20140211_sake1

日本酒のカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい太る飲み方

日本酒はお酒の中でも低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も豊富に含まれているので、ダイエット向けのお酒ですが、太る要素もあるので、飲み方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。今回は日本酒のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める飲み方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーな日本酒でも飲み方次第では太る?

http://bit.ly/2hlM5Gu

日本酒は、日本原産のお酒であり、日本人だけでなく海外の方からも多く飲まれているお酒です。

そんな日本酒は低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も豊富に含まれており、ダイエット向きのお酒と言うことができます。

しかし、そんな日本酒にも太る要素が含まれているので、飲み方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。

今回は、日本酒のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める飲み方などを紹介します。

日本酒のカロリーは?

http://bit.ly/2uUxu9W

ダイエットを考える上で最も気にかかるのはカロリーです。

日本酒100gあたりのカロリーは、「約109kcal」と言われています。

一合は180gなので、この場合には「約196kcal」です。

日本酒以外のお酒のカロリー(100gあたり)

  • ワイン:約73kcal
  • ビール:約40kcal
  • 焼酎:約206kcal
  • ウイスキー:約237kcal

このように比較してみると、一見日本酒のカロリーは高いと思われがちですが、日本酒はアルコール度数が高いため、飲む量が少なく、そういった点で結果的にビールなどよりも摂取カロリーが少なくなるので、ダイエット向きのお酒なのです。

日本酒の糖質量は?

http://bit.ly/2tYjTvl

日本酒100gあたりの糖質量は、「約4.9g」ほどと言われています。

日本酒以外のお酒の糖質量(100gあたり)

  • ワイン:約1.5g
  • ビール:約3.1g
  • 焼酎:0g
  • ウイスキー:0g

このように比較してみると、日本酒の糖質量は高いと思われがちですが、先ほども紹介したように日本酒は飲む量が少なくなるため、そう考えると低糖質と言うことができるのです。

日本酒のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2hmfCjq

アミノ酸が脂肪の分解を促してくれる

日本酒には、「アミノ酸」という成分が豊富に含まれています。

このアミノ酸には、脂肪分解酵素である「リパーゼ」という成分の働きを活発化させる効果があり、その結果脂肪が分解・排出されやすい体を作ることができるのです。

エンプティカロリーなので体に脂肪がつかない

日本酒のカロリーは、エンプティカロリーと言って、「気にしなくて良いカロリー」と言われています。

日本酒に含まれるカロリーは、体に脂肪として蓄えられないので、日本酒を飲んでも太りにくいのです。

日本酒を飲むことで体温が上昇し、体が赤くなりますが、このように体温を上昇させることで、日本酒から摂取したカロリーを消費してしまうので、体に脂肪がつかないのです。

アルコールによって体温が上がり、基礎代謝がアップする

日本酒を飲んだら体が熱くなったという経験をしたことのある方も多いと思います。

日本酒を飲んで体温が上がることで、体の働きが活発になり、その結果体の基礎代謝をアップすることができるので、1日における消費カロリーをカットすることができるので、痩せやすい体になることができるのです。

日本酒の注意点・ダイエット的なデメリット

http://bit.ly/2u2qkkN

おつまみのカロリーに注意

日本酒と一緒におつまみを食べるという方も多いと思いますが、この時おおつまみのカロリーに注意が必要です。

肉類や揚げ物などの高カロリーなおつまみを選んでしまうことで、せっかく低カロリーで脂肪にならない日本酒が高カロリーになってしまい、体に脂肪がついてしまう原因になります。

日本酒を飲むと、おつまみが進んでしまうということも踏まえて、ダイエット中はできるだけ低カロリーなおつまみを選ぶようにしましょう。

飲み過ぎると肝臓に負担をかけ、基礎代謝が落ちる

お酒を飲み過ぎると、アルコールを分解する役割を持つ肝臓に負担をかけてしまい、その結果体の基礎代謝が落ち、太りやすい体を招く原因になります。

特に日本酒はアルコールの度数が高いため、肝臓に負担をかけやすいので、量を控えて飲むようにしましょう。

日本酒のダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2ui8yW9

熱燗で飲む

日本酒のダイエット効果を高める飲み方として、熱燗で飲む方法がおすすめです。

もともと日本酒には体を温めてくれる働きがあるのですが、日本酒を温めた熱燗で飲むことで、より体が温まりやすくなるので、基礎代謝をアップしやすくなり、より痩せやすい体を作ることができます。

また、熱燗だと熱いため、飲むスピードが遅くなり、飲み過ぎてしまうということを防ぐことができるのです。

最初に飲む量の上限を決めておく

日本酒は飲んでいるうちに、ついつい思っていたよりも飲み過ぎてしまうということが起こりやすいお酒です。

そのことから、最初に飲む量の上限を決めておくようにしましょう。

上限を決めておくことで、ついつい飲み過ぎてしまい、泥酔してしまい、体の基礎代謝を落とすということを防げるようになります。

低カロリーな日本酒でも飲み方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2wgCFOW

日本酒のカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、日本酒は低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果も豊富に含まれているので、ダイエットに向いていると言われているお酒です。

しかし、そんな日本酒にも良い点だけでなく、太る要素も含まれているので、飲み方次第では太る原因になるので注意が必要です。

ダイエット中に日本酒を飲む際は、今回紹介した注意点をよく守り、「熱燗で飲む」、「最初に飲む量の上限を決めておく」などのダイエット効果を高める飲み方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集