2014-10-21-1017p-thumb

ピーナッツのカロリー・糖質は?ダイエット向きの食材に変える食べ方

ピーナッツはおやつやおつまみなど食べ方が多い食べ物として有名です。ピーナッツは高カロリーで食べ方を間違えればあっという間に太りますが、食べ方の注意点を守れば痩せることができます。ピーナッツのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなピーナッツでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2u9vsDB

お酒のお供や子供のおやつなどピーナッツは幅広い楽しみ方によって多くの人に愛されています。

そんなピーナッツは、高カロリーでダイエット中は避けられがちな食べ物ですが、ダイエット効果が豊富で食べる量や食べ方次第では痩せることが可能と言われています。

ピーナッツはダイエットだけではなく、健康や美容にも良いと言われており、食生活に是非取り入れたい食べ物です。

今回はピーナッツのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ピーナッツのカロリーは?

http://bit.ly/2v36cLo

ピーナッツのカロリーは落花生と同様に100gあたり「約585kcal」と大変高カロリーです。

ピーナッツ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • カシューナッツ:約576kcal
  • アーモンド:約600kcal
  • ご飯:約168kcal

このように比較してみると、ピーナッツは非常に高カロリーな食材であるのは否めません。

しかし、ピーナッツは高カロリーであっても、それ以上にさまざまな栄養素を豊富に含んでいるので、1日の目安の量をしっかりと守っていればカロリーの摂取をそこまで心配する必要はないと言えます。

ピーナッツの糖質量は?

http://bit.ly/2sH9pzA

ピーナッツの糖質は100gあたり「約11.3g」前後とされています。

ピーナッツ以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • カシューナッツ:約20g
  • アーモンド:約9.3g
  • ご飯:約37g

このように比較すると、ピーナッツの糖質量が低いように思われがちですが、あくまでも高糖質なナッツ類、ご飯と比べて低いということであり、全食品で見ると高糖質の種類に分類されます。

ピーナッツのダイエット効果

http://bit.ly/2tz56cL

ポリフェノールが代謝を高めてくれる

ピーナッツには「ポリフェノール」という成分が豊富に含まれています。

このポリフェノールには、抗酸化作用という体を若返らせる働きがあり、人の体を傷つけ老化させる原因である活性酸素を撃退してくれるので、体が若返ると言われています。

活性酸素によって傷つけられた細胞や内臓は働きが鈍くなり、代謝が落ち、太りやすい体になってしまいます。

そこでポリフェノールを摂取することで、活性酸素を排出してくれ、細胞や内臓が若返るため、働きが活発になり、代謝が上がって痩せやすい体になることができるのです。

カルシウムが脂肪の吸収を抑えてくれる

ピーナッツには「カルシウム」が豊富に含まれています。

カルシウムというと、歯や骨の強化、イライラ解消効果が有名ですが、実は高いダイエット効果もあったのです。

カルシウムには、摂取された脂肪分が体に吸収されるのを抑えてくれる働きがあると言われており、本来脂肪分は体に体脂肪として蓄えられやすいのですが、体脂肪になる前に脂肪分を排出してくれるので、肥満の予防に効果的と言われています。

アミノ酸が脂肪を燃焼してくれる

ピーナッツには、「アミノ酸」という成分も豊富に含まれています。

このアミノ酸には、体に蓄積された体脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、肥満の解消に効果的です。

また、アミノ酸を摂取することで、脂肪を燃焼してくれるだけではなく、体に脂肪がつきにくくしてくれる働きも果たしてくれるので、痩せやすく太りにくい体質を手に入れることができるのです。

ピーナッツの注意点・デメリット

http://bit.ly/2sWQ2Hb

市販のピーナッツは塩分量が多いので注意

よくコンビニやスーパーなどで売っているピーナッツは、塩分量が高い商品が多いです。

塩分には、食欲を増進してしまう働きや、体をむくませてしまう働きがあると言われており、ダイエットの敵なのです。

また、バタピーなどバターで味付けられている商品も多く、高カロリーになっていることが多いです。

食べ過ぎによる便秘に注意

ピーナッツには「タンニン」という成分が豊富に含まれています。

このタンニンを摂り過ぎると、便秘の原因になり、体の老廃物や毒素が体に溜め込まれやすくなるので、太りやすい体になってしまいます。

ダイエット中はピーナッツの食べ過ぎに注意するようにしましょう。1日の目安の30粒前後を守ることが大切になります。

ピーナッツのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2u9ope6

無塩でバターが入っていないものを選ぶ

先ほども紹介しましたが、市販のピーナッツは塩分やバターで味付けされている商品が多いです。

塩分は食欲を増進したり、むくみの原因になり、バターは高カロリーになる原因です。

ダイエット中はできるだけ、無塩でバターが含まれていないものを選ぶと、ピーナッツのダイエット効果が高まります。

料理の具材として食べる

ピーナッツは食べ方がたくさんある食べ物としても有名です。

おやつやおつまみとしてピーナッツを食べてしまうと、なかなか満腹感を得られず食べ過ぎてしまい、太ることに繋がりやすいのですが、料理の具として食べると他の食材がカサ増しとなってくれ、高カロリーなピーナッツの摂取量を減らすことができるので、カロリーを抑えることができると言われています。

高カロリーなピーナッツでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2kc6n3b

ピーナッツのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、ピーナッツは高カロリーでダイエットに向いていないと思われがちですが、ダイエット効果が豊富で食べ方次第では痩せることが可能と言われています。

ピーナッツには豊富な栄養素が含まれていて、ダイエットとしてだけでなく高血圧や便秘の解消などさまざまな健康への効果をもたらしてくれます。

食べ始めると手が止まらなくなるといった人も少なくないのがピーナッツの特徴ですが、カロリーが高めな食材なので食べ過ぎには注意が必要です。

また消化に時間が掛かってしまうこともあるので、夜間に食べるのは避けるのが望ましいと言えます。

効果的にダイエットを行うためにも、決められた摂取量と時間を守ることが大切です。

ダイエット中にピーナッツを食べる際は、今回紹介した「無塩でバターが含まれていないものを選ぶ」、「料理の具として食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…