cont02_menu_img14-1

ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット向きな食べ方・レシピ・工夫

ハンバーグは、合挽き肉や小麦粉を使用しており、油で焼いているので高カロリー・高糖質でダイエットに不向きと思われがちですが、食べ方やレシピを工夫すれば太りにくくすることが可能です。ハンバーグのカロリー・糖質量、ダイエット面での注意点、太りにくくする食べ方やレシピを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリー・高糖質なハンバーグでもダイエット向けのレシピに変えれる?

http://bit.ly/2rNH3GK

ハンバーグといえば、牛肉をたくさん使っていて、小麦粉を繋ぎとして油で焼いているので、見るからに高カロリーな食べ物ですよね。

実際にその通りで、ハンバーグは高カロリー・高糖質な上に、太る要素が多く含まれているので、ダイエットには向いていない食べ物と言われています。

しかし、そんなハンバーグにもダイエット効果があり、食べ方の工夫やアレンジレシピ次第では、太りにくくすることは可能なのです。

今回は、ハンバーグのカロリー・糖質量、ダイエット中の注意点、ハンバーグのダイエット効果、太りにくくするレシピなどを紹介します。

ハンバーグのカロリー

http://bit.ly/2s6BMrg

種類別のハンバーグのカロリー(1個あたり)

  • デミハンバーグ:約430kcal
  • 和風おろしハンバーグ:約395kcal
  • イタリアンハンバーグ:約454kcal
  • 煮込みハンバーグ:約534kcal

このように種類別に比較してみると、和風おろしハンバーグのカロリーが一番低いことが分かります。

ただし、この中では低カロリーということであり、食品全体でみると、和風おろしハンバーグも高カロリーなので、注意するようにしましょう。

ハンバーグ以外の食べ物のカロリー(1人前あたり)

  • ステーキ:約437kcal
  • とんかつ:約463kcal
  • 唐揚げ:約464kcal

このように、カロリーが高い食べ物のカロリーと比較してみても、ハンバーグのカロリーは大差がないので、十分高カロリーな食べ物と言うことができます。

ファミリーレストランのハンバーグのカロリー

  • ガスト「チーズインハンバーグ」:約757kcal
  • サイゼリヤ「ハンバーグステーキ」:約495kcal
  • びっくりドンキー「レギュラーバーグディッシュ」:約783kcal

ファミリーレストランのハンバーグは、味付けが濃いので、さらに高カロリーになる傾向があります。

また、有名店や専門店のハンバーグも同様に高カロリーになっているので、ダイエット中は、カロリー摂取量に注意するようにしましょう。

ハンバーグの糖質量

http://bit.ly/2qyC5Ju

種類別のハンバーグの糖質量(1個あたり)

  • デミハンバーグ:約18g
  • 煮込みハンバーグ:約21.7g
  • イタリアンハンバーグ:13g

このように比較すると、イタリアンハンバーグの糖質量の方が低いことが分かります。

あくまでも、ハンバーグの中では低糖質ということで、食品全体で見ると、高糖質に分類されるので、注意するようにしましょう。

そしてデミグラスソースは、煮込みハンバーグよりは糖質が低めですが、カロリーは一番高い味付けになっていますので、こちらも注意が必要です。

ハンバーグ以外の食べ物の糖質量(1人前あたり)

  • ステーキ:約0.3g
  • とんかつ:約0.1g
  • 唐揚げ:約16g

このように他の食べ物と比較してみると、ハンバーグの糖質がいかに高いことがわかります。

ハンバーグの肉や油自体には糖質は含まれていないのですが、パン粉を使用しているため、糖質が高くなっているのです。

糖質を普段から気にしている方であれば、ハンバーグは避けて他の肉料理にするのがベストですが、外食などで食べる際は、糖質カットサプリで血糖値の上昇を抑えるという方法もあります。

ダイエット中にハンバーグを食べる際の注意点

http://bit.ly/2rO0Beh

ソースのカロリーに注意

ハンバーグには、デミグラスソースやおろしソースなど、様々なソースがありますよね。

ソースにもカロリーが含まれており、その中でもデミグラスソースは特に高カロリーです。

ダイエット中にハンバーグを食べる場合は、できるだけデミソースを避け、比較的カロリーが低いおろしソースを選ぶようにすると良いでしょう。

ご飯のカロリーがプラスされる

ハンバーグとご飯ってよく合いますよね。お店でもご飯が付いてくるところが多いです。

ハンバーグとご飯を一緒に食べるととても美味しいのですが、ご飯も高カロリーで、ハンバーグのカロリーにプラスされてしまうので、より太りやすくなってしまいます。

ダイエット中は、ご飯を食べないようにするか、ご飯の量を減らすなどの工夫が必要です。

ハンバーグは肉でも糖質制限ダイエットには向いていない

糖質制限ダイエットをやっている方にとって、低糖質なお肉は、ダイエット中には欠かせないものですよね。

ただし、ハンバーグに関しては、高糖質なので糖質制限ダイエットには向いていないので注意しましょう。

ハンバーグが高糖質になってしまうのは、小麦粉を使用しているからです。

糖質制限ダイエット中にハンバーグを食べたいという場合には、お店の料理ではなく、自宅で低糖質なハンバーグを作ると良いでしょう。

低カロリー・低糖質ハンバーグの作り方については、後ほど紹介します。

そんなハンバーグにもダイエット効果があった!

http://bit.ly/2quz4dP

牛肉脂肪を燃焼してくれる

ハンバーグの原料である牛肉には、「カルニチン」という成分が豊富に含まれています。

このカルニチンには、体の脂肪を燃焼してくれる働きがあり、ダイエットに効果的です。

また、牛肉には鉄分が豊富に含まれており、血液中の酸素量を増やしてくれる働きもあります。

血液中の酸素の量が増えると、内臓や細胞までしっかりと酸素を届けることができるので、内臓の働きが活発になり、代謝が上がり、1日に消費カロリーを増やすことができます。

玉ねぎがコレステロール値を下げてくれる

ハンバーグに使用される玉ねぎのは、「硫化アリル」という成分が豊富に含まれています。

この硫化アリルには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあります。

硫化アリルによって、血液中のコレステロール値が減少すると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の改善に効果的と言われています。

ダイエット向けハンバーグのアレンジレシピを紹介!

牛肉とおからのハンバーグ

http://exci.to/2rfggTg
  • 《材料・レシピ(1人分)》
  • おから 80g
  • 牛ひき肉 50g
  • 玉ねぎ 1/2玉
  • 卵 1個
  • バター 10g
  • 塩胡椒 適量
  • 牛乳 大さじ2

低カロリー・低糖質な牛肉とおからのハンバーグの作り方

1.玉ねぎをみじん切りにし、バターで炒める

2.牛ひき肉、おから、卵、牛乳、玉ねぎ、調味料を混ぜてよくこねる

3.油でハンバーグを両面焼き、中まで火が通っているのを確認したら完成!

低カロリー・低糖質な牛肉とおからのハンバーグのポイント

おからを入れることによって、カサ増しとなりカロリーが高い牛肉の量を減らせ、低カロリーに仕上がっています。

また、おからが繋ぎの役目をして、パン粉を使用していないので、より低カロリー・低糖質に。

おからには、食物繊維が豊富に含まれているので、便秘を解消してくれる働きや、満腹感を感じさせてくれる働きがあり、ダイエット向けのハンバーグになっています。

糖質制限ダイエット中の方も、おからハンバーグなら安心です。

牛肉とれんこんのハンバーグ

http://bit.ly/2s6xT5z
  • 《材料・レシピ(1人前)》
  • 牛ひき肉 100g
  • れんこん 80g
  • 玉ねぎ 1/4玉
  • 牛乳  大さじ1
  • 卵 1/2個
  • パン粉 大さじ1
  • 塩胡椒 適量
  • サラダ油 少々

ダイエット向け!牛肉とれんこんのハンバーグの作り方

1.玉ねぎとれんこんをみじん切りにし、サラダ油で炒める

2.パン粉を牛乳に浸す

3.ボウルに全ての食材を入れ、よくこねる

4.フライパンに油を熱し、強めの中火で3分、裏返して2分焼く。フタをして弱火でじっくり5分焼いたら完成!

ダイエット向け!牛肉とれんこんのハンバーグのポイント

れんこんのシャキシャキ感が美味しいハンバーグです。

れんこんを入れているので、その分お肉の量を減らせ低カロリーになります。

れんこんには、「ビタミンE」が含まれていて、このビタミンEには血流を良くしてくれる働きがあり、体の代謝がアップさせることができるので、痩せやすい体を作ってくれます。

鶏肉とひじきの豆腐ハンバーグ

http://bit.ly/2rfhCNR
  • 《材料・レシピ(1人前)》
  • 鳥ひき肉 50g
  • 木綿豆腐 1/4丁
  • 乾燥ひじき 大さじ1
  • 長ネギ 1/4本
  • サラダ油 適量

低カロリーな豆腐ハンバーグの作り方

1.木綿豆腐を水切りし、ひじきは水に戻す

2.ネギをみじん切りにし、鳥ひき肉と混ぜる

3.先ほどの鳥ひき肉に、水に戻してよく水気を絞ったひじきを粘りが出るまで混ぜる

4.フライパンでサラダ油を熱し、ハンバーグを並べ、蓋をして中火で蒸し焼きにする

5.焼き色がついたら、ひっくり返し反対も蒸し焼きにして完成!

低カロリーな豆腐ハンバーグのポイント

牛ひき肉ではなく、鳥ひき肉を使用することで、カロリーを抑えてあります。

豆腐には、「たんぱく質」が豊富に含まれていて、たんぱく質には、体の筋肉を作ってくれる働きがあり、筋肉が作られると、体の代謝が上がり、痩せやすい体を作ってくれます。

ひじきには、「鉄分」が豊富に含まれており、鶏肉に含まれる鉄分と合わさり、高いダイエット効果を発揮してくれます。

高カロリーなハンバーグでも食べ方次第では太りにくくできる!

http://bit.ly/2kPEv3Q

ハンバーグのカロリー・糖質量、ダイエット中の注意点、ハンバーグのダイエット効果を高める工夫やオリジナルレシピを紹介しました。

紹介した通り、ハンバーグのカロリーは高く、「ソースのカロリーが高い」、「ご飯のカロリーが高い」などの太る要素があるため、ダイエットには向いていない食べ物です。

しかし、ハンバーグの原料には「脂肪燃焼効果」、「代謝アップ効果」などのダイエット効果があるので、食べ方次第では太りにくくすることは可能です。

ダイエット中にハンバーグを食べる際は、今回紹介したアレンジレシピを実践すると、太りにくくすることができますよ。

ぜひ、試してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…