1d46f93e31fbc3bad7f8ccf12c23846d

ドライフルーツのカロリー・糖質は?ダイエット向きの食材に変える方法

ドライフルーツは生のフルーツを干したもので、生と比べると水分が抜けて凝縮される分高カロリーになりますが、ダイエット成分も凝縮され多くなるので、食べ方次第では痩せることができます。ドライフルーツのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなドライフルーツでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2u9t8et

ちょっとしたおやつに食べたり、スイーツ作りに使ったりできるドライフルーツには色々なものがあります。

ダイエット中には果物はしっかりと食べた方が良いとよく言われますが、ドライフルーツは高カロリーなので、ダイエットには敬遠されがちです。

しかし、そんなドライフルーツにもダイエット効果が含まれているので、食べ方次第では痩せることもできると言われています。

今回は、ドライフルーツのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ドライフルーツのカロリーは?

http://bit.ly/2tpGhBC

ドライフルーツの種類別のカロリー(100gあたり)

  • レーズン:約315kcal
  • ドライマンゴー:約368kcal
  • バナナチップス:約287kcal
  • ドライストロベリー:約341kcal
  • ドライパイナップル:約351kcal

種類によって、カロリーに開きはありますが、全体的に見てもドライフルーツは高カロリーと言うことができます。

ドライフルーツ以外のデザートのカロリー(100gあたり)

  • ケーキ:約308kcal
  • プリン:約126kcal
  • ゼリー:約51kcal

このように比較してみても、ドライフルーツのカロリーが高いということがわかります。

ドライフルーツも果物だからといって、食べ過ぎてしまうとあっという間に太る原因になるので注意するようにしましょう。

ドライフルーツの糖質量は?

http://bit.ly/2tFJJTJ

種類別のドライフルーツの糖質量(100gあたり)

  • レーズン:約83.4g
  • ドライマンゴー:約77g
  • バナナチップス:約74.3g
  • ドライパイナップル:約85.3g

種類によって糖質量に違いはありますが、平均的に見ると80g弱であり、少ないものでも60g程度、格別に多いものでは90g近くなっています。

重さのほとんどが糖質でできているのがドライフルーツだという認識をしておくことが肝心であると言えます。

ドライフルーツのダイエット効果・メリット

http://amba.to/2jrOm25

食物繊維が便秘を解消してくれる

ドライフルーツには、「食物繊維」が豊富に含まれています。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に一躍かってくれます。

食物繊維の整腸作用により便秘が解消されることで、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなるデトックス効果を期待することができ、痩せやすい体を作ることができると言われています。

満腹感がある

ドライフルーツは、満腹感があり、腹持ちが良い食べ物なので、ダイエットに非常に効果的とも言われれています。

ドライフルーツはフルーツを干しているので、水分が抜け、食感が固くなっているので、自然と咀嚼回数が増え、その結果少量で満腹感を得ることができるので、摂取カロリーを少なくすることができます。

また、ドライフルーツには、体内の水分を吸収して膨らむ性質がある食物繊維が豊富に含まれているので、満腹感を得られる効果もあり、ダブルの満腹感を得ることができるのです。

生のフルーツと比べて栄養素が多い

ドライフルーツは、生のフルーツを天日干ししているため、水分が抜けますが、その分栄養素が凝縮されています。

食物繊維などのダイエット効果のある成分も、ドライフルーツにすることで増やすことができるため、生のフルーツよりもカロリーは高くなりますが、ダイエット効果は高まると言われています。

ドライフルーツの注意点・デメリット

http://bit.ly/2tFVjhT

血糖値が上昇しやすい

ドライフルーツは食べると、体内の血糖値が上昇しやすい食べ物と言われています。

ドライフルーツを食べて血糖値が上がると、膵臓から「インスリン」というホルモンが分泌され、そのインスリンによって血糖値が下がりますが、インスリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれており、体に体脂肪を蓄えてしまう働きもあるので、太りやすくなってしまいます。

フルーツだからといって安心して食べ過ぎやすい

フルーツといえば、栄養が豊富でダイエットにも良いというイメージから、ドライフルーツにして食べる場合も、なんとなく安心感があり、ついついたくさん食べてしまうという方も多いです。

確かに、ドライフルーツは栄養が豊富なのですが、カロリーや糖質も凝縮されているため、生のフルーツよりも太りやすい食べ物と言われています。

生のフルーツとドライフルーツは別物と考え、食べ過ぎることのないようにしましょう。

ドライフルーツのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2uI2XND

空腹時に少量食べる

ドライフルーツとうまく付き合いながらダイエットをしていくには工夫が必要です。

カロリーが高く、糖質も多いというのをうまく利用する方法として、空腹時に少量だけ食べることで空腹を紛らわすのに使うという方法があります。

保存性が良いので何種類かを準備しておいて一つか二つずつだけ食べてそれで終わりにするというルールを作れば食べすぎてしまう心配がありません。

自宅でドライフルーツを作る

ドライフルーツのダイエット効果を高める食べ方として、ドライフルーツを自宅で作る方法もおすすめです。

市販のドライフルーツは食べやすいように、砂糖や添加物などが含まれているものが多く、太りやすくなっています。

そこで、自宅でドライフルーツを作ることで、砂糖や添加物を使用しないドライフルーツを食べることができ、太りにくくなると言われています。

高カロリーなドライフルーツでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ドライフルーツのカロリー・糖質量を紹介しました。

ドライフルーツは糖質が多くてカロリーが高いことからダイエットには向いていないというのが一般的な考え方です。

しかし、ドライフルーツはもともとは果物なので、果物由来のダイエット効果を期待することができ、食べ方次第では痩せることも可能と言われています。

ダイエット中にドライフルーツを食べる際は、今回紹介した「空腹時に少量食べる」、「自宅でドライフルーツを作る」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集