image-3

ざるそばのカロリー・糖質は?ダイエット向きでも注意すべき太る食べ方とは

ざるそばは冷たいお蕎麦のことで、低カロリーな上にダイエット効果が豊富でダイエットに向いている食べ物ですが、太る要素も含まれており、食べ方次第では太る原因になってしまうので注意が必要です。そんなざるそばのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、効果を高める食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低カロリーなざるそばでも食べ方次第では太る?

http://bit.ly/2um9c5f

ざるそばとは、簡単に言うと冷たいお蕎麦のこと。

ざるそばというと、ヘルシーで低カロリーなイメージを持たれる方も多いですが、その通りでざるそばは低カロリーな上にダイエット効果が豊富に含まれているので、ダイエットに向いています。

しかし、そんなざるそばにも太る要素が豊富に含まれているので、食べ方次第では太る原因にもなるので注意が必要です。

今回は、ざるそばのカロリー・糖質量、ダイエット効果、注意点、ダイエット効果を高める食べ方などを紹介します。

ざるそばのカロリーは?

http://bit.ly/2toSp4k

まず気になるざるそばのカロリーですが、100gあたり「約90kcal」と言われています。

ざるそば以外の食べ物のカロリー(100gあたり)

  • かけそば:約81kcal
  • うどん:約105kcal
  • そうめん:約127kcal
  • パスタ:約149kcal
  • ご飯:約168kcal

このように他の食べ物と比較してみても、ざるそばのカロリーが低いということがわかります。

ざるそばは低カロリーなので、ダイエットに向いている食べ物と言うことができます。

ざるそばの糖質量は?

http://bit.ly/2um5yIT

次にざるそばの糖質を見てみます。ざるそば一食の糖質は「約43g」と高糖質です。

ざるそば以外の食べ物の糖質量(一食あたり)

  • かけそば:約56g
  • うどん:約41g
  • そうめん:約50g
  • パスタ:約53g
  • ご飯:約55g

そば類は炭水化物なため、基本的に糖質量が高くなっています。

低カロリーだからといって、ざるそばを食べ過ぎると、糖質量が多いため、あっという間に太ってしまうので注意するようにしましょう。

ざるそばのカロリー以外のダイエット効果・メリット

http://exci.to/2s51EDx

GI値が低い

うどんやパスタなどの麺類は小麦粉が原料のため、GI値という血糖値のどれくらい上昇しやすいかを表した数値が高くなっています。

一方でざるそばは、GI値の低いそば粉が原料のため、血糖値が上昇しにくく、太りにくいと言われています。

血糖値が上昇すると、その血糖値を下げようと膵臓からインスリンというホルモンが分泌されるのですが、このインスリンは体に脂肪を蓄えるという働きも持っているため、太ってしまうのです。

ルチンが代謝を高めてくれる

ざるそばには「ルチン」という成分も豊富に含まれています。

このルチンには、ドロドロになった血液をサラサラにしてくれる働きがあると言われており、血液がサラサラになることで、血液循環が良くなり体全体に栄養がいい渡り易くなるので、基礎代謝がアップし、痩せやすい体質になることができます。

ビタミンB群が糖質や脂質の代謝を促してくれる

ざるそばには「ビタミンB群」が豊富に含まれています。

このビタミンB群には、摂取された糖質や脂質の代謝を促してくれる働きがあると言われています。

本来、糖質や脂質は体に脂肪がつく原因と言われているのですが、ビタミンB群を摂取することで脂肪になる前に代謝してくれるので、太りにくくなるのです。

ざるそばの注意点・デメリット

http://bit.ly/2tsxrCL

乾麺は効果が少ない

ざるそばの麺には、生麺と乾麺があるのですが、ダイエット中は生麺を選ぶようにしましょう。

乾麺はつなぎに小麦粉を使用しているのでルチンやビタミンが生麺に比べると低く、カロリーも生麺の方が80kcalも低いと言われているためです。

天ぷらのカロリーに注意

ざるそばと天ぷらの相性は抜群で、ざるそばを食べるときは必ず食べるという方も多いのではないでしょうか?

しかし、天ぷらはご存知の通り、油で揚げているので高カロリーです。

低カロリーなざるそばが高カロリーになってしまうことに繋がるので、ダイエット中はできるだけ天ぷらを控えるようにしましょう。

ざるそばのダイエット効果を高める食べ方・工夫

http://bit.ly/2tnLmtg

わさびと一緒に食べる

ざるそばのダイエット効果を高める食べ方として、わさびと一緒に食べる方法がおすすめです。

お店でざるそばを頼むとわさびがついてくるところが多いように、味の相性が抜群で大変美味しいです。

しかし、美味しいだけではなく、わさびには体の代謝を高めてくれる働きがあり、ダイエット効果もプラスされるので試してみてください。

ネギと一緒に食べる

ざるそばの薬味として、ネギもオススメです。

ネギには「アリシン」という成分が含まれており、このアリシンにはビタミンB1が体に吸収されるのを助けてくれる働きがあります。

ビタミンB1には、糖質の代謝を促してくれる働きがあり、アリシンを摂取することで、効率良くビタミンB1を吸収することができ、太りにくくなるのです。

低カロリーなざるそばでも食べ方にご注意を!

http://bit.ly/2wgCFOW

ざるそばは低カロリーでダイエットに向いている食品です。

紹介した通り、ざるそばは糖質こそ高いものの、低カロリーな上にダイエット効果も豊富に含まれているので、ダイエットに向いている食べ物です。

しかし、そんなざるそばにもデメリットが存在していて、食べ方次第では太る原因になるので、注意が必要です。

ダイエット中にざるそばを食べる場合は、今回紹介した「わさびやネギを一緒に食べる」などのダイエット効果を高める食べ方を実践してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…