20160529223-01

ビーフシチューのカロリー・糖質は?ダイエット向きに変えるレシピ

ビーフシチューは、たくさんの牛肉とデミグラスソースを使用しているので高カロリーな食べ物ですが、素材由来のダイエット効果があり食べ方次第では痩せることも可能です。今回は、ビーフシチューのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビーフシチューは高カロリー・高糖質なメニュー

http://bit.ly/2wvZUZq

ビーフシチューは、具材を炒めて煮込むだけという簡単に作れるメニューで、定番の献立という家庭も多いのではないでしょうか?

ビーフシチューは、たくさんの牛肉や野菜を油で炒め、それを赤ワインやトマトをベースとしたデミグラスソースで煮込んだメニューなので、高カロリー・高糖質な食べ物です。

ダイエット中はビーフシチューを食べてはいけないと思っている方も多いのですが、ビーフシチューには具材由来のダイエット成分によって、ダイエット効果を期待することができるので、食べ方さえ間違えなければ痩せることができると言われています。

今回は、ビーフシチューのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ビーフシチューのカロリーは?

http://bit.ly/2ve9aBj

ビーフシチューのカロリーは、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約594kcal」で、100gあたりに換算すると「約111kcal」と高カロリーです。

ビーフシチュー以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • クリームシチュー:約88kcal
  • カレーライス:約167kcal
  • ビーフストロガノフ:約136kcal
  • ハッシュドビーフ:約162kcal

このように比較すると、ビーフシチューのカロリーは低いように思えますが、あくまでも高カロリーな食べ物の中で比較した場合の話であり、全食品で見るとビーフシチューは十分高カロリーと言うことができます。

ビーフシチューの糖質量は?

http://bit.ly/2vp9glO

ビーフシチューの糖質量は、お店やレシピ、作り方などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約20.6g」で、100gあたりに換算すると「約3.9g」です。

ビーフシチュー以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • クリームシチュー:約3.8g
  • カレーライス:約24g
  • ビーフストロガノフ:約3.3g

ビーフシチューの糖質量は、100gで見ると低糖質ですが、1人前あたりで見ると高糖質です。

高カロリー・高糖質なビーフシチューにもダイエット効果があった!

http://bit.ly/2w5M2E6

牛肉のカルニチンが脂肪燃焼してくれる

ビーフシチューの具材として使用される牛肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に沈着した体脂肪の燃焼を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的な成分なのです。

一度体についてしまうと解消するのがなかなか難しい体脂肪を、カルニチンなら効率良く燃焼することができるので、話題の成分です。

玉ねぎの硫化アリルがコレステロール値を下げてくれる

ビーフシチューの具材をして使用されることが多い玉ねぎには、「硫化アリル」という成分が豊富に含まれています。

この硫化アリルには血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、血液中のコレステロール値が下がることで、体内の中性脂肪も減らすことができるので、ダイエットに効果的です。

にんじんのβカロチンが基礎代謝を高めてくれる

ビーフシチューの具材として使用されることが多いにんじんには、「βカロチン」という成分が豊富に含まれています。

このβカロチンには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあると言われており、体が若返ることで、体の働きを活発化させ、その結果基礎代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができるのです。

ダイエット中のビーフシチューの注意点・デメリット

http://bit.ly/2vwXghi

付け合わせのパンやご飯のカロリーに注意

ダイエット中のビーフシチューのデメリットとして、付け合わせのパンやご飯のカロリーが高いという点が挙げられます。

もともと高カロリーなビーフシチューに高カロリーなパンやご飯を食べ過ぎてしまうと、あっという間に太ることに繋がるので、注意するようにしましょう。

じゃがいものカロリーに注意

ダイエット中のビーフシチューの注意点として、じゃがいものカロリーが高いという点も挙げられます。

じゃがいもは野菜ということで低カロリーだと思われることが多いのですが、実は高カロリーで入れ過ぎてしまうと、よりビーフシチューのカロリーが高くなってしまいます。

ダイエット中はじゃがいもの量に注意するようにしましょう。

ビーフシチューのダイエット効果を高める食べ方・アレンジレシピ

http://bit.ly/2xA7f7d

牛肉の量を減らし、野菜の量を増やす

ビーフシチューのダイエット効果を高めるレシピとして、牛肉の量を減らし、野菜の量を増やすという方法がおすすめです。

高カロリーな牛肉の量を減らし、野菜を増やすことで、満腹感はそのままに低カロリーに抑えることができるのでダイエットに効果的と言われています。

また、野菜に含まれる食物繊維をさらに多く摂取できるようになるので、より高い便秘解消効果を期待することができるのです。

具合を炒めず、圧力鍋を使用して調理する

ビーフシチューのダイエット効果を高める食べ方として、具材を油で炒めずに、圧力鍋を使用して調理する方法がおすすめです。

本来、具材を油で炒めて柔らかくしてから、煮込むのですが、具材が油を吸収してしまい、カロリーが高くなる原因になります。

そこで、圧力鍋を使用して調理することで、炒めずに具材を柔らかくすることができるので、カロリーを抑えたビーフシチューになるのです。

高カロリー・高糖質なビーフシチューでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ビーフシチューのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、ビーフシチューは高カロリー・高糖質でダイエットには向いていないと思われがちですが、具材由来のダイエット効果があり、食べ方次第では痩せることが可能と言われています。

ビーフシチューは、具材をたくさん入れることができるので、具材を工夫すればダイエット効果だけでなく、健康や美容にも良いとされています。

ダイエット中にビーフシチューを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「牛肉の量を減らし、野菜の量を増やす」、「具合を炒めず、圧力鍋を使用して調理する」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集