20170427214627

カマンベールチーズのカロリー・糖質は?ダイエット向きに変える食べ方

カマンベールチーズはチーズの一種のため、やはり高カロリーでダイエットに不向きと思われがちですが、ダイエット効果もあるため、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。カマンベールチーズのダイエット効果・注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなカマンベールチーズでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2u470Pw

カマンベールチーズとは、表皮が白カビで覆われた柔らかな食感が特徴的なチーズのことです。

カマンベールチーズは、チーズの一種のため、高カロリーで一見ダイエットには向いていないと思われがちですが、チーズ由来のダイエット効果もあり、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

今回は、カマンベールチーズのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエットにおける注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

カマンベールチーズのカロリーは?

http://bit.ly/2tOWpwt

カマンベールチーズのカロリーは、100gあたり「約310kcal」となっています。

これだけではカロリーは高いのか低いのかわかりにくいので、他のチーズの100gあたりのカロリーも見てみましょう。

カマンベールチーズ以外のチーズのカロリー(100gあたり)

  • カッテージチーズ:約100kcal
  • プロセスチーズ:約339kcal
  • モッツァレラチーズ:約250kcal
  • クリームチーズ:約350kcal
  • マスカルポーネチーズ:約434kcal
  • チェダーチーズ:約420kcal
  • ゴーダチーズ:約380kcal

他のチーズと比較すると、カッテージチーズほど低カロリーではありませんが、チーズの中ではカロリーが低い方となっています。

ただし、あくまでも高カロリーなチーズの中で比較した場合の話であり、全食品で比較すると十分高カロリーと言うことができます。

カマンベールチーズの糖質量は?

http://bit.ly/2vdmxBz

カマンベールチーズの糖質量は、100gあたり「約0.9g」となっています。

わかりやすいように他のチーズの100gあたりの糖質量と比較してみましょう。

カマンベールチーズ以外のチーズの糖質量(100gあたり)

  • カッテージチーズ:約1.9g
  • プロセスチーズ:約1.3g
  • モッツァレラチーズ:約4.2g
  • クリームチーズ:約2.3g
  • マスカルポーネチーズ:約4.5g
  • チェダーチーズ:約1.4g
  • ゴーダチーズ:約1.5g

このように比較してみても、カマンベールチーズの糖質量は低いということがわかります。

チーズ自体低糖質なのですが、その中でもカマンベールチーズは特に低糖質なので、糖質制限ダイエットに向いているチーズと言うことができます。

カマンベールチーズのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2vdCJCV

たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

カマンベールチーズには、「たんぱく質」が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのをサポートしてくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に有効な成分なのです。

体で筋肉が作られると、体の基礎代謝をアップしてくれるので、1日の消費カロリーを高くすることができ、痩せやすい体を作ることができます。

ダイエット中に筋肉をつけるのは避けられがちなのですが、ダイエット中こそ適量の筋肉をつけることが重要と言われています。

カマンベールチーズの脂肪分は太りにくい

カマンベールチーズの脂肪は太りにくいとされています。

チーズは「ビタミンB2」を多く含んでおり、このビタミンB2には摂取された脂肪の代謝を促してくれる働きがあるため、チーズの乳脂肪が消化過程で分解されやすく、体内に蓄積されにくいのです。

チーズの中でも特に、カマンベールチーズはビタミンB2が豊富で、決して低カロリーではありませんが食べたとしても太りにくいのです。

腹持ちが良い

カマンベールチーズには、腹持ちが良く食べ過ぎを防止する効果もあります。

チーズは高タンパクかつ少しの量で適量の脂質を摂取でき、腹持ちが良いため、食事や間食の量を減らすことができ、摂取カロリーをカットすることができます。

カマンベールチーズは他のチーズと比べて濃厚な味なので、満足感も高いです。

カマンベールチーズの注意点・デメリット

http://bit.ly/2eToewT

塩分量に注意

カマンベールチーズは、チーズの中でも特に塩分量が多いと言われています。

塩分を摂取し過ぎて、体内で塩分濃度が高くなると、食欲を増進してついつい食べ過ぎてしまったり、体にむくみを生じさせる原因になるので、塩分の摂り過ぎには注意するようにしましょう。

お酒のカロリーに注意

カマンベールチーズは、ワインなどのお酒との相性も良く、お酒のおつまみとして食べられることも多いです。

しかし、お酒にもカロリーが含まれており、高カロリーなチーズがより高カロリーになってしまうということに繋がるので、お酒のカロリーにも注意するようにしましょう。

カマンベールチーズのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2h7Vd1m

野菜サラダに混ぜて食べる

カマンベールチーズのダイエット効果を高める食べ方として、カマンベールチーズを野菜サラダに混ぜて食べる方法がおすすめです。

野菜に豊富に含まれている「食物繊維」は、腸内環境を整えて便秘を解消してくれる働きがあるのですが、この食物繊維はカマンベールチーズには含まれていません。

この食物繊維を摂取するために、カマンベールチーズをサラダに混ぜて食べるとより高いダイエット効果を発揮してくれるのです。

食前に食べる

カマンベールチーズのダイエット効果を高める食べ方として、カマンベールチーズを食前に食べる方法もおすすめです。

先ほど紹介したように、カマンベールチーズは腹持ちが良い食材であり、食前にカマンベールチーズを食べることで、カマンベールチーズである程度満腹感を出せ、その結果その後の食事や間食の量を減らすことができるので、より痩せやすくなるのです。

高カロリーなカマンベールチーズでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2nCCduw

カマンベールチーズのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、カマンベールチーズは高カロリーですが、低糖質な上にダイエット効果を豊富に含んでいるので、食べ方次第では痩せることも可能な食材です。

カマンベールチーズは、ダイエットだけでなく美容や健康にも効果が期待できるので、上手に食生活に取り入れたい食べ物です。

ダイエット中にカマンベールチーズを食べる際は、今回紹介した注意点を守り、「野菜サラダに混ぜて食べる」、「食前に食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…