s_001r

オムライスのカロリー・糖質は?意外なダイエット効果と痩せる食べ方

オムライスは高カロリーな食材をたくさん使用しているので、高カロリー・高糖質な料理です。しかし、オムライスにもダイエット効果があるので、食べ方次第では痩せることも可能です。今回は、オムライスのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なオムライスでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2v9JamN

最近では、ポムの樹や北極星、たいめいけんなどオムライスを食べれるお店が増えてきて、ふわふわとろとろの食感が絶品の料理です。

そんなオムライスは、バターを使用した卵を使ったオムレツでトマトケチャップで味付けしたチキンライスを包んだ料理で、高カロリー・高糖質になっています。

オムライスは高カロリー・高糖質なので、一般的にはダイエットには向かないと言われていますが、実はオムライスにもダイエット効果が含まれているので、食べ方次第では痩せることが可能とも言われているのです。

今回は、オムライスのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

オムライスのカロリーは?

http://bit.ly/2wzhiff

オムライスのカロリーは、作り方やレシピ、具材によって異なりますが、1人前あたり平均的に「約587kcal」で、100gあたりに換算すると「約162kcal」と、高カロリーな食べ物です。

オムライス以外の食べ物のカロリー(100あたり)

  • ご飯:約168kcal
  • スクランブルエッグ:約179kcal
  • チャーハン:約181kcal

このように比較してみると、オムライスはさほどカロリーが高くないというイメージを持たれがちですが、全食品で見るとオムライスは十分高カロリーと言うことができます。

さらに、オムライスにはケチャップやソースをかけて食べるので、種類によっては一気にカロリーが高くなるということもあるので注意するようにしましょう。

オムライスの糖質量は?

http://exci.to/2wzhKKI

オムライスの糖質量は、作り方やレシピ、具材によって異なりますが、1人前あたり平均的に「約83g」で、100gあたりに換算すると「約23g」ほどと大変高糖質です。

オムライス以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ご飯:約36.8g
  • スクランブルエッグ:約1.2g
  • チャーハン:約29.9g

このように比較してみても、オムライスの糖質量が高いということがわかります。

高糖質なご飯やケチャップなどがメインに使用されているので、その分オムライスは高糖質になっているのです。

オムライスのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2g1mAtQ

卵のたんぱく質が代謝を高めてくれる

オムライスに使用される卵には、「たんぱく質」が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体の筋肉の生成を促してくれる働きがあると言われており、良質筋肉作りをサポートしてくれる成分です。

体で良質な筋肉が作られることで、体の基礎代謝がアップし、1日における消費カロリーを高くすることができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

トマトケチャップのリコピンがコレステロール値を下げてくれる

オムライスのチキンライスに使用されるトマトケチャップには、トマト由来の成分である「リコピン」という成分が豊富に含まれています。

このリコピンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、血液中のコレステロール値が下がることで、中性脂肪も減らすことができるので、ダイエットに効果的な成分と言われています。

トマトケチャップの食物繊維が便秘を解消してくれる

オムライスに使用されるトマトケチャップには、「食物繊維」も豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という便秘を解消してくれる働きがあり、その結果ダイエットの大敵である便秘を解消してくれます。

食物繊維によって便秘が解消されると、今まで体に蓄積されてきた老廃物や毒素を排出しやすくなるので、デトックス効果を期待することができ、より痩せやすい体を作ってくれる素になるのです。

ダイエット中のオムライスの注意点・デメリット

http://bit.ly/2wsQNJ7

ソースのカロリーに注意

オムライスを食べる際に、デミグラスソースやホワイトソースなどの高カロリーなソースをかけて食べることも多いと思います。

もともと高カロリーなオムライスをより高カロリーにしてしまうことに繋がるので、注意するようにしましょう。

また、ソースに含まれる塩分には、食欲を増進したり、体をむくませる原因にもなるので、塩分量にも注意してあげると良いでしょう。

使用する卵の量に注意

中には、オムライスにたくさんの量の卵を使用する方もいらっしゃいます。

しかし、卵にもカロリー含まれていますし、何と言ってもコレステロール値が高い食品としても有名です。

卵はコレステロール値が高いため、食べ過ぎてしまうと動脈硬化などの深刻な病気の原因になったり、肥満の原因になったりします。

卵は成人の方で、1日に2個までが適量とされているので、摂取量を守るようにしましょう。

オムライスのダイエット効果を高める食べ方

http://bit.ly/2v1TOA5

チキンライスの鶏肉の量を減らし、その分玉ねぎの量を増やす

オムライスのダイエット効果を高める食べ方として、チキンライスの鶏肉の量を減らし、その分玉ねぎの量を増やすという方法がおすすめです。

鶏肉はお肉の中では低カロリーに分類されますが、あくまでもお肉の中では低カロリーということであり、全食品で見ると高カロリーと言え、オムライスのカロリーを引き上げている原因になります。

そのことから、鶏肉の量を減らし、その分玉ねぎの量を増やすことで、満足感はそのままに低カロリーなチキンライスにすることができます。

また、玉ねぎには「ケルセチン」という成分が豊富に含まれており、ケルセチンの働きによってコレステロール値を下げてくれるというダイエット効果も期待することができるのです。

ソースではなくケチャップをかけて食べる

先ほど、デミグラスソースやホワイトソースは高カロリーなため、オムライスのカロリーをより高くしてしまうと紹介しましたが、そこでケチャップをかけて食べる方法がおすすめです。

ケチャップは、それらのソースよりも低カロリーなため、オムライスによる摂取カロリーを抑えることができ、ダイエットに効果的です。

高カロリー・高糖質なオムライスでも食べ方次第では痩せれる!

オムライスのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、オムライスは卵やバター、ご飯、鶏肉などの具材をたくさん使用しているので、高カロリー・高糖質な料理です。

一見すると、オムライスはダイエットには向いていないと思われがちですが、具材由来のダイエット効果も含まれているので、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中ほど、オムライスのような高カロリーな食べ物を食べたくなるものです。

そこで高カロリーだからといって食べるのを我慢してしまうと、ストレスで反対に太る原因になるので、高カロリーだからといって諦めるのではなく、食べ方を工夫して食べれば良いのです。

ダイエット中にオムライスを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「チキンライスの鶏肉の量を減らし、その分玉ねぎの量を増やす」、「ソースではなくケチャップをかけて食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集