P025502173_480

揚げ出し豆腐のカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意したい食べ方

揚げ出し豆腐は豆腐に衣をつけ、揚げているのにも関わらず低カロリーな食べ物です。その上、ダイエット効果が豊富なので、ダイエット向きですが、太る要素もあるので食べ方次第では太る原因にも。揚げ出し豆腐のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーな揚げ出し豆腐でも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2t6qR4N

豆腐を使った料理である揚げ出し豆腐は、油を使っていますが、低カロリーな豆腐料理な上に、豆腐由来のダイエット効果が豊富に含まれており、ダイエットに向いている食べ物と言われています。

ただ油を使っている点で食べる際には注意が必要なので、実際のカロリーや糖質がどの程度なのか把握しておかなければいけません。

今回はそんな揚げ出し豆腐のカロリーや糖質、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

揚げ出し豆腐のカロリーは?

http://bit.ly/2vfCfrO

揚げ出し豆腐は使っている豆腐の種類によって若干異なる部分はありますが、1人前あたり「約250kcal」ほどと言われています。

100gあたりに換算すると「約92kcal」ほどと低カロリーと言うことができます。

揚げ出し豆腐以外の豆腐料理のカロリー(100gあたり)

  • 厚揚げ:約150kcal
  • 麻婆豆腐:約133kcal
  • 冷奴:約59kcal

このように比較してみても、揚げ出し豆腐のカロリーは低いということがわかります。

絹ごし豆腐の100gあたりのカロリーは「約57kcal」と言われており、揚げ出し豆腐は豆腐を油で揚げているため、カロリーは上がりますが、それでも十分低カロリーと言うことができます。

揚げ出し豆腐の糖質量は?

http://bit.ly/2tLrfUY

糖質に関しては豆腐の量や片栗粉の量によって調整できるようになっているものの、市販されている揚げ出し豆腐の平均的な糖質は1人前あたり「約13.8g」とされています。

100gあたりに換算すると、「約6.56g」と糖質はやや高いということができます。

揚げ出し豆腐以外の豆腐料理の糖質量(100gあたり)

  • 厚揚げ:約0.2g
  • 麻婆豆腐:約12g
  • 冷奴:約1.7g

このように比較してみても、揚げ出し豆腐の糖質量は高めということができます。

豆腐そのものの糖質量は少ないのですが、他の材料の糖質が高めになっているので注意が必要です。

揚げ出し豆腐は高糖質なので、カロリーが低いからと言って、食べ過ぎてしまうと、太る原因になるので注意するようにしましょう。

揚げ出し豆腐のダイエット効果

http://bit.ly/2th8xBj

カルシウムが脂肪の吸収を抑えてくれる

揚げ出し豆腐には、「カルシウム」が豊富に含まれています。

カルシウムといえば、牛乳やヨーグルトなどの乳製品に多く含まれていて、骨や歯の強化、イライラを解消してくれる効果などが真っ先に思い浮かびますが、実は揚げ出し豆腐にも豊富に含まれて入おり、高いダイエット効果を持っているのです。

カルシウムを摂取すると、食べ物のよって摂取された脂肪分が体に吸収されるのを抑えてくれ、その結果、体に体脂肪がつきにくくなり、太りにくい体を手に入れることができると言われています。

大豆たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる

揚げ出し豆腐には、「大豆たんぱく質」というたんぱく質が豊富に含まれています。

この大豆たんぱく質には、体に筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあり、筋肉が作られることで、体の基礎代謝がアップするため、1日の消費カロリーを多くすることができ、痩せやすい体を作ることができると言われています。

大豆レシチンがコレステロール値を下げてくれる

揚げ出し豆腐には、「大豆レシチン」というせいぶんも豊富に含まれています。

この大豆レシチンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、血液中のコレステロール値が下がることで、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的と言われています。

揚げ出し豆腐の注意点・デメリット

http://bit.ly/2toxCzn

作り方によっては高カロリーになってしまう可能性がある

揚げ出し豆腐をダイエットに利用する際の注意点としては、豆腐の種類や片栗粉や油の量によってカロリーが変化するところが指摘されています。

そのため、カロリーや糖質を抑えられる反面、逆に増えてしまう可能性もあるので使う材料や分量には注意が必要です。

揚げているので脂質が高い

揚げ出し豆腐は、豆腐を揚げて作られているので、油が多く含まれています。

そのため、脂質が高くなっており、カロリー以上に体に体脂肪がつきやすくなっていると言われています。

適量の脂質ならば、腹持ちが良いなどのメリットがあるのですが、摂取し過ぎてしまうとあっという間に太る原因になるので注意するようにしましょう。

揚げ出し豆腐のダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2tPv0rc

大根おろしをかけて食べる

揚げ出し豆腐に大根おろしをかけて食べるのは美味しく、定番となっていますが、大根おろしをかけて食べることには、味が美味しくなるだけでなく、実はダイエット効果が隠れていたのです。

大根おろしには、「アミラーゼ」という成分が豊富に含まれており、このアミラーゼには糖質の分解を促してくれる働きがあると言われています。

アミラーゼを摂取することで、体に脂肪として蓄積されやすい糖質を効率良く分解してくれるので、太りにくい体を作ることができると言われています。

食前に食べる

揚げ出し豆腐のダイエット効果を高める食べ方として、食前に食べる方法をおすすめします。

食前に揚げ出し豆腐を食べると良い理由は、揚げ出し豆腐は満腹感が高い食べ物なので、食前に食べることで、その後の食事の量を減らせ、1日の摂取カロリーをカットすることができるためです。

さらに、揚げ出し豆腐は腹持ちも良いので、食事の間にお腹が空き間食を食べるということも防げるようになるので、今まで摂取していた間食のカロリーも抑えることができ、ダイエットの効果的なのです。

低カロリーな揚げ出し豆腐でも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2kc6n3b

揚げ出し豆腐のカロリー・糖質量を紹介しました。

揚げ出し豆腐は低カロリーな上に、ダイエット効果が豊富に含まれているので、ダイエット向きの食べ物と言われていますが、太る要素もあり、食べ方次第では太る原因にもなるので、注意が必要です。

ダイエット中に揚げ出し豆腐を食べる際は、今回紹介した「大根おろしをかけて食べる」、「食前に食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…