protein-timing-1st-e1460765673147

プロテインのカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい飲み方

プロテインは体を鍛える目的だけではなく、ダイエットにも用いることができると言われています。プロテインは低カロリー・低糖質ですが、太る要素もあり、摂取の仕方次第では太る原因にも。プロテインのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める摂取の仕方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーなプロテインでも飲み方次第では太る?

http://bit.ly/2ujCRfQ

プロテインと聞くと、体を鍛える方が愛用するというイメージをお持ちの方も多いのですが、実はプロテインはダイエットをする方にも適しているのです。

プロテインは低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も豊富に含まれているので、ダイエット向きですが、太る要素もあり飲み方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。

今回は、プロテインに含まれているカロリーや糖質、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める飲み方などを紹介します。

プロテインのカロリーは?

http://bit.ly/2vJMTLD

メーカーや商品、味によって異なってくるため差がありますが、1食分「約100kcal」前後のものが多く、比較的低カロリーと言うことができます。

商品の特徴によってバラつきは見られますが、豆乳や牛乳で割って飲んでも「約200kcal」未満で、ダイエット中に嬉しい低カロリーとなっています。

プロテイン以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 牛肉:約250kcal
  • 豚肉:約242kcal
  • 鶏肉:約233kcal

プロテインのダイエット効果として、たんぱく質が豊富と言う点が挙げられますが、同じくたんぱく質を豊富に含んでいる牛肉や豚肉、鶏肉のカロリーと比較しましたが、このように比較してみてもプロテインの糖質量が低いということがわかります。

プロテインの糖質量は?

http://bit.ly/2vgfMMm

ダイエットでは、カロリーの他に糖質にも気を付けなければいけません。

商品によって差はありますが、一般的なものでは1食あたりの糖質は「1~7g」のものが多いようです。

プロテイン以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • 牛肉:約0.1g
  • 豚肉:約0.1g
  • 鶏肉:約0.1g

このように他のたんぱく質が豊富な肉類と比較すると、プロテインは高糖質ですが、全食品で比べると、プロテインは十分低糖質と言うことができます。

プロテインのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2uB9QvL

たんぱく質が代謝をアップしてくれる

プロテインには、「たんぱく質」が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあり、良質な筋肉作りをサポートしてくれる成分なのです。

筋肉が作られることとダイエットにどんな関係があるのか疑問に思われる方も多いと思いますが、筋肉には体の基礎代謝をアップしてくれる働きがあり、1日の消費カロリーを高くし、痩せやすい体を作ることができるのです。

腹持ちが良い

プロテインは腹持ちが良いというのもダイエットにおけるメリットです。

プロテインを飲むと、すぐにお腹が空くということを防げ、その結果食事や間食の量を減らすことができるので、太りにくくすることができるのです。

また、プロテインは満腹感があるとも言われており、少量のプロテインで満腹感を得ることができるので、よりダイエット効果が高まるのです。

プロテインの注意点・デメリット

http://bit.ly/2uB1JiM

飲み過ぎるとお腹を壊し、太りやすくなる

ダイエット中のプロテインの注意点として、プロテインを飲み過ぎるとお腹を壊し、下痢になってしまうという点が挙げられます。

ダイエット中に下痢をしてしまうと、太りやすい体を招く原因になってしまうので、ダイエット中に限らず、プロテインの飲み過ぎに注意するようにしましょう。

飲み過ぎるとたんぱく質が体脂肪になってしまう

先ほど、たんぱく質はダイエットに効果的と紹介しましたが、あくまでも適量摂取して場合の話であり、摂取し過ぎてしまうと、たんぱく質が体脂肪になってしまうというデメリットもあります。

筋肉が作られるのを助けてくれるたんぱく質が反対に、体脂肪になってしまうとは驚きですが、そういった点でもプロテインの飲み過ぎには注意するようにしましょう。

プロテインのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2vJM8lZ

筋トレをする

プロテインのダイエット効果を高める方法として、筋トレをプラスして行う方法がおすすめです。

先ほど、プロテインに含まれるたんぱく質には、体の筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると紹介しましたが、ここに筋トレを加えることでより筋肉がつきやすくなり、その結果筋トレをしない時よりも体の基礎代謝がアップし、より痩せやすい体を作ることができるのです。

牛乳に混ぜて飲む

プロテインのダイエット効果を高める方法として、プロテインを牛乳に混ぜて飲む方法もおすすめです。

なぜ、水ではなく牛乳が良いかというと、牛乳には「カルシウム」が豊富に含まれており、このカルシウムには摂取された脂肪分が体に吸収されるのを抑えてくれる働きがあるためです。

牛乳からカルシウムを摂取することで、体に脂肪がつきにくくなるので、牛乳に混ぜて飲む方法がおすすめです。

低カロリーなプロテインでも飲み方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2wgCFOW

プロテインは、低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果が豊富に含まれているので、ダイエット向きと言えます。

プロテインはたんぱく質が豊富なので、筋トレと合わせてプロテインを摂ることで、健康的で美しく痩せられるので、ダイエット中の方には嬉しいです。

普段から筋トレをしつつ、プロテインを牛乳に混ぜて飲むと、ダイエット効果が高まり、より痩せやすくなるので、是非実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…