unnamed-file

ひき肉のカロリー・糖質は?ダイエット向きに変える食べ方・レシピ

ひき肉は、ハンバーグや麻婆豆腐などに使用される食材で、高カロリーです。しかし、ひき肉にもダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。今回は、ひき肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなひき肉でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2xShyTV

ひき肉とは、肉ひき機で細かくひいた肉のことで、ミンチとも呼ばれる食べ物です。

ひき肉はハンバーグや麻婆豆腐、そぼろ、キーマカレーなどに使用されることが多く、食べる機会も多いかもしれません。

そんなひき肉はお肉の一種なので、高カロリーな食べ物ですが、糖質は非常に低く、その上ダイエット効果も豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

今回は、ひき肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ひき肉のカロリーは?

http://bit.ly/2jcJWhi

種類別のひき肉のカロリー(100gあたり)

  • 牛ひき肉:約224kcal
  • 豚ひき肉:約221kcal
  • 鶏ひき肉:約166kcal
  • 合挽き(牛と豚を合わせたひき肉):約259kcal

ひき肉を使用する料理のカロリー(100gあたり)

  • ハンバーグ:約223kcal
  • 麻婆豆腐:約133kcal
  • そぼろ:約215kcal

このように見てみると、ひき肉のカロリーが高いということがわかります。

ひき肉は細かいため、なんとなく低カロリーでヘルシーなイメージを持たれがちなのですが、肉であることには変わりないので、高カロリーなのです。

ひき肉の糖質量は?

http://bit.ly/2gR87ku

種類別のひき肉の糖質量(100gあたり)

  • 牛ひき肉:約0.5g
  • 豚ひき肉:0g
  • 鶏ひき肉:0g
  • 合挽き(牛と豚を合わせたひき肉):約0.3g

ひき肉を使用する料理の糖質量(100gあたり)

  • ハンバーグ:約18g
  • 麻婆豆腐:約12g

このように見てみると、ひき肉に含まれる糖質量が少ないということがわかります。

基本的に肉類には、ほとんど糖質が含まれておらず、ひき肉も例外ではないため、低糖質になっているのです。

ひき肉に含まれるダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2eM7IeS

たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

ひき肉には、「たんぱく質」という成分が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあり、良質な筋肉作りをサポートしてくれる成分なのです。

筋肉というと、体重が増えるイメージを持っている方が多く、ダイエット中は避けられがちなのですが、筋肉がつくと体の基礎代謝がアップするので、1日における消費カロリーを多くすることができ、痩せられるのです。

カルニチンが脂肪燃焼を促してくれる

ひき肉には、「カルニチン」という成分も豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に沈着した体脂肪の燃焼を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に有効な成分なのです。

カルニチンはその効果の高さから、脂肪燃焼サプリの成分として重宝されているほどです。

ひき肉から手軽にカルニチンを摂取して、効率良く体脂肪を燃焼してみてください。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

ひき肉には、「ビタミンB1」という成分も豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果的です。

本来、糖質を摂取すると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、インスリンによって糖質が体脂肪に変換されてしまうのですが、ビタミンB1を摂取していることで、糖質が体脂肪に変えられる前に代謝してくれるので、体に脂肪がつきにくくなります。

ダイエット中のひき肉の注意点・デメリット

http://exci.to/2f9SGQS

高カロリーな調理法が多い

ダイエット中のひき肉の注意点として、ひき肉は高カロリーな調理法が多いという点が挙げられます。

ひき肉は高カロリーな調理法が多いため、他の食べ物よりも太りやすくなってしまうのです。

ダイエット中はできるだけ、低カロリーな調理法をしてあげると良いでしょう。

細かいため、食べ過ぎてしまいがち

ひき肉のダイエット中のデメリットとして、細かいためついつい食べ過ぎてしまうという点も挙げられます。

ひき肉は、他の肉と比べても細かく、パクパクと食べてしまいがちです。

そのため、気づいたら食べ過ぎていて、摂取カロリーがオーバーしていたということにも繋がるので、注意するようにしましょう。

ひき肉はスープで摂取するとダイエット効果が高まる

http://bit.ly/2eUVlAW

ひき肉のダイエット効果を高めるレシピとして、スープで食べる方法がおすすめです。

ひき肉を調理する際、焼いたり、炒めたりする調理法もあるのですが、ひき肉に含まれるダイエット成分が油に溶け出してしまい、ダイエット効果が半減してしまいます。

一方で、ひき肉をスープで食べるようにすると、溶け出したダイエット成分をスープを飲むことで、最大限に摂取できるのです。

ダイエット中はできるだけ、ひき肉スープを選ぶようにしましょう。

高カロリーなひき肉でも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ひき肉のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などについて紹介しました。

ひき肉はその見た目から、肉の中では低カロリーというイメージを持たれがちなのですが、全くそんなことはなく、非常に高カロリーな食べ物です。

しかし、ダイエット効果も豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中にひき肉を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「スープで食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集