0006022202F5_740x555y

漬物のカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい太る食べ方

漬物は低カロリー・低糖質な上に、野菜由来のダイエット効果も豊富で、ダイエット向きの食材です。しかし、そんな漬物にも太る要素が含まれており、食べ方次第では太る原因にもなります。今回は、漬物のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーな漬物でも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2usiEnA

漬物は日本古来から保存食として重宝されてきて、おかずやお酒のおつまみなど様々な食べ方がある食材です。

漬物は野菜メインなので、カロリーや糖質は低いものが多く、さらに、漬物には野菜のビタミンやミネラル、発酵によって乳酸菌も豊富で、ダイエットの強い味方になってくれると言われています。

しかし、そんな漬物にも太る要素が含まれており、食べ方次第では太る原因にもなるので、注意が必要です。

今回は、漬物のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

漬物のカロリーは?

http://bit.ly/2uspR6W

漬物と言っても、その種類も様々です。地域によってよく食べられているものも異なりますし、低カロリーなものを知っておくことがダイエットを成功させる鍵となります。

種類別の漬物のカロリー(100gあたり)

  • 白菜の塩漬け:約16kcal
  • たくあん:約27kcal
  • きゅうりの塩漬け:約16kcal
  • きゅうりのぬか漬け:約19kcal
  • 奈良漬け:約157kcal
  • 福神漬け:約136kcal

各家庭のレシピや、市販のものでも使われている野菜の種類などにより多少の差はありますが、塩漬けやぬか漬け、浅漬けには低カロリーなものが多いです。

しかし、中には奈良漬けや福神漬けのように高カロリーな漬物もあります。

麹や酒粕を使った漬物はカロリーが高めな傾向があり、漬物なら全てカロリーが低いというわけにはいきませんので、買う時にはカロリーをチェックすることをおすすめします。

漬物の糖質量は?

http://bit.ly/2ucxnYh

漬物は糖質というより塩分が多いイメージですが、カロリー同様漬け方によっては、高糖質なものもあります。

種類別の漬物の糖質量(100gあたり)

  • 白菜の塩漬け:約1.6g
  • たくあん:約1.8g
  • きゅうりの塩漬け:約2.4g
  • きゅうりのぬか漬け:約4.7g
  • 奈良漬け:約38.4g
  • 福神漬け:約29.4g

こちらもレシピなどにより違いはありますが、塩漬けやぬか漬けは糖質が低めです。

塩と野菜がメインなので、糖質よりもむしろ塩分が気になります。

また、奈良漬け、福神漬けは砂糖を使うので糖質が高めになり、ダイエット中は気をつけたい食品です。

他にも甘酢を使ったらっきょう漬けや辛子漬けわさび漬けなども糖質が高めになります。

漬物のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2vqCKDc

加熱しないので栄養分を壊すことなく摂取できる

ダイエット中の漬物のメリットとして、加熱しないため野菜本来の栄養分を壊すことなく摂取できるという点が挙げられます。

野菜に含まれるビタミンやミネラルなどのダイエット成分は熱に弱いものが多く、火を通して調理すると壊れてしまう、ダイエット効果が半減してしまうということに繋がります。

しかし、漬物は熱を加えないため、ダイエット効果をそのまま受けることができ、ダイエット効果が高まると言われています。

食物繊維や乳酸菌が便秘を解消してくれる

漬物は、野菜にもともと含まれている「食物繊維」や、発酵させることで発生する「乳酸菌」といった成分による便秘解消効果を期待することができます。

食物繊維や乳酸菌によって、腸内環境が整えられ、便秘を解消することができるので、体に溜まった老廃物や毒素を排出しやすくなる、デトックス効果を期待することができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

腹持ちが良い

漬物は腹持ちが良い食べ物と言われています。

漬物は腹持ちが良いため、食べると長時間空腹になることがなくなるので、食事や間食の量を減らせ、その結果1日における摂取カロリーを抑えることができるので、ダイエットに効果的な食材です。

漬物の注意点・デメリット

http://bit.ly/2uadCMQ

漬物の塩分量に注意

ダイエット中の漬物の注意点として、塩分量が非常に多いという点が挙げられます。

もともと漬物は、塩によって野菜を長期間保存できるようにするために作られたものであり、それだけ塩分量が多いということです。

ここで漬物を食べ過ぎてしまうと、体内の塩分濃度が高くなり、その結果食欲を増進してしまったり、体にむくみを生じさせる原因などになるので、注意するようにしましょう。

調味料やご飯、お酒などのカロリーに注意

漬物を食べる際に、調味料をかけて食べたり、ご飯のおかずとして食べる方も多いと思います。

また、漬物は居酒屋などでも定番のメニューで、お酒のおつまみとして食べる方もいらっしゃるのですが、調味料やご飯、お酒にもカロリーが含まれているということを忘れてはいけません。

漬物は低カロリーですが、調味料やご飯、お酒などにも気をつけないと高カロリーになってしまうので、注意するようにしましょう。

漬物のダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2wfPKco

塩漬けやぬか漬けなどの低カロリーな漬物を選ぶ

漬物のダイエット効果を高める食べ方として、塩漬けやぬか漬けなどの低カロリーな種類を選ぶ方法がおすすめです。

反対に奈良漬や福神漬けは、砂糖を使用しているため高カロリーになってしまっているので、できるだけ選ばないようにしましょう。

減塩タイプを選んだり、塩分控えめの漬物を漬ける

漬物のダイエット効果を高める食べ方として、減塩タイプの商品を選んだり、塩分控えめの漬物を漬けるという方法もおすすめです。

コンビニやスーパーなどには、塩分量が少なめの減塩タイプの商品が売られています。

また、自宅で作る際は塩分量を控えめにして作るなどの工夫をすることで、食欲を増進しにくくなったり、むくみを生じにくくさせることができるので、おすすめです。

低カロリーな漬物でも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2wgCFOW

漬物のカロリー・糖質量を紹介しました。

漬物は、カロリーや糖質が低く、野菜の栄養を余すことなく摂取でき、ダイエットだけではなく健康や美容にも良いと言われています。

日頃の食生活に積極的に取り入れたいですが、「塩分量が多い」、「調味料やご飯、お酒のカロリーがプラスされる」などの太る要素もあるので、食べ方次第では太るので、注意が必要です。

ダイエット中に漬物を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「塩漬けやぬか漬けなどの低カロリーな漬物を選ぶ」、「減塩タイプを選んだり、塩分控えめの漬物を漬ける」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…