file251272828278

カフェラテのカロリー・糖質は?ダイエット向きの飲み物に変えるコツ

カフェラテは、カフェや喫茶店で定番の飲み物です。カフェラテは牛乳を多く使用しているので高カロリー・高糖質ですが、ダイエット効果もあり、飲み方次第では痩せることもできます。今回は、カフェラテのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める飲み方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなカフェラテでも飲み方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2vrO96a

カフェラテは、エスプレッソと牛乳を2:8で混ぜた飲み物のことで、カフェや喫茶店に行っても、定番のメニューです。

そんなカフェラテは、牛乳を多く使用しているので、カロリーは高めになっていて、ダイエットに不向きと思われがちなのですが、ダイエット効果も含まれており、飲み方次第では痩せることもできると言われています。

今回は、カフェラテのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める飲み方などを紹介します。

カフェラテのカロリーは?

http://exci.to/2vrq13r

カフェラテのカロリーはカップ1杯(240g)で「約168kcal」と飲み物にしては比較的高カロリーです。

カフェラテ以外の飲み物のカロリー(カップ1杯240gあたり)

  • カフェオレ:約128kcal
  • カプチーノ:約74kcal
  • カフェモカ:約242kcal

このように比較してみても、カフェラテのカロリーが高いことがわかります。

カフェラテは、エスプレッソと牛乳が2:8の割合で、低カロリーなエスプレッソが少なく、高カロリーな牛乳が多いので、高カロリーになってしまうのです。

さらに、ここに砂糖やガムシロップなどを加えるとより高カロリーになってしまいます。

カフェラテの糖質量は?

http://bit.ly/2uixNrs

カフェラテの糖質量は、カップ1杯(240g)あたり「約7.8g」と飲み物にしては比較的高糖質です。

カフェラテ以外の飲み物の糖質量(カップ1杯240gあたり)

  • カフェオレ:約5.4g
  • カプチーノ:約7g
  • カフェモカ:約17g

このように比較してみても、カフェラテの糖質量が高いということがわかります。

これは、高糖質な牛乳を多く使用しているため、このような数値になっていると言われています。

カフェラテのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2uY0Pyu

腹持ちが良い

ダイエット中のカフェラテのメリットとして、まず腹持ちが良いと言う点が挙げられます。

カフェラテには、牛乳が使用されているため、脂質が適量含まれており、腹持ちが良くなっています。

腹持ちが良いということは、長時間お腹が空かなくなるので、食事や間食の量を減らすことができ、摂取カロリーをカットすることができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

カルシウムが脂肪吸収を抑えてくれる

カフェラテに使用される牛乳には、「カルシウム」が豊富に含まれています。

このカルシウムには、摂取された脂肪分の吸収を抑えてくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果的な成分です。

脂肪分は体に体脂肪として蓄積されるのですが、カルシウムを摂取することで、体に体脂肪がつきにくくなるのです。

カフェインが脂肪燃焼を促してくれる

カフェラテに使用されるエスプレッソには、「カフェイン」という成分が含まれています。

このカフェインには、ダイエットに大敵である体脂肪の燃焼を促してくれる効果があると言われており、ダイエットに非常に高い役割を果たしてくれるのです。

カフェラテの注意点・デメリット

http://bit.ly/2vhGl6u

砂糖やガムシロップのカロリーに注意

ダイエット中のカフェラテの注意点として、砂糖やガムシロップのカロリーが挙げられます。

カフェラテに砂糖やガムシロップを入れることで、もともと高カロリーなカフェラテがより高カロリーになってしまうので、注意が必要です。

ダイエット中は「砂糖やガムシロップを使用しない」、「使用する量を少なくする」などの工夫をすることが必要です。

市販のカフェラテに注意

ダイエット中は市販のカフェラテにも注意が必要です。

コンビニやスーパー、自走販売機などで売られているカフェラテは、砂糖やガムシロップなどの甘味料や食品添加物などが普通のカフェラテよりも多く使用されているものが多いです。

そのため、カロリーや糖質が引き上げられていたり、添加物によって太りやすい体を作ってしまったりします。

ダイエット中はできるだけ、カフェや喫茶店などのお店で飲むか、自宅で作るようにすると、太りにくくすることが可能です。

カフェラテのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2f7B8HI

ホットカフェラテで飲む

カフェラテのダイエット効果を高める飲み方として、ホットカフェラテで飲む方法がおすすめです。

カフェラテをアイスではなくホットで飲むことで、体が温められ、その結果体の働きが活発になり、代謝を高めることができ、痩せやすい体を作ることができるためです。

無糖、低脂肪乳で飲む

カフェラテのダイエット効果を高める飲み方として、無糖のコーヒーを使用し、牛乳は低脂肪乳を使用する方法もおすすめです。

紹介した方法を実践することで、カロリーや糖質を最大限にカットすることができるので、より痩せやすくすることができるのです。

高カロリーなカフェラテでも飲み方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2wgCFOW

カフェラテのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、カエフェラテは高カロリー・高糖質なのでダイエットには向いていないと思われがちですが、コーヒーや牛乳由来のダイエット効果も含まれており、飲み方次第では痩せることもできると言われています。

ダイエット中にカフェラテを飲む場合は、今回紹介した注意点をよく守り、「ホットで飲む」、「無糖、低脂肪乳で飲む」などのダイエット効果を高める飲み方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…