013

味噌のカロリー・糖質は?ダイエット中の痩せる食べ方・太る食べ方

味噌は、様々な和食に使用される日本が誇る調味料ですが、高カロリー・高糖質です。しかし、大豆由来のダイエット効果があり、食べ方次第では痩せることもできます。今回は、味噌のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質な味噌でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2xIE6Xc

味噌といえば、味噌汁や鯖の味噌煮、野菜炒め、おでん、鍋などの調味料として、なすやピーマン、キャベツ、きゅうり、じゃがいもなどにつけて食べるソースとしてなど様々な食べ方のある食べ物です。

味噌は栄養価が高く、健康効果や美容効果を期待することができる上に、ダイエット効果も豊富です。

しかし、味噌はダイエット効果が豊富ですが、カロリーや糖質が高く、食べ方に注意しなければ痩せるどころか反対に太ってしまう原因になります。

今回は、味噌のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

味噌のカロリーは?

http://bit.ly/2wOtHwH

味噌の種類別のカロリー(100gあたり)

  • 白味噌:約192kcal
  • 赤味噌:約186kcal

味噌のカロリーは、メーカーや作り方によって異なりますが、平均的な値はこのようになっており、高カロリーと言うことができます。

もともと高カロリーな大豆を発酵させた味噌は、その分高カロリーになってしまっているのです。

味噌の糖質は?

http://bit.ly/2xtMESO

味噌の種類別の糖質量(100gあたり)

  • 白味噌:約32.3g
  • 赤味噌:約17g

このように、味噌はカロリー同様、糖質も比較的高くなっているので、食べ方に注意しなければいけません。

味噌の原料である大豆には、糖質も豊富に含まれているので、その分味噌も高糖質になっているのです。

味噌に含まれるダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2iDSLQN

大豆サポニンが脂肪吸収を抑えてくれる

味噌には、「大豆サポニン」という成分が豊富に含まれています。

この大豆サポニンには、摂取された脂肪分が体に吸収されるのを抑えてくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果を発揮してくれます。

味噌は、このことから脂肪が多い食べ物との相性が抜群で、脂肪が多い食べ物を食べても太りにくくしてくれるのです。

レシチンがコレステロールを減少してくれる

味噌には、「レシチン」という成分も豊富に含まれています。

このレシチンには、血液中の悪玉コレステロールを減らしてくれる働きがあると言われており、中性脂肪の減少にも効果的なので、肥満を解消してくれます。

また、血中のコレステロールが減少することで、血行が良くなり、その結果体の基礎代謝がアップし、1日の消費カロリーを多くすることもできるのです。

乳酸菌が便秘を解消してくれる

味噌には、「乳酸菌」という成分も豊富に含まれています。

この乳酸菌には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあると言われており、その結果便秘を解消することができます。

便秘が解消されることで、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなるため、ダイエットに効果的な成分です。

ダイエット中に味噌を食べる際の注意点・デメリット

http://bit.ly/2wOBaMy

塩分量が多い

ダイエット中に味噌を食べる際の注意点として、味噌は塩分量が多いと言う点が挙げられます。

塩分を摂取しすぎてしまうことで、食欲を増進してしまったり、体にむくみを生じさせてしまう原因になり、太る原因になります。

塩分は、様々な病気の原因にもなるので、ダイエット中だけでなく、普段から摂取しすぎないようにしましょう。

高カロリーな料理になりがち

ダイエット中の味噌のデメリットとして、高カロリーな料理になってしまいがちという点が挙げられます。

鯖の味噌煮や鍋、肉味噌炒めなど、味噌を使用した料理には高カロリーなものが多く、摂取カロリーがオーバーしてしまい、太る原因になってしまいます。

ダイエット中はできるだけ、低カロリーな調理法にするようにしましょう。

味噌のダイエット効果を高める食べ方

http://bit.ly/2xIhGoX

白味噌より赤味噌がおすすめ

味噌のダイエット効果を高める食べ方として、白味噌よりも赤味噌を選ぶ方法がおすすめです。

白味噌より赤味噌が良い理由は、カロリーや糖質量が白味噌よりも低いという点と、「メラノイジン」、「ペプチド」という成分が白味噌よりも豊富に含まれているためです。

メラノイジンやペプチドには、抗酸化作用という体の細胞や器官を若返らせてくれる働きがあり、その結果体の働きが活発になるため、代謝を高め、痩せやすい体を手に入れることができるのです。

味噌汁がおすすめ

味噌のダイエット効果を高める食べ方として、味噌汁で摂取する方法がおすすめです。

なぜ味噌汁が良いかというと、味噌汁は他の料理と比較すると低カロリーに済ませることができますし、具材によるダイエット効果をプラスαで受けることができるためです。

また、味噌汁によって体が温められると、体の働きが活発になり、その結果体の基礎代謝をアップすることができ、痩せやすくなるのです。

高カロリー・高糖質な味噌でも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

味噌のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、味噌は高カロリー・高糖質で、食べ方によってはさらに高カロリー・高糖質になってしまうので、ダイエットには向いていないと思われがちですが、大豆由来のダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることもできると言われています。

味噌は、栄養満点な食べ物で、ダイエットだけでなく、健康や美容にも良いと言われているので、ダイエット中でも積極的に取り入れたい食べ物です。

ダイエット中に味噌を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「赤味噌を選ぶ」、「味噌汁で摂取する」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集