d49ed2b1b103d78a815bdb5034026884

ケチャップのカロリー・糖質は?ダイエットに用いるための食べ方とは

ケチャップはトマトを使った調味料で、様々な料理に合う食品です。ケチャップは高カロリーですが、トマトによるダイエット成分が豊富で、食べ方次第では痩せることも可能です。今回は、ケチャップのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなケチャップでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2upxuzb

ケチャップは、オムライスやチキンライス、パスタなど日頃の食生活に欠かすことのできない調味料であり、食卓の定番の食べ物です。

ケチャップは、低カロリーなトマトが原料とはいえ、たくさんの調味料で味付けがされているので、高カロリーと言われています。

しかし、トマト由来のダイエット成分が豊富に含まれており、食べ方次第ではダイエットに用いることが可能とも言われています。

今回は、ケチャップに含まれるカロリーや糖質の確認や他の調味料との比較を行い、ケチャップダイエットのメリットとデメリット、ダイエット効果を高める食べ方について検証していきます。

ケチャップのカロリーは?

http://bit.ly/2t5nIhK

ケチャップ100gあたりのカロリーは、「約119kcal」と調味料としては高カロリーです。

ケチャップ以外の調味料のカロリー(100gあたり)

  • 醤油:約71kcal
  • ソース:約117kcal
  • マヨネーズ:約703kcal

このように比較してみても、ケチャップのカロリーが高いということがわかります。

マヨネーズと比べると低カロリーではありますが、それでも十分ケチャップは高カロリーな食品と言うことができます。

また、ケチャップは料理によってより高カロリーになってしまうので、注意が必要ですが、ケチャップにはダイエット効果も含まれており、食べ方次第ではダイエットに用いることも可能なのです。

ケチャップの糖質量は?

http://bit.ly/2u02PWu

糖質量とは、食品に含まれる炭水化物から食物繊維を引いた量のことです。

糖質には血糖値を上昇させる働きがあり、上がった血糖値を下げるために分泌されるインスリンに脂肪を貯め込む性質があるため、ダイエット中は減らしたほうが良いと言われています。

ケチャップ100gあたりの糖質量は、「約25.3g」と高糖質です。

ケチャップ以外の調味料の糖質量(100gあたり)

  • 醤油:約10.1g
  • ソース:約26.8g
  • マヨネーズ:約3g

このように比較してみても、ケチャップの糖質量が高いということがわかります。

さらに、料理のレシピによってはこれ以上に高糖質になる可能性もあるので、その点を頭に入れておくようにしましょう。

ケチャップのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2uyGLW8

リコピンが血糖値の上昇を抑えてくれる

ケチャップの原料であるトマトには、「リコピン」という成分が豊富に含まれています。

このリコピンには、体内の血糖値が上昇するのを抑えてくれる働きがあると言われており、ダイエットのに非常に高い効果を発揮してくれます。

体内で血糖値が上昇すると、血糖値を下げようと膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、インスリンに働きによって血糖値は下がるのですが、インスリンには体に体脂肪を蓄える働きも持っているため、太りやすくなってしまいます。

しかし、リコピンを摂取することで、その血糖値が上がりにくくなるので、インスリンの分泌を抑え、太りにくい体を作ることができると言われています。

リコピンには代謝を高めてくれる働きもある

ケチャップに含まれるリコピンという成分には、抗酸化作用という、若返り効果があると言われています。

人の体は日々、活性酸素という物質によって傷つけられ、老化しています。

体が老化すると、体の器官の働きが鈍くなり、その結果代謝が落ちるので太りやすい体を招きます。

そこで、若返り効果のあるリコピンを摂取することで、その活性酸素を撃退してくれるため、体が若返り、働きが活発になるので、代謝がアップし、1日の消費カロリーを高くすることができると言われています。

減塩効果

むくみの原因となる塩分を減らすことはダイエットには欠かせません。

トマトに含まれるグルタミン酸は旨味成分なので、料理の塩分を控えめにしても美味しく食べることができるからです。

さらに、ケチャップに含まれる塩分は味噌や醤油の三分の一程度と塩分量が少なく、調理の際も塩分を少なくすることができる調味料なのです。

ケチャップの注意点・デメリット

http://bit.ly/2tgX5KU

即効性がない

ケチャップに含まれるリコピンの効果を期待するダイエットには即効性がないことに注意が必要です。

数ヶ月続けながら少しずつ太りにくい体質を作る方法なので、痩せる前に飽きてしまう可能性があります。

なかなか効果が目に見えませんが、いかに辛抱強く続けられるかが鍵になってきます。

グルタミン酸が食欲を増進してしまう

ケチャップに含まれる旨味成分グルタミン酸やトマトの酸味、添加されている甘みは、料理を美味しくしてくれます。

しかし、トマトの旨味や酸味、甘味は食欲を促進してしまうと言われており、ついついたくさんの量を食べてしまってカロリーオーバーとなる落とし穴があります。

ケチャップのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2th9LBx

ケチャップを手作りする

ケチャップのカロリーや糖質を減らすことができれば、リコピンのダイエット効果を高め、効率良くダイエットをすることができます。

具体的な方法としては、ケチャップを手作りすることがおすすめです。

標準的な市販品の多くは砂糖を多めに使用しているので、甘さ控えめに自分で作れば、その分のカロリーと糖質をカットできます。

糖質オフ、低糖質、甘さ控えめ、カロリーハーフなどのケチャップを選ぶ

ローカーボに作られた製品を利用することです。

各調味料メーカーから、商品名に糖質オフ、低糖質、甘さ控えめ、カロリーハーフなどと付けられたケチャップが発売されています。

成分表にてカロリーや糖質などをチェックしてみてください。

標準品より割高なことが多いですが、手作りするのが難しい場合には上手に取り入れてみましょう。

高カロリーなケチャップでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ケチャップのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、ケチャップは高カロリーですが、トマト由来のダイエット成分が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

注意点としては、標準的な製品のケチャップはグルタミン酸や甘酸っぱさが食欲をそそるので、食事全体の量を増やす結果を招きやすいことが挙げられます。

たくさん使いすぎないこと、手作りの甘さ控えめケチャップや市販のヘルシーなケチャップを取り入れることなど工夫すれば、ダイエットに高い効果を発揮してくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集