tya-han

チャーハンのカロリー・糖質は?ダイエット向けに変える食べ方・コツ

チャーハンは、パラパラな食感で、日本でも定番となった中華料理です。チャーハンは高カロリー・高糖質でダイエット中は避けられがちですが、ダイエット効果もあるため、食べ方次第では痩せこともできます。チャーハンのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める方法を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー料理の代表格の炒飯(ちゃーはん)でもダイエットできる?

http://bit.ly/2aoEym7

チャーハンは、王将や日高屋、東秀など、安い値段で食べれるチェーン店も増え、セブンイレブンなどのコンビニでも冷凍のチャーハンが購入でき、さらに自宅でも簡単に作ることができるため、日本の食卓でも定番になった中華料理です。

そんなチャーハンですが、ご飯を油で炒めた料理なので、高カロリー・高糖質になっていて、一見ダイエットには向いていないと思われがちです。

しかし、チャーハンにもダイエット効果が含まれており、食べ方に注意すればダイエットに用いることもできると言われています。

チャーハンはたくさんの種類の具材を入れることができるため、ダイエットだけでなく健康や美容にも良いので、積極的に取り入れたいですよね。

今回は、チャーハンのカロリー・糖質量、ダイエット効果やダイエット中の注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

チャーハンのカロリーはどれくらい?

http://bit.ly/2wxD8Rj

チャーハンはお店や作り方、レシピ、味付けによって異なりますが、1人前あたりのカロリーは「約673kcal」で、100gあたりに換算すると「約181kcal」ほどと高カロリーです。

チャーハン以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ご飯:約168kcal
  • オムライス:約162kcal
  • ピラフ:約161kcal

このように比較してみても、チャーハンのカロリーが高いということがわかります。

チャーハンのカロリーが他の食べ物と比べて高い理由は、ご飯を卵や醤油、豚肉などを使用して、油で炒めているからだと言われています。

チャーハンの糖質量はどれくらい?

http://bit.ly/2v4Zh9g

チャーハンの糖質量はカロリー同様、お店や作り方、レシピ、味付けによって異なりますが、1人前あたり「約74.8g」で、100gあたりに換算すると「約29.9g」と約1/3が糖質でできていると言うことがわかります。

チャーハン以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ご飯:約36.8g
  • オムライス:約23g
  • ピラフ:約27g

このように比較してみても、チャーハンの糖質量が高いということがわかります。

チャーハンに使用される卵や豚肉などの具材には糖質がほとんど含まれていないのですが、炭水化物のご飯の糖質がほとんどを占めているのです。

高カロリー・高糖質なチャーハンにも具材によるダイエット効果があった!

http://bit.ly/2xrJVbw

ネギが脂肪燃焼を促してくれる

チャーハンの具材として使用されることが多いネギには、「フルタン」という成分が豊富に含まれていると言われています。

このフルタンはネギの白い部分に含まれており、脂肪燃焼を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に高い効果を発揮してくれます。

このフルタンは、火を通すことで効果が高まるため、火を使用して調理するチャーハンとの相性が抜群でおすすめです。

卵にはたんぱく質が豊富に含まれている

チャーハンに使用される卵には、「たんぱく質」が豊富に含まれています。

たんぱく質は非常にダイエットに効果的な成分で、体の筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあります。

体で筋肉が作られると、体の基礎代謝がアップし、1日の消費カロリーを高くすることができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

チャーシューにはビタミンB1が豊富に含まれている

チャーハンの具材として使用される機会が多いチャーシューですが、原料が豚肉であり、豚肉には「ビタミンB1」というビタミンが豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、肥満の予防に大変効果的です。

通常、糖質が摂取されると、体内の血糖値が上昇し、この血糖値を下げようと膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

このインスリンは別名肥満ホルモンとも呼ばれており、体に脂肪を蓄えてしまう原因になります。

そこで、ビタミンB1を摂取することで、糖質の代謝を促してくれるので、インスリンが分泌されにくくなり、肥満を予防してくれるのです。

ダイエット中にチャーハンを食べる際の注意点・デメリット

http://bit.ly/2xrz9SI

お店のチャーハンのカロリーに注意

ダイエット中のチャーハンの注意点として、中華料理屋さんなどのお店のチャーハンのカロリーが挙げられます。

お店は味や風味を良くするために、通常よりも油を多く使用して炒めている場合が多く、自宅で作るよりも高カロリーになってしまっています。

ダイエット中はできるだけ、自宅で作ると低カロリーに抑えることができるのでおすすめです。

ラーメンセットに注意

中華料理屋さんなどに行くと、よくチャーハンとラーメンがセットになったメニューが置いてあることが多いです。

みなさんもご存知の通り、ラーメンは高カロリーな食べ物で、チャーハンと一緒に食べてしまうと、かなり高カロリーになってしまいます。

チャーハンとラーメンの相性は抜群に良いため、ついつい頼んでしまう気持ちはよくわかりますが、ダイエット中は我慢するようにしましょう。

チャーハンのダイエット効果を高めるレシピ・食べ方

http://bit.ly/2xruXSZ

キムチチャーハンで食べる

チャーハンのダイエット効果を高める食べ方として、「キムチチャーハン」で食べる方法がおすすめです。

キムチを使用することで、カロリーが高くなると思う方も多いかもしれません。

確かに、キムチを使用することでカロリーは高くなりますが、キムチに含まれる「カプサイシン」という成分によって脂肪燃焼効果が高まるため、よりダイエットに効果的なメニューになるのです。

レタスチャーハンで食べる

チャーハンのダイエット効果を高める食べ方として、「レタスチャーハン」で食べる方法もおすすめです。

レタスを使用すると良い理由は、レタスがカサ増しになることで、ご飯の量を減らすことができ、結果的に摂取カロリーを抑えることができるためです。

また、レタスには「食物繊維」が豊富に含まれており、食物繊維によって便秘が解消されるため、体に蓄積されてきた老廃物や毒素を排出しやすくなるので、ダイエットに効果的です。

ごま油で炒める

チャーハンのダイエット効果を高める食べ方として、サラダ油ではなくごま油で炒めて食べる方法もおすすめです。

ごま油を使用することでカロリーをカットできるわけではないのですが、ごま油には「オレイン酸」という成分が豊富に含まれており、オレイン酸が血液中のコレステロール値を下げてくれるため、中性脂肪を減らし、肥満の解消をしてくれるのです。

高カロリー・高糖質なチャーハンでも食べ方次第では痩せることができる!

http://bit.ly/2kc6n3b

チャーハンのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介しました。

チャーハンは高カロリーなご飯を高カロリーな油で炒めた料理なので、高カロリーな上に、糖質も高くなっており、ダイエット中は避けられがちです。

しかし、チャーハンに含まれる卵やチャーシュー、ネギなどの具材によるダイエット効果を見込めるので、食べ方次第ではダイエットに効果的なメニューにすることができるのです。

今回は、「キムチチャーハン」や「レタスチャーハン」を紹介しましたが、納豆や小松菜、高菜ダイエット効果のある食材を使用して、ダイエットメニューを自分で考えて作るのもおすすめです。

ダイエット中にチャーハンを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、ダイエット効果を高める食べ方を実践して食べてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集