1cc1bc74b3974d7f65940c5625057900

カルボナーラのカロリー・糖質は?ダイエット向きに変える2つの食べ方

カルボナーラはたくさんの生クリームとチーズ、卵を使用したソースをパスタにかけた料理なので、高カロリー・高糖質です。しかし、具材由来のダイエット効果もあり、食べ方次第では痩せることもできます。カルボナーラのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なカルボナーラでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2wy5cRx

カルボナーラとは、イタリア・ローマが本場のパスタ料理であり、生クリームやチーズ、卵を使用したソースに黒胡椒をアクセントとして使用した料理です。

手軽に本格的なカルボナーラを食べれるイタリア料理店も増えてきて、より身近になったスパゲッティです。

そんなカルボナーラですが、生クリームやチーズ、卵で作ったソースを、炭水化物であるパスタにかけた料理なので、高カロリー・高糖質で、ダイエットには向いていないと思われがちです。

しかし、カルボナーラに使用される具材によるダイエット効果を期待することができるので、食べ方次第では痩せることも可能と言われているのです。

今回は、カルボナーラのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

カルボナーラのカロリーは?

http://bit.ly/2wy5cRx

カルボナーラのカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約779kcal」で、100gあたりに換算すると「約211kcal」と非常に高カロリーです。

カルボナーラ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ナポリタン:約168kcal
  • ペペロンチーノ:約182kcal
  • ボロネーゼ:約110kcal

このように比較してみても、カルボナーラのカロリーが高いということがわかります。

高カロリーと言われているスパゲッティ類の中でも特に高カロリーなカルボナーラは、生クリームやチーズ、卵などの材料が他のスパゲッティに使用される材料と比べて高カロリーなため、このようにカロリーが高くなっているのです。

カルボナーラの糖質量は?

http://exci.to/2x2u3A4

カルボナーラの糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約68.8g」で、100gあたりに換算すると「約18.5g」と高糖質です。

カルボナーラ以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ナポリタン:約20g
  • ペペロンチーノ:約25.g
  • ボロネーゼ:約13g

このように比較してみても、カルボナーラの糖質量が高いということがわかります。

実は、生クリームやチーズ、卵などには糖質がほとんど含まれておらず、カルボナーラの糖質のほとんどを麺の糖質が占めていると言われています。

カルボナーラに含まれる意外なダイエット効果・メリットとは?

http://exci.to/2xH4bad

卵のたんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

カルボナーラに使用される卵には、「たんぱく質」という成分が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、体で筋肉が作られると、体の基礎代謝がアップするため、1日における消費カロリーを高くすることができ、痩せやすい体を作ることができるのです。

筋肉というと、体重が重くなるというイメージを持たれている方も多いのですが、このようなダイエット効果もあるので、ダイエット中は適度な筋肉をつけるのが良いとされているのです。

ベーコンのカルニチンが脂肪燃焼を促してくれる

カルボナーラの具材として使用されることが多いベーコンには、「カルニチン」という成分が豊富に含まれていると言われています。

このカルニチンには、体に沈着した体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、肥満の解消に高い効果を発揮してくれます。

チーズのカルシウムが脂肪吸収を抑えてくれる

カルボナーラに使用されるチーズには、「カルシウム」も豊富に含まれています。

このカルシウムには、脂肪吸収を抑えてくれる働きがあると言われており、体に体脂肪をつきにくくしてくれます。

体内でカルシウムが不足すると、食べ物や飲み物から摂取した脂肪分がそのままダイレクトで体脂肪に変換されてしまうのですが、カルシウムを日頃から摂取していることで、脂肪分が体に吸収されにくくなるので、ダイエットに効果的なのです。

ダイエット中にカルボナーラを食べる際の注意点・デメリット

http://bit.ly/2ez58g4

卵とチーズが使用されており、コレステロールが高いので注意

ダイエット中にカルボナーラを食べる際の注意点・デメリットとして、卵とチーズが使用されており、コレステロール値が高いという点です。

カルボナーラはコレステロールが高いので、食べ過ぎてしまうと、体内で中性脂肪を増やし、肥満になってしまう可能性が高くなってしまいます。

また、コレステロールが高くなると、肥満だけでなく、様々な病気のリスクを高めてしまうことに繋がるので、注意するようにしましょう。

脂質も高いので注意

ダイエット中にカルボナーラを食べる際の注意点として、カルボナーラは脂質が高いという点も挙げられます。

カルボナーラはカロリーや糖質が高い上に、脂質も高い食べ物なので、カロリーや糖質量以上に太りやすい料理と言われています。

カロリーや糖質に注意して食べていても、脂質が高いので太ってしまうということに繋がるので注意するようにしましょう。

「しらたきカルボナーラ」ならカロリーや糖質を抑えることができる

http://bit.ly/2gALOj3

カルボナーラのダイエット効果を高める食べ方として、「したらきカルボナーラ」というアレンジレシピで食べるのがおすすめです。

しらたきカルボナーラとは、その名の通りしらたきを使用したカルボナーラで、麺をしらたきに変えたレシピのことです。

しらたきカルボナーラの材料(1人前)

  • しらたき 200g
  • 生クリーム 100cc
  • 卵 1個
  • 粉チーズ 適量
  • ベーコン 適量
  • 塩胡椒 適量

しらたきカルボナーラの作り方

  • 1.しらたきを2,3分湯通しして、臭みを取る
  • 2.オリーブオイルを引いたフライパンでベーコンを炒める
  • 3.生クリームと粉チーズを加えて混ぜる
  • 4.しらたきを入れ、ソースが絡んだら塩胡椒を振りかけて完成

しらたきカルボナーラのポイント

しらたきカルボナーラの一番の特徴は、100gあたり「約6kcal」と、しらたきは非常に低カロリーという点です。

1人前200gでも「約12kcal」にしかならないので、カロリーを抑えたカルボナーラにすることができるのです。

また、しらたきの糖質量も、100gあたり「約0.1g」と非常に低糖質で、糖質制限ダイエットにも最適なメニューとなります。

高カロリー・高糖質なカルボナーラでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

カルボナーラのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、カルボナーラは高カロリー・高糖質な食べ物で、何も考えずに食べてしまうと、もちろんあっという間に太る原因となります。

しかし、そんなカルボナーラにも具材によるダイエット効果があり、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

カルボナーラで太る主な原因である、カロリーや糖質の高さを、麺をしらたきにすることで低くすることができるので、簡単に太りにくくすることができます。

ダイエット中にカルボナーラを食べる際は、今回紹介した方法を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集