのですが、これらの方法の共通点は時間を作らなければいけない、お金がかかるなど手軽にできないということです。

コーヒーダイエットなら、時間もかかりませんし、お金もあまりかからないので、手軽に実践できておすすめです。

コーヒーで脂肪燃焼をする際は、今回紹介した「ホットコーヒーで飲む」、「ブラックコーヒーで飲む」、「食後に飲む」などの脂肪燃焼効果が高まる飲み方を試してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集