fotolia_93195536

ツナ缶のカロリー・糖質は?ダイエット効果を高めるアレンジレシピ

ツナ缶はマグロやカツオを油付けや水煮にして缶に入れた食べ物です。ツナ缶は低カロリー・低糖質でダイエットに効果的ですが、太る要素も含まれており、食べ方次第では太る原因になります。今回はツナ缶のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高めるアレンジレシピを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリー・低糖質なツナ缶でも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2t8oX1S

ツナ缶は、マグロやカツオを油漬け、水煮にした食べ物のことで、そのまま食べたり、料理に入れたり、ツナマヨにしたりなどたくさんの食べ方がある食材です。

ツナ缶は低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果が豊富に含まれており、ダイエットに効果的と言われています。

しかし、そんなツナ缶にも太る要素が含まれているので、食べ方次第では太ることにも繋がるので注意が必要です。

今回は、ツナ缶のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高めるアレンジレシピを紹介します。

ツナ缶のカロリーは?

http://bit.ly/2ugTwBo

ツナ缶の原材料の種類には、びんながまぐろ(びんちょうまぐろ)・きはだまぐろ・かつおの三つがあります。

びんながまぐろを原材料にしたツナ缶は「ホワイト」と呼ばれ、きはだまぐろ・かつおを原材料にしたツナ缶は「ライト」と呼ばれています。

ツナ缶の種類別のカロリー(100gあたり)

  • 油漬けのツナ缶ライト:約267kcal
  • 油漬けのツナ缶ホワイト:約288kcal
  • 水煮のツナ缶ライト:約71kcal
  • 水煮のツナ缶ホワイト:約97kcal

このように魚の種類や、油漬けか水煮かでカロリーが全く違うことがわかります。

ツナ缶以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • サバの味噌煮:約217kcal
  • サバの水煮:約150kcal

このように比較すると、油漬けのツナ缶のカロリーは高く、水煮のツナ缶のカロリーが低いことがわかります。

ダイエット中は低カロリーな水煮を選ぶとより痩せることができます。

ツナ缶の糖質量は?

http://bit.ly/2o2SB2Z

では、ツナ缶の糖質量はどうなっているのでしょうか。

先ほど4種類のツナ缶のカロリーを紹介し、それぞれ異なった数値でしたが、糖質でみると、この4種類は全て同じ糖質量で、100gあたり「約0.1g」と低糖質です。

ツナ缶以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • サバの味噌煮:約6.6g
  • サバの水煮:約0.6g

このように比較してみると、いかにツナ缶の糖質量が低いかがわかります。

ツナ缶は低糖質なので、糖質制限ダイエットを行なっている方でも安心して食べることができる食べ物なのです。

ツナ缶のカロリー以外のダイエット効果

http://bit.ly/2tHFWdd

DHAやEPAがコレステロール値を下げてくれる

ツナ缶には、「DHA」や「EPA」という必須脂肪酸が豊富に含まれています。

このDHAやEPAには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われていて、ダイエットに非常に高い働きかけをしてくれる成分です。

血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、体脂肪を減らすことができ、痩せることができます。

ナイアシンが脂肪や糖質を分解してくれる

ツナ缶には、「ナイアシン」という成分も豊富に含まれています。

このナイアシンには、摂取された脂肪や糖質を分解して排出してくれる働きがあり、体に脂肪をつける素である脂肪や糖質を効率良く排出することができるので、太りにくい体を手にいれることができると言われています。

たんぱく質が代謝を高めてくれる

ツナ缶には「たんぱく質」が豊富に含まれています。

このたんぱく質は体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあり、体で筋肉が作られることで体の代謝がアップし、1日の消費カロリーを高くすることができるので、痩せることができます。

ダイエット中は筋肉をつけると体重が重くなりそうで避けられがちですが、ダイエット中こそ適度な筋肉をつけたほうが良いのです。

ツナ缶の注意点・デメリット

http://bit.ly/2tHwpTv

マヨネーズや醤油のカロリーに注意

ツナ缶でダイエットをしていると、最初は問題ないのですが、続けているうちに味に飽きてしまい、マヨネーズや醤油などの調味料をかけて食べるという方が多いです。

ご存知の通り、マヨネーズや醤油にもカロリーが含まれていますので、できるだけかけないか、かけても量を少なくするなどの工夫をしましょう。

油漬けは油に注意

ツナ缶には、油漬けと水煮の2種類ありますが、油漬けのツナ缶を食べる場合にはその油に注意するようにしましょう。

油漬けしたツナ缶のカロリーのほとんどを占めているのが、油のカロリーです。

そのまま食べてしまうと、大量に油を摂取することになり、あっという間に太ってしまうので、油をよく切って食べることをおすすめします。

ツナ缶のダイエット効果をより高めるアレンジメニュー

http://bit.ly/2uBe1b2

ツナアボカド豆腐がおすすめ

ツナ缶のダイエット効果を高める食べ方として、「ツナアボカド豆腐」というメニューで食べるのがオススメです。

アボカドは1センチ角に切り、油切りしたツナ缶と混ぜ合わせ、それをお豆腐の上にかけ、醤油やわさびを少しかけると美味しく頂けます。

アボカドには「カリウム」が含まれていて、ダイエットの大敵であるむくみを解消してくれます。

また、豆腐には「大豆オリゴ糖」という成分が含まれており、腸内環境を整え、便秘を解消してくれる働きを持っているので、ツナ缶のダイエット効果を最大限に引き出してくれるレシピです。

ツナおからサラダもおすすめ

ツナ缶のダイエット効果を高める食べ方として、「ツナおからサラダ」もおすすめです。

おからパウダーと油切りしたツナ缶を混ぜ合わせ、塩コショウ・マヨネーズ少々で味付けするだけで出来上がり。

おからパウダーには、水分を吸収して膨らむという性質があると言われており、おからパウダーがお腹の中で水分を吸って膨張することで、少量で満腹感を得ることができるので、摂取カロリーをカットできるのです。

低カロリーなツナ缶でも食べ方次第では太るのでご注意を!

http://bit.ly/2wgCFOW

今回、ツナ缶の気になるカロリーから糖質量まで見てきましたが、カロリーが低く糖質量もほぼ0のツナ缶は非常にダイエットに向いていることがわかります。

高たんぱく質でその他の栄養素も豊富に含まれているツナ缶は、肉の代わりに使用したり、サラダやパスタ、スープと幅広い使い方ができますので、楽しくおいしくダイエットすることができます。

ただし、ツナ缶にも太る要素が含まれており、食べ方次第では太る原因にもなるので、注意が必要です。

ダイエット中にツナ缶を食べる場合は、今回紹介した「ツナアボカド豆腐」、「ツナおからサラダ」などのアレンジメニューを試してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…