59070

ウインナーのカロリー・糖質は?ダイエット向きの食材に変える食べ方

ウインナーは食卓の定番で、お弁当のおかずやおつまみなど幅広く食べられています。ウインナーは高カロリーですが、ダイエット効果が豊富で食べ方次第では痩せることができると言われています。ウインナーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなウインナーでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2uc1O01

加工肉の中でも日本で親しまれているものにウインナーがあります。

気軽に食べられることから食事だけでなくおやつにも食べられていることがあり、家庭でよく親しまれている食品です。

そんなウインナーは高カロリーでダイエットには向いていないと思われがちですが、実はダイエット効果が豊富に含まれており、食べ方次第では痩せることが可能とも言われています。

今回は、ウインナーのカロリー・糖質、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ウインナーのカロリーは?

http://bit.ly/2tOU1CO

ダイエット食品として適切かどうかを判断するのにカロリーは欠かせない着眼点です。

ウインナーは羊や豚の腸に主に豚肉や豚の脂を詰めて作り上げるものであり、その配合具合によってカロリーにも違いがあります。

一般的なウインナー100gあたり「約321kcal」と高カロリーです。

ウインナー以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ベーコン:約405kcal
  • サラミ:約497kcal
  • ビーフジャーキー:約315kcal

このように比較してみると、ウインナーのカロリーが低いように見えますが、あくまでも高カロリーな加工肉の中では低カロリーということであり、食品全体で見ると、ウインナーは十分高カロリーと言うことができます。

しかし、そんな高カロリーなウインナーにもダイエット効果が含まれており、食べ方次第では痩せれると言われているのです。

ウインナーの糖質量は?

http://bit.ly/2tLtwzM

ウインナーに含まれている糖質量は100gあたり「約3g」程度であり、畜肉製品であることから低糖質になっています。

ウインナー以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ベーコン:約0.3g
  • サラミ:約2.1g
  • ビーフジャーキー:約6.4g

ウインナーは、低糖質なお肉が原料の食べ物なので、低糖質になっています。

調味料やレシピによっては、この数値よりも糖質が上がってきますが、そこさえ注意できれば糖質の面から見るとダイエットに効果的と言うことができます。

ウインナーのダイエット効果

http://bit.ly/2ul9IEN

たんぱく質が体の代謝を高めてくれる

ウインナーは畜肉製品なのでたんぱく質が豊富に含まれています。

このたんぱく質には、体の筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあり、ダイエットに非常に重要な効果を発揮してくれると言われています。

筋肉をつけると体重が重くなり、敬遠している方も多いのですが、筋肉がつくと体の代謝がアップし、1日の消費カロリーを高くすることができるので、痩せやすい体を作ることができると言われているのです。

ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる

ウインナーには、「ビタミンB1」というビタミンが豊富に含まれています。

このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、高いダイエット効果を発揮してくれます。

食べ物により糖質が摂取されると、インスリンというホルモンが膵臓から分泌されるのですが、このインスリンによって、糖質が体脂肪に変換され、太る原因になるのです。

しかし、ビタミンB1を摂取することで、その糖質の代謝を促してくれるので、太りにくい体を作ることができると言われています。

脂質によって満腹感があり腹持ちが良い

ウインナーには脂質が含まれています。

脂質というと、太るイメージがあり、デメリットばかりに目が行きがちなのですが、実は脂質には満腹感があり、腹持ちをよくしてくれる働きがあると言われています。

もちろん脂質の摂り過ぎは太る原因になるのですが、適量摂取することで、食事や間食の量を減らせ、ダイエットに効果的なのです。

ウインナーの注意点・デメリット

http://bit.ly/2uUlsvd

ケチャップやマヨネーズなどの調味料のカロリーに注意

ウインナーに何もつけずに食べる方もいれば、ケチャップやマヨネーズなどの調味料をつけて食べる方もいると思います。

みなさんもご存知の通り、ケチャップやマヨネーズは高カロリーで、ただでさえ高カロリーなウインナーがより高カロリーになってしまいます。

ダイエット中はできるだけ、ケチャップやマヨネーズなどの調味料をつけるのは控えるようにしましょう。

塩分量に注意

ウインナーは塩分量が多い食べ物と言われており、100g中にで約1.9gの塩分が含まれていると言われています。

体内で塩分量が多くなると、食欲を増進してしまったり、体にむくみが生じる原因になります。

ウインナーに限らず、ダイエット中はカロリーや糖質量だけでなく、塩分量も注意するようにしましょう。

ウインナーのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2ulCk0u

調味料はマスタードがおすすめ

ウインナーのダイエット効果を高める食べ方として、調味料にマスタードを使用する方法をおすすめします。

マスタードには、体の代謝を高めることで、脂肪を燃焼しやすい体を作ってくれる働きがあると言われており、ダイエットに有効な食材です。

ただし、マスタードにもカロリーが含まれていますので、つけすぎには注意するようにしましょう。

有酸素運動と組み合わせるとより代謝が高まる

ウインナーに有酸素運動をプラスする方法も、ダイエット効果が高まるのでおすすめの方法です。

先ほど、ウインナーにはたんぱく質が豊富に含まれており、代謝をアップしてくれる働きがあると紹介しましたが、そこにウォーキングやランニング、水泳などの有酸素運動をプラスすると、より代謝が高まり、脂肪が燃えやすい体にすることができると言われています。

高カロリーなウインナーでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ウインナーのカロリー・糖質量を紹介しました。

ダイエット効果が豊富なウインナーですが、高カロリーなので、必要な量だけに抑えて食べることが大切です。

脂質が多いことも考えて食べ過ぎないように食生活に取り込むことがダイエット中には欠かせません。

それを守ればタンパク質やビタミンB群を効率良く摂取できるので、ダイエットに効果的です。

ダイエット中にウインナーを食べる際は、今回紹介した「マスタードをつけて食べる」、「有酸素運動と組み合わせる」などのダイエット効果が高まる食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…