Woman_erecipe20151007_1

チャプチェのカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい食べ方

チェプチェは日本でも定番の韓国料理で、低カロリーな上に具材由来のダイエット効果があり、ダイエット向きですが、太る要素もあるので食べ方次第では太る原因にもなります。今回は、チャプチェのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーなチャプチェでも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2vOdUKO

韓国料理の一つであるチャプチェは牛肉やほうれん草、しいたけ、ピーマンなどを合わせて炒めた料理であり、春雨が入っているのが特徴です。

細くてプリプリとした食感の春雨はしらたきを思わせるような姿をしているため、低カロリーなイメージを持たれることも多いです。

チャプチェは低カロリーな上に、ダイエット効果が豊富に含まれているので、ダイエットに向いているのですが、太る要素もあり、食べ方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。

今回は、チャプチェのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

チャプチェのカロリーは?

http://bit.ly/2uCLfJW

ダイエット向きの料理としても注目されるようになってきた韓国料理のチャプチェはカロリーは低めです。

100gあたりのカロリーは、「約98kcal」と低カロリーで、主菜としてダイエットに取り入れるには適しています。

チャプチェ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • プルコギ:約130kcal
  • ビーフン:約377kcal
  • 春雨:約342kcal

このように比較してみても、チャプチェのカロリーは低いということができます。

チェプチェにも高カロリーな春雨が使用されていますが、春雨の量が少なく、その分低カロリーなほうれん草、しいたけ、ピーマンの量が多くなっているので、低カロリーに抑えることができるのです。

チャプチェの糖質量は?

http://bit.ly/2v2ICCf

チャプチェ100gに含まれている糖質量は、「約11g」と比較的高糖質です。

チャプチェ以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • プルコギ:約3.8g
  • ビーフン:約79g
  • 春雨:約83.1g

このように比較してみると、チャプチェの糖質量は低いように思えますが、全食品で見るとチャプチェは高糖質と言うことができます。

チャプチェには、高糖質な春雨が使用されているので、このように糖質量が高くなってしまっているのです。

チャプチェのダイエット効果・メリット

http://exci.to/2vcBnIj

ほうれん草に含まれる鉄分による基礎代謝アップ効果

チャプチェによく使用されるほうれん草には、「鉄分」が豊富に含まれています。

この鉄分には、血液中の酸素量を増やしてくれる働きがあると言われており、血液中の酸素量が増えると、体の隅々まできちんと酸素が行き渡りやすくなるため、体の働きが活発になり、基礎代謝がアップすると言われています。

体の基礎代謝がアップすると、1日における消費カロリーを増やすことができるので、痩せやすい体を作ることができると言われています。

しいたけに含まれる食物繊維による便秘解消効果

チャプチェに使用されるしいたけには、「食物繊維」が豊富に含まれていると言われています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に効果的なのです。

便秘が解消されることで、体内に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなる、デトックス効果を期待することができ、痩せることができるのです。

ピーマンに含まれるカプサイシンによる脂肪燃焼効果

チャプチェに使用されるピーマンには、「カプサイシン」という成分が豊富に含まれています。

カプサイシンというと、唐辛子に含まれているイメージですが、ピーマンは唐辛子の仲間なので、ピーマンにもカプサイシンが含まれています。

カプサイシンには、体の体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、なかなか解消することが難しい体脂肪を効率よく燃焼してくれるので、おすすめの成分です。

チャプチェの注意点・デメリット

http://bit.ly/2uDAyHd

春雨のカロリーに注意

先ほども紹介しましたが、チャプチェのカロリーの大半を春雨のカロリーが占めています。

春雨は、100gあたり「約342kcal」とご飯100gあたりのカロリーよりも高いため、何も考えずに食べてしまうとあっという間に太る原因になります。

春雨はヘルシーなイメージを持たれがちですが、実はダイエットには適さない食材なのです。

ダイエット中は、チャプチェに春雨を入れ過ぎないようにしましょう。

血糖値が上昇しやすい

先ほども紹介しましたが、チャプチェは低カロリーですが、高糖質なメニューです。

チャプチェは糖質量が高いので、食べると体内の血糖値が上昇しやすいです。

上がった血糖値を下げようと膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、血糖値は下がるのですが、インスリンには体に脂肪を蓄える働きもするので、太りやすくなるのです。

そう言った理由で、チャプチェはカロリー以上に、体に脂肪がつきやすいメニューなので注意するようにしましょう。

チャプチェのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2uCLfJW

春雨の量を減らし、野菜の量を増やす

チャプチェのダイエット効果を高める食べ方として、春雨の量を減らし、野菜の量を増やすという方法がおすすめです。

高カロリーな春雨の量を減らすことで、カロリーを抑えたチャプチェを作ることが可能です。

しかし、春雨を減らすと満腹感がなくなり、反対に食べ過ぎてしまい、摂取カロリーがオーバーするということにも繋がります。

そこで、野菜の量を増やすことで、満腹感を出しつつ、野菜のダイエット効果をより受けることができるので、おすすめの方法です。

春雨をしらたきに変える

チャプチェのダイエット効果を高める食べ方として、春雨をしらたきに変えるという方法もおすすめです。

しらたき100gあたりのカロリーは、「約6kcal」と非常に低カロリーなため、高カロリーな春雨と置き換えると、より低カロリーなチャプチェを作ることができます。

しらたきは、糖質量も100gあたり「約0.1g」と非常に低糖質なので、糖質も抑えることができるので、かなりおすすめな方法です。

低カロリーなチャプチェでも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2nCCduw

チャプチェのカロリー・糖質量を紹介しました。

チャプチェはカロリーが低めでダイエットに向いているようですが、春雨に由来する糖質があるのが問題になりがちです。

対策としてしらたきに置き換えてしまえば問題はありません。

春雨をしらたきに置き換えることで、カロリーもより抑えられるにもかかわらず栄養は摂れるのでダイエットにさらに向いている料理になります。

チャプチェは満腹になりにくくて食べ過ぎてしまいやすいので、副菜にしてご飯を食べないようにするのが低糖質ダイエットを進めやすくする方法です。

ダイエット中にチャプチェを食べる際は、今回紹介した注意点をよく守り、「春雨の量を減らし、野菜の量を増やす」、「春雨をしらたきに変える」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…