1632d4e10e8219181719074af1718948

カレールーのカロリー・糖質は?ダイエットに不向きでも痩せれる食べ方

カレーは、日本人の食卓の定番で食べる機会も多いです。カレールーはイメージ通り高カロリー・高糖質でダイエットに向いていないと思われがちですが、ダイエット効果もあり食べ方次第では痩せれます。カレールーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなカレールーでも食べ方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2sE7yzN

ダイエット中でも、そのスパイシーな香りで食欲がそそられてしまうカレー。

カレーライスやカレールーは高カロリー・高糖質なイメージを持たれている方も多いかもしれません。

確かにカレールーは高カロリー・高糖質なのですが、ダイエット効果も豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せれると言われています。

今回は、カレールーのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

カレールーのカロリーは?

http://bit.ly/2uIBQ0C

カレールー100gあたりのカロリーは「約250~350kcal」と高カロリーです。

カレーの種類別のカロリー(100gあたり)

  • カツカレー:約400kcal
  • インドカレー:約300kcal
  • スープカレー:約300kcal
  • キーマカレー:約350kcal

カレールー以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • クリームシチュー:約88kcal
  • ビーフシチュー:約111kcal

このように比較してみても、カレールーのカロリーが高いことがわかります。

カレールーは全体的に油分が多く、具材も肉や根菜が中心でカロリーが高くなりがちです。

しかし、カレールーは高カロリーですが、ダイエット効果が豊富なので、食べ方次第では痩せることができると言われています。

カレールーの糖質量は?

http://bit.ly/2uIzoHz

カレーの具材には糖質の高い根菜類が多く使われているので、100gあたり「約20g」と高糖質になっています。

カレールー以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • クリームシチュー:約3.82g
  • ビーフシチュー:約3.92g

このように比較すると、カレールーの糖質量が圧倒的に高いということがわかります。

かレールにはとろみをつけるために小麦粉が含まれており、この小麦粉の糖質が高いため、カレールーの糖質が高くなっているのです。

カレールーのダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2tP1LY5

ターメリックが脂肪を燃焼してくれる

カレールーにはスパイスの一種である「ターメリック」が豊富に含まれています。

このターメリックには、脂肪を分解し、燃焼を促してくれる働きがあり、ダイエットに効果的と言われています。

体に蓄積された脂肪を解消することはなかなか難しいのですが、ターメリックを摂取することで、効率的にかつ効果的に脂肪を燃焼することができるので、オススメのスパイスです。

ガラムマサラが代謝を高めてくれる

カレールーには「ガラムマサラ」というスパイスも使用されています。

このガラムマサラには、血行を良くしてくれる働きがあり、代謝のアップを見込めるスパイスと言われています。

血行が良くなることで、血液に含まれる栄養分が体の隅々まで行き渡りやすくなり、体の働きが活発になるので、代謝が上がり、1日の消費カロリーを増やすことができるのです。

ナツメグが便秘を解消してくれる

カレールーには「ナツメグ」というスパイスも使用されています。

このナツメグには、胃腸を温め、機能を高めてくれる働きがあり、腸内環境を改善し便秘の解消効果があると言われています。

胃腸が冷えることで、胃腸の働きが鈍くなり便秘になりがちなのですが、ナツメグによって便秘が解消され、体に蓄積された老廃物や毒素が排出されやすくなるので、痩せることができます。

カレールーの注意点・デメリット

http://bit.ly/2tKr8tr

肉のカロリー、じゃがいもの糖質に注意

カレールーの具材として、牛肉や豚肉、鶏肉などの肉類やじゃがいもが定番ですが、これらの具材には注意点があるので、入れる量に注意するようにしましょう。

その注意点というのは、肉類は高カロリー、じゃがいもは高糖質ということです。

それでなくてもカレールーは高カロリー・高糖質なので、肉やじゃがいもを入れ過ぎてしまうと、より高カロリー・高糖質になってしまうので、注意するようにしましょう。

ご飯やナンのカロリー・糖質にも注意

カレールーはご飯やナンにかけて食べるのが一般的です。

ご飯やナンは炭水化物なので、カロリー・糖質がかなり高くなっており、カレールーをかけ過ぎて食べてしまうと、かなりの高カロリーな食べ物になってしまいます。

ご飯やナンの量を調節するなどの工夫をすることで、太りにくくすることが可能です。

香辛料が食欲を増進してしまう

みなさんも、カレーを食べたらついつい食べ過ぎてしまったという経験のある方もいるのではないでしょうか?

カレールーには豊富にスパイスが使用されており、このスパイスが食欲を増進すると言われており、食べ過ぎてカロリーオーバーに繋がってしまいます。

カレールーのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2tP581m

ご飯をこんにゃく米にする

先ほども紹介しましたが、カレーのお供のご飯はカロリーが高い食べ物なので、カロリーオーバーしやすくなってしまいます。

そこで、ご飯をこんにゃく米に変える方法をおすすめします。

ご飯1膳分のカロリーは「約250kcal」と言われていますが、こんにゃく米のカロリーは1膳あたり「約130kcal」と約半分ほどに抑えることができます。

肉は炒めたものじゃなく蒸したものを使用する

かレールーのダイエット効果を高める食べ方として、肉は炒めるのではなく蒸す方法をおすすめします。

肉を油で炒めることで油のカロリーがプラスされ高カロリーになってしまうのですが、肉を蒸すと油を使用しないので、カロリーを抑えることができ、ヘルシーにすることができます。

高カロリーなカレーでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2wgCFOW

カレールーのカロリーや糖質、カレールーのスパイスによるダイエット効果、ダイエット中の注意点と工夫についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

カレーはセロトニンという幸せ物質を出すのに最適な食べ物なのだそうで、食べると幸せ気分になれる食べ物です。

ダイエット中だからといって食べられないのはつらいですよね。

スパイスの効能を上手に利用しながら、カロリーや糖質に気を付けていれば、ダイエット中でもカレーが楽しめますね。

ダイエット中にカレールーを食べる際は、今回紹介した「こんにゃく米を使う」、「肉は蒸したものを使う」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…