c92577e7975a05d9

ラーメンのカロリーは?味・人気店別の太りやすい種類と太りづらい種類

ラーメン=高カロリーで太ると思われていますが、ラーメンにも醤油、塩、味噌、とんこつなど様々な味があり、低カロリーなものもあります。天下一品や二郎などの高カロリーなラーメンから、カップ麺のカロリー、トッピングのカロリーまで、すべてのカロリーをまとめました。太りづらくする方法もあるのでぜひ見てみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高カロリーなラーメンも太りづらくできる?

「ラーメン=太る」。

このラーメンへのネガティヴなイメージは、誰しもが持つものだと思います。

実際、ラーメンは高カロリー・高糖質な食べ物なので、ダイエット中はなるべく避けたいものです。

とはいえ、そうもいかないのがこの「ラーメン」ではないでしょうか。

ラーメン好きの人にとってはラーメンは生活に欠かせないものとなってる方も多く、そうでなくても、付き合いでラーメン屋に行くという機会は多いはずです。

でも安心してください。ラーメンは確かにカロリーが高いですが、太りづらくする方法は結構あります。

そこで今回は、高カロリーなラーメンを最大限に太りづらくするために、ラーメンの味別・有名店別のカロリー、トッピングのカロリー、太らない食べ方、ダイエット中に注意して欲しいことなどを紹介します。

できる限り全ての種類のカロリーやコツをまとめたので、記事は少し長いのですが、保存版として使ってください。

ラーメンはお店・ベースの出汁・味・トッピングによってカロリーが変わる

一口にラーメンと言っても、様々な種類がありますよね。

高カロリーな二郎系のラーメン・天下一品のようなドロドロ系のこってりラーメンなどから、一番オーソドックスな中華料理屋のラーメン、カップ麺のようなラーメンまで。

もちろんそれぞれカロリーは異なるのですが、その差は結構違うものです。

ダイエット中にもしお店で一番高カロリーなものを工夫もなく食べてしまうと、確実に太ることになりますが、もしお店で一番低カロリーなものを工夫して食べれば、だいぶ太りづらくすることが可能です。

今回は、ラーメン毎の平均的なカロリーから、有名店・人気店のラーメンのカロリー、トッピングのカロリー、太りづらくする方法まで全て紹介していきます。

  • 《有名店・人気店のカロリーについて》
  • ※有名店のカロリーは、各ラーメン店のアレルギー情報・栄養成分情報などの公式ホームページの情報を中心に集めています。
  • ※公式HPに記載のないものは、必ず「(推定)」と表記をし、このカロリーは内容量や原材料、ネット上の情報から算出しています。
  • ※有名店・人気店のカロリーは、随時、追加更新していきます。

ラーメン二郎と天下一品は別格のカロリー

http://bit.ly/2nBWE66

これから様々な種類のラーメンのカロリーを紹介するのですが、二郎と天下一品のカロリーは別格です。

ラーメン二郎のカロリー(推定)

  • ラーメン:約1371kcal
  • ぶた入り:約1581kcal
  • ぶたダブルラーメン:約1930kcal

二郎のラーメンは、店舗によって量が変わることも多いため、あくまで推定値ですが、ラーメン二郎のカロリーは、様々なラーメンの中でも群を抜いています。

ラーメン二郎では、ヤサイマシマシやアブラマシマシなどの注文方法がありますが、アブラマシマシにすると大量の背脂がラーメンに乗ってきます。

こうなるとカロリーも跳ね上がるので、ダイエット中は絶対食べないようにしましょう。

天下一品のカロリー

  • こってり:949kcal
  • あっさり:380kcal
  • 味がさね:843kcal

このように天下一品のこってりも、ラーメン二郎ほどではないのですが、高カロリーと言えます。

ただし、注目して欲しいのは、あっさりの場合は、かなりカロリーが少なく380kcalほどということです。

天下一品は、カロリーの低い「あっさり」、カロリーの高い「こってり」、そして中間の「こっさり」を選択できるので、ダイエット中はなるべくあっさりにすることをおすすめします。

ちなみに炭水化物(≒糖質)は、こってりで53.6g、あっさりで54.8g、味がさねで63.8gあります。

醤油ラーメンのカロリー

http://bit.ly/2rdGF4u

最も定番の味の「醤油ラーメン」。

醤油ラーメン1杯あたり(約600g)のカロリーは、平均するとおよそ「414kcal」ほどです。

この醤油ラーメンのカロリーは、他のラーメンやスパゲティなどの麺類と比べても、かなり低いと言えるでしょう。

醤油ラーメンは、メンタレとスープで作られることが基本で、シンプルな味わいのものが多いので、低カロリーになっています。

人気店の醤油ラーメンのカロリー

  • 幸楽苑「あっさり中華そば」:643kcal
  • 日高屋「中華そば」:672kcal
  • くるまやラーメン「中華そば」:826kcal
  • 来来亭:約650kcal
  • スガキヤ:389kcal
  • 風風ラーメン:約490kcal(推定)
  • 山頭火:約777cal(推定)
  • 山岡家:約852kcal(推定)
  • 丸源「肉そば」:約907kcal(推定)

ちなみに、喜多方ラーメンや尾道ラーメンも、地方のご当地ラーメンではありますが醤油ラーメンの一種で、カロリーも醤油ラーメンと大体同じくらいになります。

塩ラーメンのカロリー

http://bit.ly/2rN6eGC

一番味があっさりしていて、カロリーが低そうな「塩ラーメン」。

塩ラーメン1杯あたり(約560g)のカロリーは、平均するとおよそ「482kcal」ほどです。

このように見てみると、実は塩ラーメンは、醤油ラーメンより高カロリーなことが分かります。

塩ラーメンの方が、醤油ラーメンよりもカロリーが平均的に高くなってしまう理由は、味があっさりしているので、ラーメン特有のこってり感を出すために、背脂やバターなどが加えられてしまうからです。

人気店の塩ラーメンのカロリー

  • 幸楽苑:648kcal
  • くるまやラーメン:791kcal
  • 風風ラーメン:約520kcal(推定)
  • らあめん花月 嵐:719kcal (推定)
  • 山頭火「しおラーメン」:879kcal(推定)

塩ラーメンが一番人気の山頭火のカロリーは少し高めになっていますが、山頭火のラーメンは背脂が多く、見た目以上にこってりとしているため、カロリーが高くなっています。

ラーメンについてくるトロ肉チャーシューもその一因です。

味噌ラーメンのカロリー

http://bit.ly/2rN1cd2

濃厚な味わいが特徴で野菜たっぷりのお店も多い「味噌ラーメン」。

味噌ラーメン1杯あたり(約670g)のカロリーは、平均するとおよそ「570kcal」ほどです。

味噌ラーメンは、他のラーメンと比較すると、高カロリーに分類されます。

味噌ラーメンが高カロリーになってしまう理由は、味噌自体のカロリーが高いことと味の濃い味噌に負けないように油を使うからです。

人気店の味噌ラーメンのカロリー

  • 幸楽苑:813kcal
  • くるまやラーメン:907kcal
  • 日高屋:915kcal
  • 風風ラーメン:約550kcal(推定)
  • らあめん花月 嵐:846kcal (推定)
  • 山頭火:約908kcal(推定)
  • 丸源「野菜味噌ラーメン」:約927kcal(推定)

チェーン店の味噌ラーメンは特にカロリーが高くなっているものが多い傾向がありますので、注意しましょう。

特に一度野菜を炒めている味噌ラーメンは、ラーメンの油と野菜炒めの油が合わさってしまい、よりカロリーが高くなります。

とんこつラーメンのカロリー

http://bit.ly/2oHbuKq

油が多く、効果カロリーなイメージのある「とんこつラーメン」。

とんこつラーメン1杯(600g)あたりのカロリーは、平均するとおよそ「502kcal」ほどです。

とんこつらーめんは、味噌ラーメンよりも低カロリーということになりますが、実際に食べてみると分かるように食べ応えと満足度が結構違ってきます。

とんこつラーメンは、豚骨なので高カロリーなのですが、麺自体が細麺で量も多くないため、カロリーが低いように見えるのです。

とんこつラーメンは、麺が柔らかくならないよう、常に美味しい状態で食べるために、あえて少量の麺にして、替え玉を食べてもらうようにしています。

当然替え玉を食べるとカロリーは高くなるので、注意しましょう。

人気店のとんこつラーメンのカロリー

  • 一蘭「天然とんこつラーメン」:445kcal(基本味・こってり無しの場合)
  • 一蘭「天然とんこつラーメン」:540kcal(こってり度あっさりの場合)
  • 一風堂「白玉元味」:652kcal(推定)
  • 一風堂「赤玉元味」:706kcal (推定)
  • くるまやラーメン:848kcal
  • スガキヤ:3635kcal
  • 幸楽苑「とんこつチャーシューめん」:955kcal
  • 日高屋:688kcal
  • 風風ラーメン:約530kcal(推定)
  • らあめん花月 嵐「嵐げんこつらあめん」:807kal (推定)

一蘭では、油の量を選べますが、無しにする場合とあっさりにする場合、そしてこってりにする場合で大きくカロリーが違うので、ダイエット中は「基本味のこってり無し」をお勧めします。

ちなみに、店舗によって違いはありますが、替え玉のカロリーは250kcal前後と言われています。

家系ラーメンのカロリー

http://bit.ly/2nD9dxS

横浜発祥のご当地、豚骨醤油ラーメンの「横浜 家系ラーメン」。

家系ラーメン1杯あたりのカロリーは、平均するとおよそ「800kcal」ほどです。

このように見てみると、ここまで紹介したラーメンの中でもずば抜けてカロリーが高いように感じますが、家系ラーメンの場合は中華料理屋などに置いてなく、実際のラーメン店のカロリーを元に算出しているから高くなっています。

家系ラーメンの場合は、味の濃さや油の量を選べるところが多いので、ダイエット中はできる限り「味薄め・油抜き」をおすすめします。

また、店舗によっては、トッピング無料やライス無料などのサービスがありますが、当然カロリーは高くなりますので、注意しましょう。

その他のラーメンのカロリー

http://bit.ly/2mgoJ6i

つけ麺

つけ麺1杯(200g)あたりのカロリーは、平均するとおよそ「650kcal」ほどです。

200gは、女性でちょうど、男性で少し足りないくらいに感じる量でしょう。

これが300gになると、およそ「880kcal」ほどになり、高カロリーなので注意が必要です。

つけ麺はラーメンよりカロリーが低いように思えますが、それはスープを含めた場合です。

ラーメンのスープを飲まなければ、大体はラーメンの方が低カロリーになるということは覚えておきましょう。

ワンタン麺

ワンタンメン1杯(670g)あたりのカロリーは、平均するとおよそ「617kcal」ほどです。

ワンタン麺は、基本的に醤油ラーメンや塩ラーメンのことが多いので、ワンタン抜きの場合はそこまでカロリーも高くありませんが、ワンタンのカロリーは結構高いです。

ワンタンは1個およそ「60kcal」なので、約5個入ってるとすると「300kcal」がワンタン麺に占めるワンタンのカロリーです。

カップ麺・インスタント麺

カップ麺・インスタント麺1個(90g)あたりのカロリーは、平均するとおよそ「400kcal」ほどです。

通常のラーメンには、野菜やチャーシュー、メンマ、卵、海苔、ニンニクなどのトッピングが入っており、栄養も多少はあるのですが、このカップ麺には栄養はほとんど見込めません。

ただし、最近ではノンフライ麺などの低カロリーな麺を使用したカップ麺も多く販売されているので、どうしても食べたい時は、300kcal以下の低カロリータイプの商品を選ぶようにしましょう。

低カロリーなカップ麺

  • 日清「カップヌードルライト」:198kcal
  • 日清「麺職人 醤油」:298kcal
  • ホームラン軒「野菜タンメン」:298kcal
  • マルちゃん麺づくり「鶏ガラ醤油」:291kcal
  • エースコック「ノンフライわかめラーメン しょうゆ」:261kcal

ラーメンのトッピングのカロリー

http://bit.ly/2rQhcul
  • チャーシュー:1枚75kcal
  • 味付け卵/煮卵:65~100kcal
  • メンマ:10kcal
  • 白ネギ・青ネギ :3kcal
  • 海苔:1枚1kcal
  • なると:15kcal
  • もやし:6~7kcal
  • ほうれん草:10kcal
  • わかめ:4~5kcal
  • 紅生姜:1kcal
  • にんにく:7kcal
  • コーン:33kcal
  • バター:80kcal
  • ※この数値は、今回紹介したラーメン店の実際の公開しているカロリーと管理栄養士さんが算定した記事などから出しています。

このようにラーメンのトッピングのカロリーも結構バカにならないカロリーということが分かります。

ちなみに今回紹介したトッピングのうちダイエット効果があり、カロリーが低いものは、「ほうれん草、わかめ、紅生姜」です。

カロリーや糖質は気にならない数値なので、積極的に入れると良いでしょう。

サイドメニューのカロリー

http://bit.ly/2o577bh
  • 焼き餃子:287kcal
  • メンマ盛り合わせ:65kcal
  • キムチ:37kcal
  • 半ライス:218kcal
  • ライス:336kcal
  • ミニそぼろ丼:355kcal
  • ミニネギチャーシュー丼:329kcal
  • 普通サイズのチャーハン(370g):670kcal
  • ※有名チェーン店「くるまやラーメン」のカロリー

サイドメニューは、トッピングよりも高カロリーになります。

ご飯をスープにつけて食べたくなる気持ちは分かりますが、炭水化物×炭水化物の組み合わせになってしまうので、ダイエット中は控えましょう。

この中では、カプサイシンといいう脂肪燃焼効果のあるキムチがおすすめです。

高カロリーなラーメンでも太りづらくする食べ方・方法

http://bit.ly/2qPyGcS

1、味は塩ラーメンか醤油ラーメンが基本

ここまで紹介したように、ラーメンは、醤油ラーメン、塩ラーメンの順にカロリーが低いことが多いです。

ダイエット中はなるべくこのどちらかにしましょう。

もしどうしても、とんこつラーメンや味噌ラーメンが食べたい場合は、とんこつラーメンなら味の濃さや油の量を減らすようにし、替え玉は禁止に。

味噌ラーメンなら野菜をトッピングして野菜から食べるようにして脂肪吸収を抑えるなどの方法がおすすめです。

2、食べる時間はなるべく昼に

食べる時間は、なるべく朝・昼にしましょう。

夜は、寝る時間まであまり時間がなく、寝る時間になってしまうと消化されずに脂肪へと蓄積されてしまいます。

朝・昼に高カロリーなものを食べるということは、その後に運動したり、頭を使ったりすることで消費カロリーを大きくできるので、おすすめです。

3、スープは半分以上残すこと

スープはなるべく飲まずに残すようにしましょう。

実は、「くるまやラーメン」の公式サイトには、スープを半分に残した場合のカロリーも記載されており、平均するとおよそ「200kcal」前後のカロリーを減らすことができるのです。

間違えてもスープにライスをつけて食べるようなことはしないように…!

4、アブラなし・味薄めが選べるのなら積極的に

家系ラーメンやとんこつラーメンのお店で多いのが、味の調整。

アブラなし、味薄めにした場合、平均すると「100~150kcal」前後のカロリーをカットできます。

もちろんこれは、スープを全部飲んだ場合なので、半分残すと考えると、「50~75kcal」ほどカットできることになります。

5、食前に黒烏龍茶やカロリーカット系のサプリメントを使う

黒烏龍茶には、食後の血糖値の上昇を抑えてくれて、脂肪の増加を防ぐ働きがあります。

また、サプリンメントには、同様の効果がさらに強くあります。

ラーメンの前にサプリンメントを1錠という習慣は、太りづらくすることができます。

ダイエット中は、太りづらいラーメンを選びましょう

http://www.rivertango.net/

ラーメンの味別・有名店別のカロリー、トッピング・サイドメニューのカロリー、ヘルシーに食べるコツを紹介しました。

今回紹介したように、一口にラーメンといっても様々な種類があり、カロリーも大きく異なります。

最も低カロリーな塩ラーメンを昼の時間帯に、サプリンメントを飲んでから食べ、スープを半分残せば、ラーメンと言えどダイエット中もセーフと言えるでしょう。

好きなラーメンを我慢するということは相当なストレスのはずです。

ラーメンを我慢して痩せるのではなく、ストレスを溜めず、ダイエットを長く続けるために、時々のご褒美として食べる方が、より健康的にやる気を維持してダイエットを行えるはずです。

今回紹介した情報は、随時更新していくので、ぜひブックマークしておいてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…