屋台 フランクフルト

フランクフルトのカロリー・糖質は?ダイエット向きの食材に変える食べ方

フランクフルトはコンビニでも手軽に購入することができ、食べる機会が多い食材です。高カロリーですが、ダイエット効果が豊富で食べ方次第では痩せることができるとも言われています。フランクフルトのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなフランクフルトでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2v3rqKi

フランクフルトは豚肉を作ったソーセージの一種であり、ダイエット中の食事にもうまく取り入れていくことができます。

豚肉を使用しているということで、高カロリーなため、敬遠する人も少なくないですが、ダイエット効果も含まれており、食べ方次第ではダイエットを成功させるのにも役立つ食品です。

フランクフルトをダイエットに取り入れるときにはどのような点に注意すると良いのでしょうか。

今回は、フランクフルトのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

フランクフルトのカロリーは?

http://bit.ly/2tUjPiw

加工肉には様々なものがありますが、腸の中に肉を詰めて作ったものの中でも大きくて有名なのがフランクフルトです。

フランクフルトは豚の大腸に豚肉を詰めて作られていて、詰めた肉によって多少カロリーにも違いがありますが、一般的には100gあたり「約298kcal」とされています。

フランクフルト以外の食品のカロリー(100gあたり)

  • 生ソーセージ:約279kcal
  • ボロニアソーセージ:約251kcal
  • 魚肉ソーセージ:約161kcal
  • ウインナー:約321kcal
  • アメリカンドッグ:約356kcal

このように比較してみると、フランクフルトのカロリーは低いように見えますが、全食品でみると、フランクフルトは十分高カロリーと言うことができます。

また、調理法や調味料によってはこの数値よりも高カロリーになることもあるので、注意するようにしましょう。

フランクフルトの糖質量は?

http://bit.ly/2vh8Z4L

フランクフルトなどの加工肉にはあまり多くの糖質は含まれていません。

フランクフルトに含まれている糖質は100gあたり「約6.2g」と比較的低糖質です。

フランクフルト以外の食品の糖質量(100gあたり)

  • 生ソーセージ:約0.8g
  • ボロニアソーセージ:約2.9g
  • 魚肉ソーセージ:約12.6g
  • アメリカンドッグ:約16g

もともと豚肉には糖質がほとんど含まれていないため、調味料で味付けしたフランクフルトもそこまで糖質が高くならないのです。

ただし、ケチャップやマスタードなどの調味料を使用すると、この数値よりも糖質量が高くなるので、頭に入れておくようにしましょう。

フランクフルトのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2uppldD

たんぱく質が代謝を高めてくれる

フランフルトの原料である豚肉には、「たんぱく質」という成分が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体の筋肉が生成されるのをサポートしてくれる効果があると言われており、ダイエットに非常に有効な働きかけをしてくれるのです。

ダイエット中に筋肉をつけると、体重が重くなると思っている方も多いのですが、筋肉をつけることで、体の代謝がアップし、1日の消費カロリーを多くすることができるので、痩せやすくなると言われています。

カルニチンが脂肪を燃焼してくれる

フランクフルトの豚肉には、「カルニチン」という成分も豊富に含まれています。

このカルニチンには、体に蓄積された体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、頑固な体脂肪を効率的にかつ効果的に排出してくれると言われています。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

フランクフルトの原料である豚肉には、「ビタミンB1」という成分が豊富に含まれていると言われています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的な成分と言われています。

本来、摂取された糖質はインスリンというホルモンの働きにより、体に体脂肪として蓄えられやすいのですが、ビタミンB1を摂取することで、糖質が脂肪に変わる前に代謝されるので、太りにくくなると言われています。

フランクフルトの注意点・デメリット

http://bit.ly/2ukEq0l

ケチャップのカロリーに注意

ダイエット中のフランクフルトの注意点として、ケチャップなどの調味料のカロリーが挙げられます。

フランクフルトとケチャップの相性は抜群で、大変美味しいのですが、ケチャップにもカロリーが含まれており、フランクフルトのカロリーがより高くなる原因になります。

ダイエット中はできるだけ調味料はつけない、量を減らすなどの工夫が必要です。

塩分量に注意

ダイエット中のフランクフルトの注意点として、フランクフルトの塩分量も挙げられます。

フランクフルトは作られる過程で塩分がたくさん使用されます。

そのため、フランクフルトに含まれる塩分量は多く、食欲を増進したり、体にむくみを生じさせる原因になってしまいます。

ダイエット中はカロリーや糖質量しか確認しない方も多いのですが、これからは塩分量もチェックするようにしましょう。

フランクフルトのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2tdBoes

マスタードをつけて食べる

ダイエット中のフランクフルトのダイエット効果を高める食べ方として、マスタードをつけて食べる方法をおすすめします。

マスタードには、体の代謝を高めてくれる働きがあると言われており、1日の消費カロリーを増やしてくれるので、ダイエットに効果的と言われています。

フランクフルトサラダがおすすめ

先ほど、フランクフルトは塩分量が高く、むくみの原因になると紹介しましたが、このむくみを解消する食べ方として、「フランクフルトサラダ」がおすすめです。

きゅうりやレタス、ブロッコリーなどの「カリウム」という成分を豊富に含む野菜サラダにフランクフルトを混ぜて食べることで、むくみの解消に効果的と言われています。

また、それぞれの野菜に含まれるダイエット効果が、フランクフルトのダイエット効果と合わさって非常に高い効果を発揮してくれるのでオススメのメニューです。

高カロリーなフランクフルトでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2kc6n3b

フランクフルトのカロリー・糖質量を紹介しました。

フランクフルトは高カロリーで脂質も多いのは確かですが、たんぱく質源として優れていて、ビタミンB1やカルニチンなどのダイエット成分を広く摂取するのにも適していて、食べ方次第では痩せることもできると言われています。

フランクフルトは塩分量も多いですが、野菜をたくさん食べてカリウムを摂取すればバランスを取ることができます。

このような工夫をすると食べごたえのあるフランクフルトをダイエット中の食生活に取り込むことができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…