a8da8c4226

カツカレーのカロリー・糖質は?ダイエット向けに変える食べ方・コツ

カツカレーは馴染み深い食べ物ですが、高カロリー・高糖質な食べ物で、ダイエット中は避けられがちです。しかし、ダイエット効果も含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能です。カツカレーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める方法を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カツカレーといえば、高カロリー・高糖質なメニュー

http://bit.ly/2xxK7G4

カツカレーは、その名の通りカレーにとんかつをトッピングしたメニューで、最近ではかつややココイチ、なか卯、ガストなど、カツカレーを手軽に食べれるお店が増え、日本発祥の人気で馴染み深い食べ物です。

そんなカツカレーは、高カロリーなカレーライスに高カロリーなとんかつが乗っているので、大変高カロリーなメニューになってしまっています。

しかし、とんかつやカレーには、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、カツカレーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

カツカレーのカロリーは?

http://bit.ly/2wM2oCs

カツカレーのカロリーは、お店やレシピ、具材などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約1099kcal」で、100gあたりに換算すると「約196kcal」と非常に高カロリーです。

カツカレー以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • カレーライス:約167kcal
  • スープカレー:約103kcal
  • クリームシチュー:約88kcal

このように比較してみても、カツカレーのカロリーが高いということがわかります。

もともと高カロリーなカレーライスに、もともと高カロリーなとんかつをトッピングした料理なので、このようなカロリーになってしまっているのです。

カツカレーの糖質量は?

http://bit.ly/2wLLF27

カツカレーの糖質量は、カロリー同様にお店やレシピ、具材などによって異なりますが、平均的に1人前あたり「約135g」で、100gあたりに換算すると「約24g」と高糖質です。

カツカレー以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • カレーライス:約24g
  • スープカレー:約21.9g
  • クリームシチュー:約11.5g

このように比較してみても、カツカレーの糖質量が高いということがわかります。

カツカレーは高糖質ですが、豚肉や油には糖質がほとんど含まれていないので、カツの部分には糖質量がほとんど含まれておらず、ご飯の糖質量がその大半を占めています。

そのことから、ご飯の量を調節することで、カツカレーの糖質量を減らすことができるのです。

カツカレーには意外にもダイエット効果があった!

http://bit.ly/1O7Yf9Y

豚肉のカルニチンで脂肪燃焼できる

カツカレーのカツに使用される豚肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に蓄積された脂肪の燃焼を促してくれる働きがあると言われており、肥満の解消に効果的です。

カルニチンは、一度体に沈着してしまうとなかなか解消することが難しい体脂肪を効率良く燃焼してくれる成分として話題の成分です。

豚肉のビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

カツカレーのカツに使用される豚肉には、「ビタミンB1」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンB1には、食べ物や飲み物から摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、肥満の予防に一役買ってくれます。

私たちの体は、糖質を摂取するとインスリンというホルモンの働きで、体に体脂肪として蓄えられるのですが、ビタミンB1を日頃から摂取していることで、糖質が脂肪になる前に排出されるので、体に体脂肪をつきにくくしてくれるのです。

ターメリックが基礎代謝を高めてくれる

カツカレーのルーには、ターメリックというスパイスが豊富に使用されていることが多いです。

このターメリックには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあると言われており、基礎代謝を高めてくれると言われています。

ターメリックの抗酸化作用で体が若返ることで、体が活発に働けるようになり、その結果基礎代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができます。

ダイエット中に気を付けたいカツカレーの注意点・デメリット

http://bit.ly/2xxTdmd

カレーの香辛料が食欲を増進してしまう

ダイエット中に気を付けたいカツカレーの注意点として、カレーに使用される香辛料には、食欲を増進してしまう働きがあるという点が挙げられます。

カレーの香辛料を食べ過ぎてしまうと、食欲を増進してしまう、ついつい食べ過ぎてしまうということに繋がります。

適量ならそこまで問題はありませんが、カツカレーの摂取量には注意するようにしましょう。

ご飯のカロリーに注意

ダイエット中のカツカレーの注意点として、ご飯のカロリーが高いという点も挙げられます。

カツカレーを食べる際、カツやカレールーのカロリーばかりに目が行きやすいのですが、ご飯も高カロリーな食べ物ということを忘れてはいけません。

ここでご飯を食べ過ぎてしまうと、カツカレーのカロリーが一気に上がってしまうということにつながるので注意するようにしましょう。

カツカレーのダイエット効果を高める食べ方・レシピ

http://bit.ly/2vuz4wa

福神漬けではなくらっきょうをトッピングする

カツカレーのダイエット効果を高めるレシピとして、福神漬けではなくらっきょうをトッピングして食べるのがおすすめです。

福神漬けとらっきょうはカロリーに差はあまりないのですが、らっきょうには福神漬けよりもダイエット効果が豊富に含まれているため、らっきょうをおすすめしています。

らっきょうのダイエット効果

  • フラボノイドによる基礎代謝アップ効果
  • サポニンがコレステロール値を下げてくれる
  • ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

自宅でカツカレーを作る

カツカレーのダイエット効果を高める食べ方として、自宅で作る方法もおすすめします。

お店のカツカレーは、味や風味を良くするために調味料や油を通常よりも多く使用していることが多く、太りやすくなってしまう原因になります。

そこで、自宅でヘルシーなカツカレーを作って食べる方法がおすすめです。

自宅でカツカレーを作れれば、カロリーや糖質量を調節することができ、ダイエットメニューに変えることができます。

高カロリー・高糖質なカレーでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

カツカレーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

紹介した通り、カツカレーは高カロリーなカレーライス、とんかつを使用したメニューのため、非常に高カロリーで高糖質になってしまっています。

しかし、高カロリーなカレーライスやとんかつにもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中こそ、カツカレーのような高カロリーな食べ物が食べたくなりますよね。

そういう時は、我慢せずに太りにくく上手に食べてあげれば良いのです。

ダイエット中にカツカレーを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、ダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集