05a

落花生のカロリー・糖質は?食べ方次第ではダイエット向けの食材になる

落花生は高カロリーと言われるナッツ類の一種で、高カロリーなのは落花生も例外ではありません。ダイエットに不向きと思われがちの落花生ですが、ダイエット効果もあり、食べ方次第では痩せることも可能です。落花生のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーな落花生でも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2vnO3sd

おやつやお酒のおつまみなどで食べる機会の多い落花生。

ダイエット食品としても目をかけられるようになったのが落花生ですが、高カロリーで一見ダイエットには向いていないと思われがちです。

しかし、そんな落花生にもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せることもできると言われています。

今回は、落花生のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

落花生のカロリーは?

http://bit.ly/2ukzqZu

落花生のカロリーは100gあたりで「約562kcal」と高カロリーです。

種類によって違いはありますが、一般的に食べられるように乾燥させたものについてはおよそこの程度になっています。

生の落花生の場合には水分を多く含んでいるので100gあたり「約295kcal」と約半分のカロリーになります。

落花生以外のナッツ類のカロリー(100gあたり)

  • ピーナッツ:約592kcal
  • アーモンド:約598kcal
  • カシューナッツ:約574kcal
  • くるみ:約674kcal

このように他のナッツ類と比較してみると、一見落花生のカロリーが低いように思いますが、高カロリーなナッツ類と比較した場合の話で、全食品で見ると、落花生のカロリーは十分高いと言えます。

しかし、高カロリーな落花生にもダイエット効果が含まれているので、食べ方次第では痩せることもできると言われています。

落花生の糖質量は?

http://bit.ly/2tz56cL

落花生に含まれている炭水化物の量は100gあたり約18.8gであり、食物繊維が約7.4g含まれており、炭水化物量から食物繊維量を引いた数値が糖質量なので、糖質量は「約11.4g」と高糖質です。

落花生以外のナッツ類の糖質量(100gaあたり)

  • ピーナッツ:約11.3g
  • アーモンド:約9.3g
  • カシューナッツ:約20g
  • くるみ:約4.2g

このように比較するとカシューナッツに続いて糖質が多く、全食品で見ても落花生は糖質量が多いことに留意して食べなければならないことがわかります。

落花生のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2v36cLo

たんぱく質が代謝を高めてくれる

落花生には、「たんぱく質」という成分が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体の筋肉が作られるのをサポートしてくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に有効な成分です。

ダイエット中に筋肉をつけたら体重が重くならないの?と疑問に思われる方も多いかもしれませんが、筋肉をつけることで、筋肉には体の代謝を高めくれる働きがあり、1日の消費カロリーを高めることができるので、痩せやすい体を作ってくれるのです。

オレイン酸がコレステロール値を下げてくれる

落花生には、必須脂肪酸の一種である「オレイン酸」という成分が豊富に含まれています。

このオレイン酸には、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており。血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果を発揮してくれます。

たんぱく質が豊富で腹持ちが良い

先ほど、落花生にはたんぱく質が豊富に含まれていると紹介しましたが、たんぱく質が豊富に含まれていることで、消化吸収がゆっくりになるため、落花生は腹持ちが良い食べ物でもあります。

腹持ちが良いということは、すぐにお腹が空き、間食や食事の量が増えるということを防げるので、1日における摂取カロリーをカットすることができ、痩せることができるということです。

落花生の注意点・デメリット

http://bit.ly/2tqBRoX

塩分量に注意

ダイエット中に落花生を食べる時の注意点として、落花生の塩分量が挙げられます。

市販の落花生には食塩で味付けされているものが多く、その食塩によって食欲が増進されたり、体にむくみを生じさせる原因になると言われています。

適量の落花生ならそこまで問題はありませんが、食べ過ぎてしまうと、上記に挙げたデメリットを受けることとなり、太ってしまうので注意するようにしましょう。

脂質が豊富でカロリー以上に太りやすい

落花生には、脂質が豊富に含まれています。

落花生のカロリー量の約80%程度を脂質のカロリーが占めているため、食べ過ぎてしまうと、カロリー以上に太ってしまうということに繋がります。

適量の脂質ならば、満腹感が出るなどのメリットもあるのですが、摂取し過ぎてしまうとあっという間に太ってしまうので、注意するようにしましょう。

落花生のダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2vo7m4G

素焼きのものを選ぶ

落花生のダイエット効果を高める食べ方として、素焼きの落花生を選んで食べるという方法をおすすめします。

先ほども紹介しましたが、コンビニやスーパーなどで売っている落花生は塩分量が多いものが多く、食欲を増進したり、むくみの原因になったりと、デメリットが生じます。

ダイエット中はできるだけ、素材の味を楽しめる素焼きの落花生を選ぶようにしましょう。

食前に20g食べる

落花生のダイエット効果を高める食べ方として、食前に20g食べるという方法もおすすめです。

腹持ちの良い落花生を食前に食べることで、その後の食事の量を減らすことができ、カロリーをカットすることができます。

ただし、20gというのがとても重要で、いくら腹持ちが良い落花生でもカロリーが高いため、20g以上食べてしまうと結果的に食事と合わせたカロリーが、通常の食事のカロリーよりも高くなってしまうということに繋がります。

落花生は1日20gまでと決めるようにしましょう。

高カロリーな落花生でも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

落花生のカロリー・糖質量を紹介しました。

落花生はカロリーが高いものの、タンパク質や不飽和脂肪酸に富んでいるという点がダイエットにおける魅力です。

食べ過ぎてしまっては元も子もないですが、カロリーを制限するために量を決めて食べれば不足しやすい栄養素を補給するのに適しているダイエット食品になります。

腹持ちの良さを活用して落花生をダイエットの食生活の中に取り入れることにより、空腹に悩まされないダイエットができるでしょう。

ダイエット中に落花生を食べる場合は、今回紹介した「素焼きのものを選ぶ」、「食前に20g食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…