img_6415

ビーフジャーキーのカロリー・糖質は?痩せれる食材に変える食べ方

ビーフジャーキーはおやつやおつまみとして食べられる、牛肉の加工品で、高カロリーなのですが、ダイエット効果もあり、食べ方次第では痩せることができるとも言われています。ビーフジャーキーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなビーフジャーキーでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2uwpVHs

おつまみやおやつとしてよく食べられているビーフジャーキーは、牛肉の加工品のため、高カロリーな食材です。

しかし、そんな高カロリーなビーフジャーキーですが、牛肉由来のダイエット効果も含まれており、食べ方次第では、元気にダイエットを進めていくためのパートナーになります。

ビーフジャーキーにどのようなメリットがある食品なのかを把握して、注意点に留意しながらうまくダイエット生活に取り入れていくようにしましょう。

今回は、ビーフジャーキーのカロリー・糖質量、ダイエットにおけるメリット・デメリット、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ビーフジャーキーのカロリーは?

http://bit.ly/2tXzbBa

ビーフジャーキーに含まれているエネルギーは100gあたりで「約315kcal」と高カロリーです。

一度にこれほど大量に食べることはあまりなく、標準的な大きさの一切れは4gから8g程度なので13kcalから26kcal程度になります。

ビーフジャーキー以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • カルパス:約480kcal
  • サラミ:約497kcal

このように比較してみると、ビーフジャーキーのカロリーは低いように見えますが、全食品で見ると、ビーフジャーキーのカロリーは十分高いと言うことができます。

ただし、高カロリーというデメリットな部分だけでなく、ダイエット効果が豊富というメリットも見てあげることで、食べ方次第では痩せることができると言われています。

ビーフジャーキーの糖質量は?

http://bit.ly/2tWyTwd

ビーフジャーキーは低糖質ということがよく知られていますが、実際に一般的なビーフジャーキーに含まれている糖質は100gあたり「約6.4g」と低糖質です。

ビーフジャーキーは、味付けの仕方によって少しずつ違いはあるものの、基本的には低糖質食品として食べることができます。

ビーフジャーキー以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • カルパス:約5.8g
  • サラミ:約2.1g

このように比較して見ると、一見ビーフジャーキーの糖質量が高いと思われがちですが、全食品の中で見ると、ビーフジャーキーは低糖質と言うことができます。

さらに、ビーフジャーキーを100g食べることはなかなかないため、実際に食べる量で換算すると、より低糖質になります。

ビーフジャーキーのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2vq8bty

たんぱく質が豊富

ビーフジャーキーは肉を加工して作られたものであるため、「たんぱく質」が豊富に含まれています。

たんぱく質には体の筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあり、ダイエットに効果的と言われています。

ダイエット中に筋肉をつけるのは体重が重くなりそうで敬遠されがちですが、筋肉が作られると体の代謝がアップし、1日の消費カロリーを増やすことができ、痩せやすくなると言われています。

カルニチンが脂肪燃焼を促してくれる

ビーフジャーキーの肉には、「カルニチン」という成分も豊富に含まれています。

このカルニチンには、体についた体脂肪を燃焼してくれる働きがあり、ダイエットに高い効果を発揮してくれると言われています。

一度体についた体脂肪はなかなか排出するのは難しいのですが、カルニチンを摂取するだけで効率良く頑固な体脂肪を燃焼することができるので、おすすめです。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

ビーフジャーキーには、「ビタミンB1」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあり、太りにくい体を作ってくれる効果があります。

糖質が摂取されると、体内の血糖値が上昇し、その血糖値を下げようと膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、血糖値が下がるのですが、インスリンは別名肥満ホルモンとも呼ばれており、体に脂肪を蓄えてしまう働きも持っています。

しかし、ビタミンB1を摂取することで、その太る原因である糖質が代謝されやすくなるので、肥満の予防に繋がるのです。

ビーフジャーキーの注意点・デメリット

http://bit.ly/2urgXdE

塩分量が多い

ビーフジャーキーの注意点として、塩分量が多いことが挙げられます。

体内で塩分量が多くなると、食欲を増進しついつい食べすぎ、カロリーオーバーの原因になったり、むくみの原因になったりします。

ダイエット中はビーフジャーキーの量を抑え、塩分量の調節を意識するようにしましょう。

お酒のカロリーに注意

ビーフジャーキーといえば、お酒のおつまみに人気です。

しかし、ただでさえカロリーが高いビーフジャーキーにお酒のカロリーが加わると、あっという間に太る原因となります。

ダイエット中はお酒を控えるか、ハイボールなどの低カロリーなお酒を選ぶなどの工夫が必要です。

ビーフジャーキーのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2t3FPEQ

間食に食べる

ビーフジャーキーのダイエット効果を高める食べ方として、間食に20gほど食べるという方法をオススメします。

間食のおやつとして、ビーフジャーキーを食べることで、ビーフジャーキーは腹持ちが良いため、食事の量を減らすことができ、ダイエットに効果的なためです。

ただし、1日に20g以上食べてしまうと、カロリーや塩分量がオーバーしてしまうので、摂取量は守るようにしましょう。

食事にトマトを取り入れる

ビーフジャーキーのダイエット効果を高める食べ方として、トマトを食事に取り入れることをオススメします。

先ほど紹介したように、ビーフジャーキーには塩分が多く含まれており、体を浮腫ませる原因になります。

そこで、トマトを食べることで、トマトに含まれる「カリウム」という成分の働きにより、むくみを解消することができるのです。

また、トマトには「リコピン」という成分による代謝アップ効果もあるので、高いダイエット効果を期待することができます。

高カロリーなビーフジャーキーでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ビーフジャーキーのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、ビーフジャキーは高カロリーですが、糖質が低かったり、その他にも多くのダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることも可能なのです。

ダイエット中にビーフジャーキーを食べる際は、今回紹介した「間食に食べる」、「食事にトマトを取り入れる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…