SONY DSC

三重県銘菓「赤福餅」のカロリーは?気を付けたい太る食べ方とは

三重県銘菓の赤福餅は、お土産として大人気のお菓子です。赤福餅はお餅にあんこを巻いているので高カロリーのイメージですが、カロリーはどれくらいなのでしょうか?今回は、赤福餅のカロリーと、太りにくくする食べ方、三重県以外で購入できる場所などを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤福餅とは?

http://bit.ly/2ojGT58

赤福餅とは、三重県伊勢市の和菓子メーカー「赤福」で製造・販売される餅菓子のことです。

餅をこしあんで包んであり、とろけるような柔らかさが特徴のお菓子です。

赤福餅は、三重県のお土産としても大人気で、お土産ランキングでも常に上位を争うほど、知名度が高いお菓子です。

そんな美味しくて、大人気の赤福餅ですが、気になるのはそのカロリー。

今回は、赤福餅のカロリー・糖質量、太りにくくする食べ方、三重県以外で買える場所などを紹介します。

赤福餅のカロリー

http://bit.ly/2pNPxZW

赤福餅のカロリーは、1個あたり「約94kcal」と言われています。

和菓子ということで、バターや卵などの高カロリーなものが入っているわけではないので、洋菓子などの食べ物と比べると、比較的低カロリーです。

一般的な和菓子のカロリー(1個あたり)

  • どら焼き:約176kcal
  • 大福:約105kcal
  • 羊羹:約178kcal
  • 最中:約117kcal
  • おはぎ:約180kcal

一般的な和菓子のカロリーを紹介しました。このように比較してみると、和菓子の中では赤福餅のカロリーは低いと言えます。

しかし、あくまでも和菓子の中では低カロリーというだけで、食べ物全般で見ると、十分高カロリーな食べ物と言えます。

8個入りを仮に1日で全部食べてしまったら、「752kcal」にもなってしまうので、甘く見てはいけません。

赤福餅の糖質量

http://bit.ly/2pdgn1h

赤福餅1個あたりの糖質量は、1個あたり「約20.4g」と言われています。

赤福餅の糖質量が高いのは、餅とあんこを使用しているためです。

一般的な和菓子の糖質量(1個あたり)

  • どら焼き:約33.2g
  • 大福:約25.2g
  • 羊羹:約13.6
  • 最中:約25g
  • おはぎ:約36.6g

一般的な和菓子の糖質量を紹介しました。

カロリー同様に、和菓子の中では糖質量は低いほうですが、食べ物全般で見ると、高糖質に分類されるので注意するようにしましょう。

赤福餅は、糖質が高いため、食べると脂肪に変換されやすく、太る原因になりやすいと言えます。

ダイエット中に赤福を食べても太りにくくする食べ方

http://bit.ly/2oInewq

そんな高カロリー・高糖質な赤福餅ですが、食べ方次第では太りにくくすることも可能です。ダイエット中に赤福餅を食べても太りにくくする食べ方・コツを紹介します。

間食に食べるのがおすすめ

ダイエット中に赤福を食べても太りにくくする方法として、間食に赤福餅を食べる方法が挙げられます。

間食は太る原因になると思われがちですが、ルールさえ守れば太りにくくなるのです。

間食を食べることによって、血糖値が一定に保たれます。

血糖値が保たれた状態でその後の食事をすることによって、食べたものが脂肪になりづらくなるため、痩せやすい体を作ることができます。

また、間食を適量食べることにより、お腹がいっぱいになりますよね。

お腹がいっぱいなので、食事の量を減らすことができ、1日の摂取カロリーをカットすることができるという仕組みです。

ただし、赤福餅は高カロリーなため、食べ過ぎると太る原因になるので、1日1個までにするようにしましょう。

飲み物と一緒に

赤福餅に使用されるあんこには、食物繊維が豊富に含まれています。この食物繊維はそのまま食べても効果はあるのですが、飲み物を一緒に飲んであげると、さらに高い効果を発揮します。

食物繊維は、水分を吸収すると膨らむ性質があり、水分を一緒に飲むと、お腹の中で膨らみ、カサ増しになるので、少量で満腹感を得ることができます。

また、食物繊維には整腸作用があり、便秘を解消してくれる効果もあり、体の代謝をアップしてくれるので、痩せやすい体を作ることができます。

三重県の他のお土産のカロリー

http://bit.ly/2pxoDX0

三重県には、赤福餅以外にも美味しいお土産がたくさんあります。赤福餅以外の三重県名物のカロリーを紹介します。

  • 赤福「朔日餅」:約120kcal前後
  • ブランカ「シェルレーヌ」:約172kcal
  • へんばや商店「へんば餅」:約108kcal
  • 永餅屋老舗「安永餅」:記載なし

他の三重県名物のカロリーと比較すると、赤福餅のカロリーが低いことがわかります。

高カロリーな赤福でも食べ方次第では太りにくくできる!

http://bit.ly/2k9g30A

赤福餅のカロリーを紹介しました。

紹介した通り、赤福餅は高カロリー・高糖質で、何も考えずに食べたらもちろん太る原因になりますが、食べ方を工夫すれば、太りにくくすることは可能です。

お土産でもらうことも多い赤福ですが、ダイエット中で太るから食べないと思うのではなく、今回紹介した、間食に1日1個食べる、飲み物を一緒に飲むという、食べ方を上手に活用して食べてみてください。

赤福餅の商品情報

http://bit.ly/2oI86ku

三重県以外に購入できる場所

赤福餅は、三重県以外では、愛知県名古屋市、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、岐阜県内にある百貨店、サービスエリア、鉄道売店、空港売店などで購入できるとのことです。

東海地方や近畿地方中心の販売で、東京で販売されるのは、イベントが開催された時のみの販売になります。

赤福には、「公式オンラインショップ」があり、こちらの通販でも購入できるので、遠方の方はこちらをご確認ください。

消費期限、賞味期限

赤福餅は、生菓子なので消費期限が大変短くなっています。

消費期限は、夏期は製造日から2日間、冬期は製造日から3日間。

保存方法は、直射日光のあたる場所・高温多湿な場所での保管はお避けください。

値段

  • 8個入り:760円
  • 12個入り:1,100円
  • 20個入り:1,860円
  • ※本店、内宮前支店、五十鈴川店、外宮前特設店、宇治山田駅売店のみの限定販売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集