f854595df41b2b7913a730666ab4e71a-e1436919238403

甘酒のカロリー・糖質は?飲み方次第ではダイエット向けに変えれる

甘酒は甘さを出すために大量の砂糖を使用しており、高カロリー・高糖質で、ダイエットに向いていないと思われがちですが、飲み方次第では痩せることができると言われています。甘酒のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める飲み方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質な甘酒でも飲み方次第では痩せれる?

http://bit.ly/2u88xFk

甘酒は、縁起物として古くから日本人の定番の飲み物です。

甘酒は名前の通り甘く、甘さを出すために砂糖などを使用していて、高カロリー・高糖質です。

そのため、一見ダイエットに向いていないと思われがちですが、ダイエット効果が豊富で、飲み方次第ではダイエットに用いることができると言われています。

今回は甘酒のカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める飲み方などを紹介します。

甘酒のカロリーは?

http://bit.ly/2u88xFk

甘酒のカロリーは、100gあたり「約81kcal」と言われています。

甘酒以外の飲み物のカロリー(100gあたり)

  • ビール:約40kcal
  • 焼酎:約206kcal
  • 日本酒:約109kcal

このように比較してみると、甘酒のカロリーは焼酎や日本酒よりは低いですが、ビールの約2倍と高カロリーになっています。

しかし、甘酒は高カロリーですが、ダイエット効果が豊富に含まれており、飲み方次第ではダイエット向きの飲み物に変えることが可能です。

甘酒の糖質量は?

http://bit.ly/2svYMij

甘酒100gあたりの糖質量は、「約17.9g」と高糖質です。

甘酒以外の飲み物の糖質量(100gあたり)

  • ビール:約3.5g
  • 焼酎:0g
  • 日本酒:約3.6g

このように比較してみても、甘酒の糖質量の高さが一目瞭然です。

甘酒は甘さを出すために砂糖やブドウ糖などを使用しているため、このような高い糖質量になっているのです。

何も考えずに甘酒を飲んでしまうと気づけば糖質過多になってしまい太る原因に直結します。

甘酒が好きでなるべく糖質を抑えたいという場合は、飲む前に糖質カットサプリなどを飲むようにして、血糖値上昇を抑える工夫が必要です。

甘酒のカロリー以外のダイエット効果・メリット

http://bit.ly/2tzlYRO

ビタミンB群が糖質や脂質の代謝を促してくれる

甘酒には「ビタミンB群」が豊富に含まれています。

このビタミンB群には、接種された糖質や脂質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、ダイエットに効果的です。

本来、糖質や脂質は摂取されると、体に体脂肪として蓄えられやすいのですが、ビタミンB群を摂取することで、糖質や脂質が脂肪に変わる前に代謝してくれるので、太りにくくなると言われています。

イノシトールがコレステロールを下げてくれる

甘酒には「イノシトール」という成分が豊富に含まれています。

このイノシトールには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあり、血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的と言われています。

アミノ酸や乳酸菌が便秘を解消してくれる

甘酒には、豊富に「アミノ酸」や「乳酸菌」が含まれています。

体内で合成できない「トリプトファン」や「フェニルアラニン」、「バリン」といった必須アミノ酸や乳酸菌が、腸内環境を整え、便秘を解消し、デトックス効果を高めてくれます。

その結果、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなるので、高いダイエット効果を期待することができます。

甘酒の注意点・デメリット

http://bit.ly/2t0yGaN

酒粕で作られる甘酒に注意

甘酒には米麹から作られるものと酒粕から作られるものの2種類があります。

酒粕で作られる甘酒にはアルコールが含まれている上に、砂糖がたくさん使用されているので、米麹から作られている甘酒よりも高カロリーになっています。

ダイエット中に甘酒を飲む際は、米麹から作られているものを選ぶと良いでしょう。

1日1杯までにする

先ほども紹介しましたが、甘酒は高カロリーなので、きちんと3食食事をして、たくさんの甘酒を飲んでしまうと、簡単にカロリーオーバーしてしまいます。

そこで、1日1杯に抑えることで、カロリーがオーバーすることが少なくなり、太りにくくなると言われています。

甘酒のダイエット効果をより高める方法・工夫

http://bit.ly/2tyW5S3

寝る前に飲む

甘酒のダイエット効果を高める飲み方として、寝る前に飲む方法をおすすめします。

寝る前が良い理由は、甘酒の持つストレス軽減や代謝機能活性化などの効果が、リラックスしている就寝中に十分に発揮されるためです。

ダイエット中は寝る前に甘酒を飲むと良いでしょう。

生姜を加えて飲む

甘酒のダイエット効果を高める飲み方として、生姜を加えて飲む方法もおすすめです。

生姜には体を温めてくれる働きがあり、体が温められると、内臓まで温められるので、働きが活発になり、代謝がアップすることで、痩せやすい体を作ることができると言われています。

ダイエット中は、甘酒に生姜を加えて飲むようにしましょう。

高カロリーな甘酒でも飲み方次第では痩せることができる!

http://bit.ly/2wgCFOW

甘酒のカロリー・糖質量を紹介しました。

紹介した通り、甘酒は高カロリー・高糖質で、ダイエットに向いていないと思われがちですが、ダイエット効果が豊富で、飲み方さえ間違えなければ実はダイエットに効果的な飲み物だったのです。

甘酒ならではの長所を活かした取り入れ方をすれば、好きな甘酒を我慢しなくても体重を健康的に落とすことは可能です。

近年では甘酒で太るという説が覆されるようになっており、逆にダイエットの主役として使われることもあります。

ダイエット中に甘酒を飲む際は、今回紹介した「寝る前に飲む」、「生姜を加えて飲む」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…