img-prod-main-31

卵豆腐のカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい太る食べ方

卵豆腐は、低カロリー・低糖質な上にダイエット効果も豊富なので、ダイエットに用いることができる食材ですが、太る要素も含まれており、食べ方次第では太る原因にもなります。今回は、卵豆腐のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーな卵豆腐でも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2v1WFqP

卵豆腐は、出し汁と鶏卵を混ぜ合わせたものを、蒸し固めた食べ物のことで、見た目が豆腐に似ていることからこの名前がつけられたと言われています。

そんな卵豆腐は、昔から日本の食卓で親しまれており、低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も含まれているので、ダイエットの際にも用いることができる食材です。

しかし、卵豆腐にも太る要素が含まれているので、食べ方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。

今回は、卵豆腐のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

卵豆腐のカロリーは?

http://bit.ly/2u6V6VQ

卵豆腐100gあたりのカロリーは、「約79kcal」と低カロリーです。

卵豆腐以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • 茶碗蒸し:約97kcal
  • 豆腐:約56kcal

卵豆腐は、豆腐と比べると高カロリーですが、全食品の中で比べると、非常に低カロリーになっています。

卵豆腐は、だし汁と卵をメインに使用しているため、低カロリーに仕上がっているのです。

卵豆腐の糖質量は?

http://bit.ly/2pxW2Uy

卵豆腐100gあたりの糖質量は、「約0.1g」と非常に低糖質です。

卵豆腐以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • 茶碗蒸し:約7.6g
  • 豆腐:約1.2g

このように比較してみても、卵豆腐の糖質量がずば抜けて低いということがわかります。

原料の卵には糖質がほとんど含まれていないため、卵豆腐はこのように低糖質になっているのです。

卵豆腐のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2v2vkoo

ビタミンB群が糖質や脂質の代謝を促してくれる

卵豆腐には、「ビタミンB群」というビタミンが豊富に含まれています。

このビタミンB群には、摂取された糖質や脂質の代謝を促してくれる働きがあり、ダイエットに非常に効果的な成分と言われています。

本来、糖質や脂質を摂取すると、体に体脂肪として蓄積され、太る原因になるのですが、ビタミンB群を摂取することで、糖質や脂質が脂肪になる前に体外に排出されるので、太りにくい体を作ることができるのです。

たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

卵豆腐には、「たんぱく質」が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、体で筋肉が作られると、体の基礎代謝を高めることができ、痩せやすい体を作れるのです。

筋肉というと、体重を重くするイメージがあり、ダイエット中は敬遠されがちなのですが、ダイエット中こそ、適量の筋肉をつけることが重要なのです。

カルシウムが脂肪吸収を抑えてくれる

卵豆腐には、「カルシウム」も豊富に含まれています。

カルシウムというと、歯や骨の強化、イライラの解消効果などのイメージが先行し、ダイエット効果があることはあまり知られていないのですが、カルシウムには摂取された脂肪分が体に吸収されるのを抑えてくれる働きがあり、ダイエットにも効果がある成分なのです。

卵豆腐の注意点・デメリット

http://exci.to/2vvdM5j

タレのカロリーに注意

卵豆腐の食べ方として、タレをかけて食べる方法が一般的ですが、このタレにもカロリーが含まれているということを忘れてはいけません。

ここで、タレをかけ過ぎてしまうと、せっかく低カロリーな卵豆腐が高カロリーになってしまう原因になります。

ダイエット中は、タレをかけないようにしたり、かける量を減らすなどの工夫が必要です。

腹持ちが悪い

ダイエット中の卵豆腐のデメリットとして、腹持ちが悪いという点が挙げられます。

卵豆腐は腹持ちが悪いため、食べてもすぐにお腹が空いてしまい、結果的に食事や間食の量が増えてしまい、太ってしまうということに繋がります。

ダイエット中は、食事や間食の量を増やさないように注意しましょう。

1日1食炭水化物と置き換えるとダイエット効果が高まる

http://bit.ly/2vvceIu

卵豆腐のダイエット効果を高める食べ方として、1日1食炭水化物と置き換える方法がおすすめです。

普段食べている、ご飯やパン、麺類などの炭水化物と卵豆腐を置き換えることで、カロリーを大幅にカットすることができるのです。

ただし、毎食と置き換えてしまうと、栄養バランスが偏ってしまい、太りやすい体を作る原因になるので注意が必要です。

低カロリーな卵豆腐でも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2wgCFOW

卵豆腐のカロリー・糖質量を紹介しました。

卵豆腐は低カロリーで糖質量も少ない上に、ダイエット効果も豊富なので、ダイエット食品としてとても向いています。

普段の食事と置き換えると、摂取カロリーの大幅な減少につながりますし、栄養素が豊富なので食事制限による栄養失調も避けることが可能です。

付属のタレは付けずにくれぐれも食べすぎに注意してダイエット食品として活用することをおすすめします。

ダイエット中に卵豆腐を食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「1日1食炭水化物と置き換える」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…