20160202035447

ごま油のカロリー・糖質は?ダイエット効果を高める使い方と注意点

ごま油は大変高カロリーで、太りやすくダイエットには向いていない油と言われています。しかし、実はごま油にはダイエット効果が多く、食べ方・使い方次第では太りにくくすることが可能なのです。今回は、ごま油のカロリー・糖質量、注意点、ダイエット効果、太りにくくする食べ方などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ごま油は食用油の中ではヘルシー?

http://bit.ly/2qboRDM

ごま油は高カロリーでダイエット中は、正しい使い方をしないと太ってしまいやすく、気を付けたい油です。

しかし、ごま油は食用の中ではダイエット効果が断然多く、食べ方次第では太りにくくすることが可能です。

ごま油は適量を正しく使えば、ごま油を使用して痩せることも不可能ではないのです。

そこで今回は、ごま油のカロリー・糖質、ダイエット中のごま油の注意点、ダイエット効果を高めるごま油の使い方などを紹介します。

ごま油のカロリー

http://bit.ly/2q9F665

ごま油のカロリーは、商品によって異なりますが、100gあたり平均的に「約920.9kcal」と、かなり高カロリーです。

ごま油以外の食用油のカロリー(100gあたり)

  • サラダ油:約921kcal
  • オリーブオイル:約922kcal
  • えごま油:約921kcal

他の食用油のカロリーを紹介しましたが、油自体にカロリーの違いはそこまでないと言われています。

ごま油は、小さじ1杯で4g、大さじ1杯で12gとなるので、小さじ一杯のカロリーは「37kcal」、大さじ1杯のカロリーは「111kcal」ということになります。

この小さじ一杯のカロリーと大さじ1杯のカロリーは、サラダ油やオリーブオイル、えごま油でもほとんど一緒です。

ごま油の糖質量

http://bit.ly/2pF4ldM

ごま油の糖質量は、「0g」と言われています。

ごま油以外の食用油の糖質量(100gあたり)

  • サラダ油:0g
  • オリーブオイル:0g
  • えごま油:0g

基本的に油には糖質が含まれていません。

しかし、いくら糖質が0でも、カロリーが高いため、食べ過ぎるともちろん太ってしまう原因になるので、注意が必要です。

ダイエット中のごま油の注意点

http://bit.ly/2r8uyCv

熱するのは良くない

ごま油は熱に弱い油と言われています。ごま油を100度以上に熱してしまうと、性質が変化し、過酸化脂質という物質ができてしまいます。

この過酸化脂質は、人間の体にとって毒で、健康的にもダイエット的にも良くないと言われています。

ごま油は揚げ物を揚げたり、炒め物を炒めたりなどの調理法には向いていません。

温度が低い食べ方をするようにしましょう。

保存の仕方にも注意

先ほど紹介した過酸化脂質は、熱っすることだけでなく、保存方法や保存期間によっても発生してしまうのです。

ごま油は光にも弱く、太陽光に当たってしまうと、酸化を進めてしまい、体に悪影響を及ぼす原因になります。

冷蔵庫で保存するようにすると、光に当たらず、低い温度が保たれるので、酸化しにくくなります。

また、ごま油は保存している期間が長いと、酸化しやすいと言われています。

1~2ヶ月以内に食べきるのが良いと言われているので、それ以上経ったごま油はできるだけ使用しないようにしましょう。

ごま油にもダイエット効果・メリットはある!

http://bit.ly/2qbpuNE

リノール酸、オレイン酸が血中のコレステロール値を下げてくれる

ごま油には、不飽和脂肪酸の一種である、リノール酸、オレイン酸が豊富に含まれています。

このリノール酸、オレイン酸には、血中コレステロール値を減少してくれる働きがあります。

血中のコレステロール値が下がると、今までドロドロだった血液がサラサラになり、血液循環が良くなります。

血液循環が良くなると、細胞や内臓に酸素が行き渡りやすくなり、細胞や内臓の働きが活性化され、代謝が良くなるので、1日の消費カロリーを高くすることができます。

γ-トコフェロールでむくみ解消

ダイエット大敵であるむくみ。

むくみは余分な塩分や水分が体内に蓄積されるのが原因です。

むくみに効果的な成分は、カリウムやカフェインが有名ですが、ごま油に含まれる「γ-トコフェロール」という成分にもむくみを解消してくれる働きがあります。

γ-トコフェロールには利尿作用があり、体内の余分な塩分や水分を尿と一緒に排出してくれるため、頑固なむくみを解消することができるのです。

ビタミンEが代謝を良くしてくれる

ごま油には、「ビタミンE」というビタミンも豊富に含まれています。

このビタミンEには、抗酸化作用という、若返り効果があります。

ビタミンEの抗酸化作用によって、老化の原因である活性酸素が取り除かれます。

活性酸素が取り除かれると、細胞や内臓などが若返り、本来の働きを取り戻し、その結果として代謝の向上も見込めるので、より痩せやすい体を作ることができると言われています。

ごま油のダイエット効果を高める方法・使い方

http://bit.ly/2pEE7Ha

食前にスプーン1杯のごま油を飲む

ごま油には、リノレン酸が豊富に含まれていると紹介しましたが、このリノレン酸には満腹中枢を刺激する働きもあり、摂取することによって、少量で満腹感を得ることができ、食事の量も減らせるので、痩せやすい体になることができるのです。

そこで、食事の前にスプーン1杯のごま油を飲んであげると、どか食いを防げ、1日の消費カロリーを減らせるので、痩せれます。

ドレッシング代わりにする

サラダに使うドレッシングをごま油に変えるレシピをおすすめします。

ごま油のカロリーとドレッシングのカロリーはそこまで差はないのですが、ダイエット効果は断然ごま油の方が高いので、太りにくくすることができます。

レタスやキャベツ、きゅうり、トマトなどにごま油を適量かけて食べるだけなので、実践しやすいのも良いところです。

高カロリーなごま油でも、使い方次第でダイエット向きに!

http://bit.ly/2r6SBRA

ごま油のカロリー・糖質量、ダイエット中のごま油の注意点、ごま油のダイエット効果を高める方法などを紹介しました。

今回紹介したようにごま油は、非常にカロリーが高く、ダイエット中は注意が必要な油です。

しかし、ごま油には、血液循環を良くし、代謝をアップしてくれるダイエット効果が見込めるので、使い方次第ではダイエットに応用することも可能なのです。

ただし、もちろん適量だからこその効果なので、スプーン1杯以上飲んでしまったり、調理の際に多量を使用したり、サラダにかけすぎてしまえば、カロリー過多になってしまうので、ご注意ください。

ぜひ今回紹介した、ダイエット効果を高めるごま油の使い方を実践してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集