kare-udonyoko4

カレーうどんのカロリー・糖質は?意外なダイエット効果と痩せる食べ方

カレーうどんは、炭水化物であるうどんにカレールーをかけた食べ物で、高カロリー・高糖質ですが、カレー由来のダイエット効果もあり、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。カレーうどんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カレーうどんは高カロリー・高糖質な食べ物

http://bit.ly/2vxG8YL

カレーうどんは、丸亀製麺やはなまるうどんなどのチェーン店が増えてきた上に、どん兵衛などのカップ麺や、セブンイレブンなどのコンビニで、レトルト食品も販売されるようになり、より身近になった人気の食べ物です。

余ったカレーをカレーうどんとしてリメイクしやすいのもメリットの一つであり、献立の定番のご家庭も多いのではないでしょうか?

そんなカレーうどんですが、炭水化物であるうどんに高カロリー・高糖質なカレーをかけた食べ物なので、やはり高カロリーになっている上に、糖質も高いです。

そのことから、ダイエット中は避けられがちなのですが、カレーにはダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることもできると言われています。

今回は、カレーうどんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

カレーうどんのカロリーは?

http://bit.ly/2vxG8YL

カレーうどんのカロリーは、レシピや作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約492kcal」で、100gあたりに換算すると「約104kcal」となっています。

カレーうどん以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ご飯:約168kcal
  • カレーライス:約167kcal
  • かけうどん:約79kcal
  • かけそば:約81kcal

このように比較してみても、カレーうどんのカロリーが高いということがわかります。

カレーうどんはご飯やカレーライスよりは低カロリーですが、かけうどんやかけそばなどの低カロリーな食べ物と比較すると、高カロリーになっています。

カレーうどんの糖質は?

http://bit.ly/2xAq0r3

カレーうどんの糖質量は、レシピや作り方によって異なりますが、1人前あたりの平均的な値は「約70.6g」で、100gあたりに換算すると「約14g」と高糖質です。

カレーうどん以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ご飯:約36.8g
  • カレーライス:約24g
  • かけうどん:約55.6g
  • かけそば:約58g

このように比較すると、カレーうどんの糖質量は低いように思えますが、あくまでも高糖質な食べ物の比較した場合の話であり、食べ物全体で比較するとカレーうどんは高糖質と言えます。

カレーうどんの意外なダイエット効果とは?

http://bit.ly/2vf34kq

ガラムマサラが基礎代謝を高めてくれる

カレーうどんのカレーに使用されるガラムマサラというスパイスには、血行を良くしてくれる働きがあると言われています。

ガラムマサラによって血行が促進されると、血液によって酸素や栄養が体の隅々まで行き渡りやすくなるので、体の働きが活発になり、基礎代謝を高めることができます。

体の基礎代謝がアップすることで、1日における消費カロリーを多くすることができるので、ダイエットに効果的なのです。

ナツメグやクミンが便秘を解消してくれる

カレーうどんのカレーには、ナツメグやクミンといったスパイスも豊富に使用されています。

このナツメグやクミンには、胃腸の働きを良くし、腸内環境を整えてくれる働きがあると言われており、便秘の解消に効果的です。

ナツメグやクミンの働きで便秘が解消されることで、体に蓄積された老廃物や毒素を排出することができるので、デトックス効果を期待することができます。

ニンニクや生姜が脂肪燃焼を促してくれる

カレーうどんのカレーには、ニンニクや生姜も使用されています。

ニンニクや生姜には、体を温めてくれる働きがあり、体が温められることで体の働きが活発になるので、代謝を高め痩せやすい体を作るのに効果的と言われています。

カレーうどんのダイエットにおける注意点・デメリット

http://bit.ly/2wwNQXA

トッピングのカロリーに注意

カレーうどんのダイエットにおける注意点として、トッピングのカロリーが挙げられます。

かけうどんなどと比べると、トッピングをする方は少ないかもしれませんが、天ぷらなどの食べ物をトッピングすると、より高カロリーなカレーうどんになってしまいます。

ダイエット中はできるだけ、トッピングを控えるようにしましょう。

カレールーの香辛料が食欲を増進する

カレーうどんのカレーには香辛料が豊富に含まれています。

香辛料には、食欲を増進してしまう働きがあると言われており、ついつい食べ過ぎてしまい、カロリーや糖質がオーバーしてしまうということに繋がります。

ダイエット中は、カレールーの香辛料にも注意して食べるようにしましょう。

カレーうどんのダイエット効果を高める食べ方・簡単なレシピ

http://bit.ly/2vxkm7p

自宅で手作りする

カレーうどんのダイエット効果を高める食べ方として、自宅で手作りする方法がおすすめです。

お店のカレーうどんは味や風味を良くするために、普通のカレーうどんと比べて油や調味料が多く使用されていることが多いです。

そのため、カロリーや糖質が高くなってしまっているため、太りやすくなっているのです。

ダイエット中は、できるだけ自宅で手作りして、カロリーや糖質を抑えることを意識しましょう。

糖質0麺を使用する

カレーうどんのダイエット効果を高めるレシピとして、「糖質0麺」を使用したカレーうどんを作る方法がおすすめです。

最近では、糖質が含まれていない「糖質0麺」が販売されています。

糖質は体に体脂肪を蓄える作用があるので、糖質0麺にすることで、太りにくくすることができるのです。

高カロリー・高糖質なカレーうどんでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

カレーうどんのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、カレーうどんは高カロリー・高糖質で、ダイエットには向いていないと思われがちですが、カレー由来のダイエット成分が豊富に含まれており、食べ方さえ間違えなければ痩せることができると言われています。

カレーうどんは高カロリー・高糖質なため、ダイエット中は避けられがちなのですが、食べたいのに我慢してしまうと、ストレスが溜まり、その結果暴飲暴食を引き起こし、反対に太る原因にもなったりするので、高カロリー・高糖質な食べ物も我慢せずに上手に食べてあげることが重要です。

ダイエット中にカレーうどんを食べる際は、具材のカロリーや今回紹介した注意点をよく守り、「自宅で手作りする」、「糖質0麺を使用する」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集