ff4734a34b2907ca749dc976620f634b-1

そうめんはカロリー以上に太る!そうめんダイエットが必ず失敗する

そうめんといえば、低カロリーでヘルシーな印象をお持ちの方が多いと思いますが、意外と高カロリーな上に、たくさんの太る要素があるので、ダイエットに向いていない食べ物と言われています。そんなそうめんのカロリーと、ダイエット中に食べても太りにくくする食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そうめんはカロリー以上に太る!

http://bit.ly/2prvkc2

そうめんといえば、夏の風物詩で、大人気の食べ物です。

細麺で冷たいので、食欲がないときでもスルスルと食べれてしまいますよね。

そんなそうめんですが、さっぱりとした印象から、低カロリーでダイエットに向いている食べ物と思われがちです。

しかし、実際にはカロリーが意外にも高く、カロリー以外にも太る要素がたくさんあるので、ダイエットに向いている食べ物とは言えません。

今回は、そうめんのカロリーと、カロリー以上に太る理由、太りにくくする食べ方を紹介します。

そうめんのカロリーは?

http://bit.ly/2p3EQ8K

そうめん1人前あたりのカロリーは、商品や味付け、レシピによって異なりますが、平均的に「約343kcal」と言われています。

■他の麺類のカロリー(1人前あたり)

ラーメン:約480kcal
うどん:約242kcal
そば:約304kcal

このように他の麺類のカロリーと比較してみても、そこまでカロリーに差はなく、そうめんのカロリーは決して低いとは言えません。

そうめんがカロリー以上に太る理由

http://bit.ly/2oxw6qJ

■麺が細くするすると食べれてしまう

そうめんは麺が細いのが特徴の一つですが、その細さが太る原因になっていたのです。

麺が細いと、スルスルと食べれてしまいまい、気付いたら食べ過ぎていたなんてことも。

食べすぎてしまい、仮に2人前食べてしまったら、「約700kcal」と、単品にも関わらず超高カロリーになってしまいます。

人の体は、ゆっくり食べれば食べるほど、少量でも満腹感を得ることができる作りになっているので、そうめんに限らず、日頃からゆっくりと食べれるようにすると、少ない量で満足することができ、カロリーをカットすることができます。

■水分量が多く体が冷えて、代謝が落ちる

そうめんは水分量が多く、体の水分量も増えてしまうので体が冷えてしまい、その結果代謝が悪くなってしまうため、太りやすくなってしまいます。

また、そうめんをつけるめんつゆも冷たいため、余計に体が冷えてしまいます。特に冷え性の方は、冷えやすいので、注意が必要です。

http://bit.ly/2oqzgMI

■原料が小麦なので、高糖質

そうめんの麺は、原料が小麦なので高糖質です。

糖質が高い食べ物を食べると、体内でインスリンというホルモンが多く分泌されます。

このインスリンは、糖質を脂肪に変える働きをするので、糖質が少ない食べ物を食べた時よりも、体に脂肪がつきやすくなります。

いくら糖質が太るからといって、糖質を全カットすることはおすすめできません。

糖質は人のエネルギーにもなりますから、最低限は必要な栄養分なのです。

■めんつゆのカロリーも高い

そうめん自体のカロリーばかりに目が行きがちですが、めんつゆのカロリーも気にするようにしてください。

ただでさえカロリーの高いそうめんに、めんつゆのカロリーがプラスされるとなると、より高カロリーになってしまいます。

麺をつける時に、あまり浸し過ぎないようにすると、カロリーをカットすることができるので試してみてください。

ダイエット中のそうめんでも太りにくくする食べ方

http://bit.ly/2o4dcVC

■めんつゆを温めて食べる

そうめんは、ほとんど水分でできていて、めんつゆも冷たいことが多く、体が冷えてしまうため、代謝が落ち、太りやすいです。

めんつゆに氷を入れてさらに冷やして食べる方も多いですが、より体を冷やしてしまう原因になります。

そこで、めんつゆを温めて食べるようにすると、体が温まり、代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができます。

■薬味を多く入れる

そうめんを食べるときは、薬味を多く入れるようにしましょう。具一つ一つにもダイエット効果があるので、太りにくい体を作ってくれます。

■ネギ

アリインという成分が豊富に含まれており、このアリインには脂肪を燃焼してくれる効果があり、体に蓄積された脂肪を効率良く燃やしてくれるので痩せることができます。

■みょうが

ビタミンB1が含まれていて、糖質の代謝を促してくれるので、糖質量が多いそうめんとの相性は抜群。カリウムも含まれるので、むくみの解消にも。

■ゴマ

食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境を整えてくれるので、体の老廃物や毒素を一緒に排出してくれ、痩せやすい体を作ることができます。

■生姜

ショウガには体を温めてくれる働きがあり、体が温まることによって、内臓の働きが活発になり、代謝がアップし、痩せやすい体を作ることができます。

ニンニク:ニンニクにはアリシンという成分が含まれており、アリシンの働きで、脂肪を燃やすことができるので痩せることができます。しかし、食欲を増進してしまう働きもあるので、食べ過ぎには注意が必要です。

炒素麺(チャーソーメン)へのアレンジもおすすめ

http://bit.ly/2o4mvF3

そうめんといえば、麺を茹でてめんつゆにつけて食べる食べ方を想像する方が多いかもしれませんが、炒素麺というそうめんを炒めたレシピもあり、ダイエット中は是非おすすめしたいアレンジメニューです。

《材料》
そうめん 1.5束
豚肉 100g
卵 1個
玉ねぎ 半分
ゴーヤ 1/5本
にんにく 1片
生姜 1片
ソース大さじ 2杯
油 大さじ1杯
塩コショウ 適量
削り節 適量

《作り方》
1.そうめんを茹で、水洗いし、水をしっかりと切る。

2.ニンニク、ショウガをみじん切りにし、野菜は食べやすい大きさに切る。(ゴーヤはあらかじめ、種とワタを取り、塩をふって揉み、水洗いし絞る)

3.フライパンに油をひき、ニンニクとショウガを炒め、香りが出てきたら塩胡椒で味付けをしながら、豚肉と野菜を炒める。

4.火が通ったら、そうめんとソースを加えて、全体に火が通れば完成。

《ポイント》
炒素麺は普通に食べるよりも体が冷えにくいため、代謝が落ちず、太りにくくなります。

また、たくさんの野菜と一緒に炒めることによって、野菜で満腹感を得ることができ、少量のそうめんで満腹になるのと、野菜のダイエット効果を期待することでき、痩せることができます。

意外と高カロリーなそうめんには注意が必要

http://bit.ly/2ob12NQ

そうめんのカロリーを紹介しました。

そうめんはヘルシーで低カロリーだと思われがちですが、実は高カロリーな上に、たくさんの太る理由があり、ダイエットには向いていない食べ物でした。

そうめんは高カロリーなので、ダイエット中に食べるのはできるだけ避けて欲しいのですが、もし食べる場合は、今回紹介した太りにくくする食べ方・コツを活用して食べてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集