thum_4364_3

【専門家に聞いた】バターコーヒーダイエットの正しい方法と注意点とは

バターコーヒーダイエットは、短期間で高いダイエット効果があると話題のダイエット法ですが、間違えた方法では効果は半減してしまいます。今回は栄養士・専門家に聞いた情報をもとに、バターコーヒーダイエットの正しい方法や注意点、おすすめのグラスフェッドバターなどを紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バターコーヒーダイエットとは

皆さんは、『バターコーヒーダイエット』をご存知でしょうか?

バターコーヒーダイエットは、アメリカ発祥で、その名前通りバターを入れたコーヒーを飲むという、海外で大ブームになっているダイエット法です。

アメリカの起業家であるデイヴアスプリー氏が「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」でこのバターコーヒーダイエットを紹介し、日本でも瞬く間にブームになっています。

著者のデイヴ・アスプリー氏は、実際にこのバターコーヒーダイエットで、150キロもあった体重を100キロ以下にまで落としており、その効果の高さが話題になっています。

デイヴ・アスプリー氏が成功したように、バターコーヒーダイエットは高いダイエット効果があると医学的にも言われておりますが、正しい方法で実践している人は少なく、せっかくのダイエット効果が半減してしまっています。

そこで、今回は、栄養士・コーヒーの専門家に聞いた情報を元に、『本当に正しいバターコーヒーダイエットの方法』について紹介します。

完全無欠コーヒーや防弾コーヒーとの違いは?

バターコーヒーダイエットについて調べていると、よく完全無欠コーヒーや防弾コーヒーという類似語が使われます。

これらの言葉は、厳密には意味が異なるのですが、完全無欠コーヒーも防弾コーヒーもバターコーヒーと同意味で使われることが多いので、ここでは一緒のものと考えて良いでしょう。

より日本寄りで定番の呼び方がバターコーヒーダイエットで、アメリカ流の呼び方が完全無欠コーヒーや防弾コーヒー(日本語訳)と考えておきましょう。

バターコーヒーダイエットの正しい方法・やり方

バターコーヒーダイエットの正しい方法は、「朝食にバターコーヒーを飲むだけです。」

これがよく言われる、バターコーヒーダイエットのやり方ですが、実はこの方法は、効果的な方法という観点から見ると、正しくありません。

正式には、「夕食後16~18時間後までは食事をせずに、その代わり朝食にバターコーヒーを飲む」のです。

例えば、20時に夕食を食べた場合は、最低でも16時間後の翌日12時までは次の食事をしないようにするのです。

通常であれば、お昼まで食事をしないというのは難しいのですが、バターコーヒーは食事としてはカウントしなくて良く、満足度の高い飲み物なので、空腹にはなかなかなりません。

これが正しい方法なので、仮に遅めの22時にご飯を食べた場合は、最低でも翌14時まで昼食を食べないのが望ましいので注意しましょう。

バターコーヒー(完全無欠コーヒー)の作り方

では、バターコーヒーはどのように作るのでしょうか。

  • 《バターコーヒーの材料》
  • グラフェッドバター 10g
  • ブラックコーヒー 1杯
  • ココナッツオイル(MTCオイル) 大さじ1

バタコーヒーの作り方は、とても簡単で、ブラックコーヒーにグラフェッドバター10gと、ココナッツオイルもしくはMCTオイル大さじ1杯を入れて混ぜ合わせるだけです。

コーヒーは、インスタントでも構いませんが、できれば良質な淹れたてのドリップコーヒーの方が味も美味しくおすすめです。

MCTオイルとココナッツオイルの違いは、よりMCTオイルの方が体脂肪になりづらいとされており、ダイエット向きなので、可能であればMCTオイルにすると良いでしょう。

バターコーヒーダイエットの6つの効果

1、単純に朝食分のカロリーがカットできる

まず、バターコーヒーを朝食に置き換えることになるので、単純にカロリーがカットできます。

朝食の平均カロリーは、500~600kcal前後のことが多いですが、バターコーヒー1杯あたりのカロリーは、およそ「200kcal」ほどです。(バター・MTCオイルが1杯の場合)

仮に2杯飲む場合でも400kcalほどなので、かなりのカロリーをカットできることになります。

2、昼食による食べ過ぎを防ぐことができる

朝食がバターコーヒーだけだと、昼食までにお腹が空いてしまいそうで、その分の反動で沢山食べてしまうのでは?と思う方も多いのですが、

実際にバターコーヒーを飲んでみると、なかなかお腹が空きません。

お腹が全然空かないので、昼食もカットすると言う人もいるようです。

3、バターの不飽和脂肪酸にはコレステロールや中性脂肪の排出効果のある

バターコーヒーダイエットで使用する「グラスフェッドバター」には、血中コレステロールや中性脂肪の排出を促進する効果があります。

グラスフェッドバターは、普通のバターとは違って良質なバターなので、ダイエット効果も高いのです。

グラスフェッドバターについて、詳しくは、後ほど説明をします。

4、カフェインが交感神経を刺激し、代謝アップ&便秘改善

カフェインには交感神経を刺激し、代謝アップや便秘改善をサポートする効果があります。

カフェイン中毒になるほどのカフェインは、体にとってよくありませんが、適度なカフェインは、ダイエットに効果があるのです。

ただし、妊娠中の方は、カフェイン摂取は控えるようにしましょう。

5、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が脂肪の分解をサポート

コーヒーには、「クロロゲン酸」というポリフェノールが含まれており、このクロロゲン酸には脂肪が体内に蓄積するのを防ぎ、脂肪を分解燃焼してくれる働きがあります。

ダイエット中のブラックコーヒーは、カロリー・糖質も無いので、メリットが多いのです。

6、頭の働きが良くなる

これはダイエット効果ではありませんが、バターコーヒーダイエットをすることにより、カフェインによって、頭が冴え集中力が高まり、1日の仕事や勉強の効率がアップするはずです。

バターコーヒーダイエットの生みの親であるデイヴ・アスプリー氏は、150キロから100キロ以下までに減量に成功したことに加え、IQをなんと20ポイントもアップさせているそうです。

バターコーヒーダイエットの注意点

http://bit.ly/2qPyGcS

バターコーヒーダイエットは、朝食の代わりにバターコーヒーを飲む、いわゆる置き換えダイエットで、その方法は簡単なのですが、注意点がいくつかあります。

この注意点を無視してしまうと、痩せることはできないばかりか太ってしまう恐れもあるので、注意しましょう。

使用するバターはグラスフェッドバター

バターコーヒーダイエットにおいて使用するバターは何でも良いわけではなく、良質な脂質を持つとされる「グラスフェッドバター」にしてください。

グラスフェッドバターは、牧草だけで育った牛から作る牛乳で、通常のバターと比べて塩分量が低く、コレステロールや中性脂肪の排出効果のある不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

ココアバター(カカオバター)でも代用はできますが、できる限りより良質なグラスフェッドバターにしましょう。

グラスフェッドバターが購入できる場所

グラスフェッドバターは、まだまだ日本では認知度が低く、普通のスーパーやコンビニでは売っていません。

最近では、一部のコストコや成城石井でも販売されていますが、種類も少なくダイエット向きでないことも多いので、Amazonなどで安く購入すると良いでしょう。

中鎖脂肪酸油バターコーヒーダイエットは人によって合う合わないがある

バターコーヒーダイエットは、実践する人の体型や生活習慣によて合わない場合もあります。

  • 《バターコーヒーダイエットが合わないタイプ》
  • 肥満体型である
  • 置き換えダイエットが苦手
  • 1日に何食も食べる

これらの特徴に該当する人は、合わない可能性があります。

少し専門的な言葉で言うと、バターコーヒーダイエットは、飲んだ時に満足感を感じるホルモンである「レプチン」の働きによる食欲減退の影響があまりない人には合わないのです。

合う合わないは実際に飲んでみないと確実ではないので、まずは数日間は試してみて、食欲が自然と出なくなるかを確認してみてください。

バターコーヒーにはできればMCTオイルを

バターコーヒーダイエットに使用するバターコーヒーは、MCTオイルでもココナッツオイルでも、どちらでも良いとされていますが、よりダイエット向きなのはMCTオイルです。

ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸油という消化・吸収が早く体内に溜まりづらい油が60%を占めており、ダイエット向きな食物油とされています。

これに対して、MCTオイルは、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸油の部分だけを抽出した100%中鎖脂肪酸油です。

MCTオイルは、より体脂肪になりづらく、食欲を抑制する効果もあるので、バターコーヒーダイエットにおいてもおすすめです。

おすすめのMCTオイルについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

摂取カロリー<消費カロリーを忘れない

ダイエットの基本は、摂取カロリーより消費カロリーが上回るということです。

バターコーヒーダイエットを正しくやっているからと言って、昼食・夕食に暴飲暴食してカロリー過多・糖質過多になれば当然太ります。

また、昼食・夕食にある程度気をつけていても、グラスフェッドバターを何gも入れてしまうと、カロリーオーバーになる可能性があります。

グラスフェッドバターも商品によりますが、10gあたりで「75~100kcal」ほどあるので、基本的には1杯につき10gまでにし、どうしてもマイルドさをより出したい場合は20gまでにしましょう。

オリーブオイル(MCTオイル)についても同様で、2杯までの上限は守りましょう。

バターコーヒーダイエットなら自然に痩せていく!

http://bit.ly/2rPUTbD

最近話題のバターコーヒーダイエットについて紹介しました。

バターコーヒーダイエットは、日本ではまだまだ普及段階なので、間違えたやり方・方法で実践してしまう方が多いダイエット法です。

今回紹介した正しいダイエット法であれば、効果を半減させることがなく、体質が合わない方を除いては、かなりのダイエット効果があるはずです。

最後にバターコーヒーダイエットは、比較的短期間で痩せることができるダイエット法ですが、減量後も2~3ヶ月続けることにより、普段から昼食・夕食で食べすぎると言ったことがなくなります。

食生活を改善するという意味でもおすすめのバターコーヒーダイエット、ぜひお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…