f424e1751c0abd3f8cf3cc8daded05a2fd5fb931

お茶漬けのカロリー・糖質は?「太る食べ方」と「痩せる食べ方」とは

お茶漬けは、ご飯にお茶をかけたものなので、ご飯と同様に高カロリー・高糖質な食べ物です。さらに、お茶漬けには、普通のご飯以上に太るかもしれない要素があるので、ダイエット中は注意が必要です。そこで今回は、お茶漬けのカロリー・糖質、注意点、太りにくくする食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お茶漬けは注意しないと、かなり太る?

http://bit.ly/2ps4rJG

皆さんは、お茶漬けに対して、太るイメージはありますか?

お茶漬けはあっさりした味とは言っても、ご飯にお茶をかけた食べ物なので、ご飯とほぼ同じくらいにカロリー・糖質が含まれるものということは皆さんご存知かと思います。

まさにその通りなのですが、実はお茶漬けは、普通のご飯以上に太ってしまうリスクがいくつも隠されているのです。

お茶漬けは、正しい食べ方をマスターすれば、ご飯よりヘルシーな食べ物にすることができますが、間違えてしまうと反対に太る原因に直結してしまいます。

そこで今回は、ダイエット中にお茶漬けが食べたい!という方向けに、お茶漬けのカロリー・糖質量、食べ方の注意点、お茶漬けダイエットの効果を高める方法などを紹介します。

お茶漬けのカロリー

http://bit.ly/2pFwZdS

お茶漬けのカロリーは、商品やご飯、具材の量によって異なりますが、1人前(365g)あたり平均的に「約282kcal」ほどと言われています。

お茶漬け以外の食べ物のカロリー

  • ご飯(1膳150gあたり):約250kcal
  • うどん(1人前230gあたり):約242kcal
  • そば(1人前260gあたり):約296kcal
  • 食パン(1枚60gあたり):約158kcal

このように他の食べ物と比較してみると、そこまでお茶漬けのカロリーは高くないように見えます。

ただし、これはあくまでも高カロリーな主食と比較した場合のことであり、全食品で見るとお茶漬けのカロリーは決して低いとは言えないでしょう。

お茶漬けの糖質量

http://bit.ly/2r98AiV

お茶漬けの糖質量は、商品やご飯、具材の量によって異なりますが、1人前(365g)あたり平均的に「約60g」ほどと言われています。

お茶漬け以外の食べ物の糖質量

  • ご飯(1膳150gあたり):約55g
  • うどん(1人前230gあたり):約52g
  • そば(1人前260gあたり):約52.8g
  • 食パン(1枚60gあたり):約26.6g

このように他の食べ物の糖質量と比較してもても、お茶漬けの糖質量が高いことが分かります。

糖質量が高い主食の中でもお茶漬けのカロリーが高いということは、全食品の中で見ても、お茶漬けは高糖質と言えます。

お茶漬けの素のカロリー・糖質は?

http://bit.ly/2qCBx9D

お茶漬けの素を使う人と、自分で白いご飯にお茶をかけて鮭や梅などのトッピングで味を調整する人がいると思いますが、お茶漬けの素のカロリーはどのくらいでしょうか?

永谷園のお茶漬けの素のカロリー

  • お茶づけ海苔 15kcal
  • わさび茶づけ  13kcal
  • 梅干茶づけ 12kcal
  • さけ茶づけ 12kcal
  • たらこ茶づけ 17kcal

上記以外に、期間限定の味や大人のお茶漬けシリーズなどもありますが、概ね「14kcal前後」になっています。

お茶漬けの具材・トッピングのカロリー(1食分あたり)

  • 梅干し:7kcal
  • 鮭:30~40kcal
  • たらこ:26kcal
  • わさび:3kcal
  • 海苔:1kcal

このように見てみると、たらこや鮭をトッピングするよりは、永谷園のお茶漬けを使った方が結果的には低カロリーで済む形になります。

お茶漬けがカロリー以上に太りうる理由

http://bit.ly/2ps1NU5

お茶漬けのカロリー・糖質量を紹介しましたが、お茶漬けが普通の白いご飯と比較した場合に、太ってしまう可能性が高まる理由は、カロリーと糖質以外にあります。

食べる「スピード」が早くなりがち

お茶漬けは、ご飯にお湯がかかっているため、普通のご飯に比べるとスルスルと口に中に入ってきて、食べるスピードが早くなりがちです。

人の体は、食べ物を早く食べれば食べるほど満腹感を感じにくくなると言われています。

お茶漬けは早く食べてしまいがちなので、満腹感を感じにくく、ついつい食べ過ぎてしまい、摂取カロリーが多くなってしまうということに繋がる可能性があります。

水分があるので「噛まずに」飲むように食べれてしまう

お茶漬けは水分があるので、あまり噛まずに飲むように食べれてしまいます。

実はあまり噛まないで食べることは、太りやすくなってしまう原因にもなります。

人の体は、噛めば噛むほど満腹感を感じることができるように作られています。

お茶漬けはあまり噛まなくても食べれてしまうので、たくさん噛んだ時よりも満腹感を感じにくく、ついつい食べ過ぎてしまう原因になるので注意が必要です。

夜食にお茶漬けは絶対NG

お茶漬けが太ってしまう理由は、カロリー・糖質量に加えて、満腹になる前に噛まずに食べてしまうことです。

あっさりとした味なので夜食に食べてしまうという方も少なくないのですが、ダイエット中は絶対NGです。

お茶漬けを食べるのであれば、おかゆやスープをお勧めします。

お茶漬けのダイエット効果をうまく活かせば痩せれる!

http://bit.ly/2qalHSh

お茶漬けは、カロリー・糖質が高いことに加えて、噛まずに早く食べ過ぎてしまい満腹感が薄いというデメリットがありました。

では、お茶漬けはダイエット中は絶対NGかというと、そうでもありません。

お茶漬け自体にもダイエット効果はあるので、それをうまく活かせれば、白いご飯よりヘルシーになり、ダイエットにも応用が可能です。

気になるお茶漬けのダイエット効果を紹介します。

お茶漬けは消化が良い

お茶漬けはとても消化が良い食べ物と言われています。

通常、消化の悪い食べ物を食べると、消化に多くのエネルギーを使ってしまい、代謝に使うエネルギーが少なくなってしまい、消費カロリーが少なくなってしまいます。

しかし、消化の良いお茶漬けを食べると、消化に使うエネルギーを減らせ、代謝に十分なエネルギーを充てることができ、1日の消費カロリーを増やせるので、痩せやすい体を作ることができると言われています。

体が温まり代謝が良くなる

お茶漬けはお湯を使用しているので、温度が高い食べ物です。

そんなお茶漬けを食べて体が温まることによって、体内の内臓も温められ、内臓の働きが活発になるので、その結果代謝がアップし、1日の消費カロリーが増え、痩せやすい体を手に入れられるのです。

ダイエットは体を温めることが一番重要と言っても過言ではありません。

お茶漬けのダイエット効果を高める食べ方・コツ

http://bit.ly/2q8XE6R

 

お湯ではなくお茶にする

お茶漬けといえば、お湯をかけたり、お茶をかけたりと様々な食べ方があります。

ダイエットをしている時は、お湯ではなくお茶をかけて食べることをおすすめします。

緑茶に含まれるカテキンには、脂肪燃焼効果がある他、カフェインには利尿作用があり、むくみの解消効果を期待することができます。

海苔を多めにトッピングする

お茶漬けにはダイエット効果の高い海苔を多めにトッピングして食べるようにすると、太りにくくすることが可能です。

また、海苔はカロリーが低いので、プラスしてもあまりカロリーの心配をしなくても良いのでおすすめです。

  • 《海苔のダイエット効果》
  • 食物繊維が豊富で、脂質や糖質の吸収を抑えてくれる
  • 整腸作用があり、便秘を解消してくれる
  • 食物繊維がお腹の中で水分を含んで膨らむので満腹感がある

ただし、味付け海苔はカロリーが高くなっており、塩分による食欲増進効果やむくみが懸念されるので、注意が必要です。

お湯をかけて時間おいて食べる

お茶漬けを食べても太りにくくする食べ方として、お湯をかけたら少し時間を置いてから食べる方法をおすすめします。

お湯をかけて時間を置くと、ご飯がきちんとお湯を吸って膨らむので、満腹感が高まり、より少量かつ低カロリーで済みます。

ただし、時間を置きすぎると、お湯が冷めてしまい、体を温める効果が半減してしまうので、注意するようにしましょう。

お茶漬けで太るかどうかは食べ方次第!

http://bit.ly/2r7Pl8k

お茶漬けのカロリー・糖質量、お茶漬けが白いご飯より太りやすい理由、お茶漬けダイエットの注意点・コツなどを紹介しました。

今回紹介したように、お茶漬けはカロリーや糖質量が決して低くない上に、太る要素も多く含まれており、ダイエット中は注意が必要な食べ物です。

しかし、お茶漬けにはダイエット効果も含まれているので、食べ方次第では太りにくくすることは可能です。

ダイエット中はできるだけ食べるのを避けてほしいお茶漬けですが、もし食べる場合には、今回紹介した注意点や太りにくくする食べ方を駆使して、食べてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…