Still life with wine bottles

ワインのカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい太る飲み方

ワインはお酒の中でも低カロリー・低糖質でダイエット向きの飲み物ですが、太る要素もあり、飲み方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。今回は、ワインのカロリー・糖質量、ダイエット効果、ダイエットにおける注意点、ダイエット効果を高める飲み方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーなワインでも飲み方次第では太る?

http://bit.ly/2v2jn2R

アルコール飲料の中でも世界中で親しまれていて高級感もあるのがワインですが、ダイエットをしていてもやっぱりお酒は飲みたいという人に着目されることが多いです。

ワインは低カロリーな上に、ぶどう由来のダイエット効果を期待することができ、ダイエットに向いているお酒を言われていますが、太る要素もあり、飲み方次第では太る原因にもなります。

今回は、ワインのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める飲み方などを紹介します。

ワインのカロリーは?

http://bit.ly/2v2ocJO

ワインはぶどうを発酵させて作った果実酒であり、ぶどうに由来する栄養成分が含まれていることから当然ながらカロリーのある飲み物になっています。

種類別のワインのカロリー(100gあたり)

  • 赤ワイン:約73kcal
  • 白ワイン:約73kcal
  • ロゼワイン:約77kcal

ワインには、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインという大きな分類がありますが、それぞれに含まれているカロリーにはそれほど大きな違いはありません。

どの種類をみても、比較的低カロリーになっているということがわかると思います。

ただし、スイートワインのように加糖をしてあるときには100gあたり「約133kcal」ほどに上がってしまうので、注意が必要です。

ワインの糖質量は?

http://bit.ly/2v2HBtV

ワインはぶどうの発酵産物なのでぶどうに由来する糖質が豊富に含まれています。

種類別のワインの糖質量(100gあたり)

  • 赤ワイン:約1.5g
  • 白ワイン:約2g
  • ロゼワイン:4g

ワインの糖質量は比較的低めということがわかります。

ただし、スイートワインの場合には加糖の度合いによって糖質の量も異なりますが、「約13.4g」と高糖質なものが多く、注意が必要です。

ワインのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2w4RdBr

ぶどうに含まれるカリウムがむくみを解消してくれる

ワインに使用されるぶどうには、「カリウム」という成分が豊富に含まれています。

このカリウムには、利尿作用があり、体にむくみに働きかけ、解消してくれる働きがあると言われています。

人の体がむくむ主な原因として、余分な水分が体の部位に蓄積されることが挙げられますが、利尿作用のあるカリウムを摂取することで、尿と一緒にその余分な水分を排出してくれるので、頑固なむくみを解消することができます。

ぶどうのポリフェノールが脂肪吸収を抑えてくれる

ワインに使用されるぶどうには、「ポリフェノール」という成分も豊富に含まれています。

このポリフェノールには、摂取された脂肪分が体に吸収されるのを防いでくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果的です。

ポリフェノールにはコレステロールを下げてくれる働きもある

先ほど紹介したポリフェノールには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きもあると言われています。

ポリフェノールの働きによって、血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に高い効果を発揮してくれるのです。

ワインの注意点・デメリット

http://bit.ly/2uD6vzj

アルコールによって食欲が増進される

ダイエット中のワインの注意点として、ワインのアルコールによって食欲が増進されるという点が挙げられます。

ワインのアルコールによって食欲増進が起こってしまうと食べ過ぎやすくなってしまうデメリットが増えるのです。

ワインは特にアルコール度数が高いので比較的早期に食欲も高まってしまいやすいので注意が必要になります。

おつまみのカロリーに注意

ダイエット中にワインを飲む際は、おつまみのカロリーにも注意が必要です。

ワインは、お肉類やチーズなど、高カロリーなおつまみとの相性が抜群です。

そこで、高カロリーなおつまみを食べ過ぎてしまうと、せっかくのワインの低カロリーが台無しになってしまうので、注意が必要です。

ワインのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2vOpEgq

赤ワインがおすすめ

ワインのダイエット効果を高める飲み方として、白ワインやロゼワインではなく赤ワインを選ぶ方法がおすすめです。

ワインをダイエット中に取り入れる時には、ポリフェノールの含有量が高い赤ワインを選ぶのが賢明です。

赤ワインには、白ワインやロゼワインよりもポリフェノールが豊富に含まれているので、より痩せやすくなると言われているのです。

1日グラス1~2杯にする

ワインのダイエット効果を高める飲み方として、1日グラス1~2杯までにする方法もおすすめです。

ワインは低カロリーとはいえ、カロリーが含まれているため、飲み過ぎてしまうともちろんカロリーオーバーになってしまいます。

また、アルコール度数が高いため、肝臓などに負担をかけやすく、代謝が落ちる原因となるので、そういった理由から、1日グラス1~2杯までと決めておくようにすると、より痩せやすくなるのです。

低カロリーなワインでも飲み方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2nCCduw

ワインのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、ワインは低カロリー・低糖質な上に、ぶどう由来のダイエット効果が豊富に含まれており、ダイエットに向いているお酒と言うことができます。

しかし、そんなワインにも太る要素が含まれており、飲み方次第では太る原因になるので注意するようにしましょう。

アルコールを摂取することによるデメリットを克服できるようにするのが肝心であり、食事と一緒にゆっくりと量を決めて飲むのが効果的です。

赤ワインを選べばポリフェノールの効果も得られることから健康的にダイエットを行いやすくなります。

ダイエット中にワインを飲む際は、今回紹介した注意点をよく守り、「赤ワインを飲む」、「1日グラス1~2杯にする」などのダイエット効果を高める飲み方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…