main_ヒレカツ

ヒレカツのカロリー・糖質は?ダイエット中でも食べれるようにする方法

ヒレカツはとんかつの一種で、脂の少ないヒレ肉を使用していますが、高カロリーです。ヒレカツはダイエットに向いていないと思われがちですが、食べ方次第では痩せれると言われています。今回はヒレカツのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める方法などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなヒレカツでも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2tEeQUj

ヒレカツは、ヒレという部位のお肉を使用したとんかつのことで、油で揚げているので、高カロリーになっています。

みなさんもヒレカツは高カロリーというイメージをお持ちなので、ダイエットに向いてないと思われがちですが、実は高いダイエット効果を豊富に含んでおり、食べ方次第では痩せることが可能なのです。

今回は、ヒレカツのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ヒレカツのカロリーは?

http://exci.to/2sAm86y

ヒレカツのカロリーは、100gで「約209kcal」と高カロリーです。

ヒレカツ以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • ロースカツ:約344kcal
  • 生姜焼き:約191kcal
  • 野菜炒め:約60kcal

このように比較してみても、ロースカツよりは低カロリーなものの、ヒレカツのカロリーは高いということがわかります。

豚肉を油で揚げているので、このような数値になるのも納得です。

しかし、ヒレカツにはダイエット効果が豊富に含まれているので、食べ方次第では痩せることが可能なのです。

ヒレカツの糖質量は?

http://bit.ly/2uy3c9Y

ヒレカツの糖質は100gあたりで「約14g」です。

カロリーと比較すると含まれている糖質はかなり抑えられているため、糖質制限ダイエットの観点で考えると食べやすいメニューだと言えます。

ヒレカツ以外の食べ物の糖質量(100gあたり)

  • ロースカツ:約9.1g
  • 生姜焼き:約4.78g
  • 野菜炒め:約3.2g

このように比較してみても、ヒレカツの糖質量は高いということがわかります。

パン粉や小麦粉には糖質が多く含まれており、ヒレカツの糖質のほとんどをパン粉や小麦粉の糖質量が占めています。

ヒレカツのカロリー以外のダイエット効果

http://bit.ly/2sv9z0V

カルニチンが脂肪を燃焼してくれる

ヒレカツのヒレ肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、脂肪を燃焼してくれる働きがあると言われており、ダイエットの強い味方になってくれます。

一度体についてしまうとなかなか解消することができない体脂肪を、カルニチンが効率的にかつ効果的に解消してくれるのでオススメの成分です。

ロースなどの他の部位と比べると脂質が少ない

ヒレカツのヒレ肉は、脂質が少ない部位の一つです。

ヒレ肉は同じトンカツのロースカツのロースの部分と比較しても、圧倒的に脂質が少ないので、食べても体に脂肪がつきにくいと言われているので、ダイエットに効果的なのはヒレ肉と言えるでしょう。

ビタミンB1が糖質代謝を促してくれる

ヒレカツのヒレ肉には、「ビタミンB1」というビタミンが豊富に含まれています。

このビタミンB1には、接種された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、高いダイエット効果を発揮してくれます。

本来、糖質は摂取されると、体に脂肪として蓄えれられやすいのですが、ビタミンB1を摂取していることで、脂肪になる前に排出されやすくなり、太りにくくなると言われています。

ヒレカツの注意点・デメリット

http://bit.ly/2sAutal

古い油は使わない

自宅でヒレカツを作るときは、できるだけ古い油は使用せず、新しい油で揚げるようにしましょう。

なぜ、古い油は良くないかというと、油は酸素に触れることで酸化するのですが、油が酸化すると、太りやすい体を招くことに繋がります。

また、酸化した油は体の健康にもよくありませんので、注意するようにしましょう。

コンビニやスーパーのヒレカツに注意

先ほど、油は酸素に触れると酸化すると紹介しましたが、これは自宅で作る際だけでなく、コンビニやスーパーなどでヒレカツを購入して食べる際にも注意が必要です。

揚げて時間が経ったヒレカツは脂が酸素に長時間触れているということであり、油がそれだけ酸化しているということです。

太りやすい体質になる原因になるので、できるだけ揚げたてのヒレカツを選ぶようにしましょう。

ヒレカツのダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2ud0DL1

オリーブオイルで揚げる

ヒレカツのダイエット効果を高める食べ方として、サラダ油ではなくオリーブオイルで揚げる方法がおすすめです。

サラダ油とオリーブオイルのカロリーの差はほとんどないのですが、オリーブオイルには「オレイン酸」というダイエット成分が豊富に含まれていると言われています。

このオレイン酸には、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあり、血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるようになるので、肥満の解消に効果的です。

キャベツを付け合わせにする

ヒレカツのダイエット効果を高める食べ方として、キャベツを付け合わせにして食べる方法もおすすめです。

キャベツには食物繊維が豊富に含まれており、便秘の解消を促してくれるので、ヒレカツのダイエット効果が高まります。

また、食物繊維には満腹感を高めてくれる働きもあるので、キャベツを食べることで食事の量を減らすことができ、摂取カロリーをカットすることができます。

高カロリーなヒレカツでも食べ方次第では痩せれる!

http://bit.ly/2wgCFOW

ヒレカツのカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、ヒレカツは揚げ物なので高カロリーになっていて、ダイエット中は敬遠されがちですが、ダイエット効果が豊富で食べ方次第では痩せることが可能なのです。

ヒレカツはロースカツなどの脂が多いカツと比べると低カロリーなので、ダイエット中にとんかつを食べたくなったら、ヒレカツを選ぶようにすると良いでしょう。

ダイエット中にヒレカツを食べる際は、今回紹介した「オリーブオイルで揚げる」、「キャベツを付け合わせにする」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…