img_2168deeced1fa49e63b962f2e19f9f8887021

高カロリーな家系ラーメンをダイエット中でも食べたい!太りにくくする食べ方

横浜家系ラーメンといえば、高カロリーで太りやすくダイエット中は食べてはいけないイメージですが、高カロリーな家系ラーメンでも食べ方次第では、太りづらくすることが可能です。ダイエット中でも家系ラーメンを食べたいという方は、紹介するカロリーカットの方法を試してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜家系ラーメンとは?

http://bit.ly/2oC6XM9

まずは、横浜家系ラーメンについて簡単におさらいです。

家系ラーメンは、豚骨醤油ベースのスープに太いストレート麺が特徴のラーメンのことです。神奈川県横浜市が発祥地ということで横浜という文字がついています。

最近では街を歩いていると、横浜家系のお店をたくさん見つけることができますよね。

濃厚で食べ応えがあると、大人気のラーメンです。

家系ラーメンは高カロリー!でも太りづらくすることは可能

http://bit.ly/2nD9dxS

そんな全国どこでも食べれるほどに人気になっている家系ラーメンですが、味が濃くてさらに油が多いため、見るからに高カロリーで、食べたら太ると敬遠している方も多いのではないでしょうか?

そのネガティブなイメージの通り、家系ラーメンは高カロリーで、糖質量も多いため、ダイエット中には向いていない食べ物と言えます。

しかし、基本的にはダイエットに向いていない家系ラーメンも、食べ方次第で太りにくくすることは可能です。

ダイエット中でも家系ラーメンを食べたいという方向けに、家系ラーメンのカロリーをカットする方法・太らづらくする食べ方を紹介します。

家系ラーメンのカロリーは?

http://bit.ly/2oZwWK4

家系ラーメンの有名店である、吉村家、杉田家、厚木家、環2家、寿々喜家、六角家などはカロリーの表示がありませんが、家系ラーメン1杯あたりの平均的なカロリーは、およそ「800kcal」前後と言われています。

他の味のラーメンのカロリー(1杯あたり、並盛り)

  • 醤油ラーメン:約480kcal
  • 味噌ラーメン:約550kcal
  • 塩ラーメン:約470kcal
  • 豚骨ラーメン:約500kcal

このように他の種類のラーメンのカロリーと比較すると、家系ラーメンのカロリーが非常に高いことがわかります。

一番低カロリーな塩ラーメンとの差は、およそ330kcalなので、家系ラーメンは「塩ラーメン+ご飯大盛り1杯」を食べているくらいのカロリーになってしまうのです。

家系ラーメンのカロリーをカットするには、これから紹介するダイエット中でも太りにくくする食べ方を行うか、ダイエットサプリを食前に取り入れるなどの方法がメインになります。

高カロリーな家系ラーメンの対処法!ダイエット中でも太りにくくする食べ方とは?

http://bit.ly/2nJ7gkr

「麺かため、油少なめ、味薄め」で注文する

家系ラーメン屋のいいところの一つに、自分好みのオーダーができるという点が挙げられます。

カロリーをカットするためのオーダーは、「麺かため、油少なめ、味薄め」がおすすめです。

・麺かため:麺をかためで注文することによって、麺が柔らかい時よりも噛む回数が増えるので、満腹中枢が刺激され、少ない量で満腹感を得ることができます。

・油少なめ:家系ラーメンは、普通のラーメンと比べると油を約6倍使用していて、カロリーがかなり高くなっています。そこで油少なめで注文すると、約180kcalものカロリーをカットすることができると言われています。

・味薄め:家系ラーメンのスープには塩分が多く使用されています。塩分には食欲を増進する働きがあり、カロリーを摂り過ぎてしまう原因になります。そこで、味薄めのオーダーをすることによって、スープの塩分をカットすることができます。

ライスの無料サービスに惑わされない!

家系ラーメン屋さんに行くと、ライス無料のサービスをしているお店が多いです。

喜んでライスを食べたいところですが、家系ラーメン自体高カロリーなのに、そこにご飯のカロリーがプラスされたらさらに高カロリーになってしまいます。

家系ラーメンとライスの相性は抜群で美味しいですが、ダイエット中は我慢するようにしましょう。

ライス無料かトッピング無料か選べるお店であれば、迷わずトッピングする方がダイエット的にはおすすめです。

http://bit.ly/2mS213V

ニンニクは我慢する

家系ラーメンのお店に行くと、卓上にニンニクが置いてあるところが多いです。

家系ラーメンはニンニクとの相性も抜群で、美味しく、味を変えるために入れる方も多いです。

しかし、ニンニクには食欲を増進してしまう働きがあるので、ついついカロリーを摂り過ぎてしまうことになるため、ニンニクはできる限り入れないようにすると太りにくくすることができます。

酢を入れる

家系ラーメンにはお酢を入れて食べるようにすると太りにくくなります。

お酢に含まれている酢酸やクエン酸が、腸内環境を整えてくれるので、便秘を解消してくれ、痩せやすい体を作ることができます。

また、酢のダイエット効果はそれだけでなく、脂肪を燃焼してくれたり、脂肪分解を促進、脂肪がつくのを防いでくれる効果など、たくさんの効果があるのでおすすめです。

麺を少なめにする

もし、麺を少なめにできるならば、麺を少なめにして食べるようにすると、当たり前ですがその分のカロリーをカットできます。

麺を少なくすると、満腹感を感じることができず、すぐお腹が空いてしまうという場合は、減らした麺の代わりに野菜をトッピングするとお腹の中でカサ増しになり、お腹がいっぱいになります。

ラーメン屋に来て、麺を少なめにするなんてもったいない!と思うかもしれませんが、痩せている人の共通点は、最初から少なめの注文ができる人です。

ダイエット中は、そういうもんだと自分に言い聞かせて我慢しましょう。

家系ラーメンは高カロリーでも、他のラーメンよりダイエット効果が多いので、おすすめ

http://bit.ly/2oBS3W7

具材にダイエット効果がある

家系ラーメンといえば、トッピングの種類が豊富です。

実は、家系ラーメンに含まれる具材やトッピング一つ一つにもダイエット効果があります。

そういった意味でも他のラーメンより、家系ラーメンはおすすめと言えます。今回は、特に効果が高い具材のダイエット効果を紹介します。

  • ほうれん草
    ほうれん草には鉄分が多く含まれています。鉄分には血液中の酸素を増やし、代謝を上げてくれる働きがあり、痩せやすい体を作ってくれます。
  • メンマ
    メンマには食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境を整えてくれるので、便秘解消を助けてくれ、太りにくく痩せやすい体を作ってくれます。
  • ネギ
    ネギに含まれるアリインという成分が、摂取された糖質を燃焼してくれます。麺には糖質が多く含まれているので、ラーメンとネギの相性は抜群です。

スープがこってりしているのでなかなか全部飲めない

家系ラーメンのスープはかなりこってりしています。

スープがかなりこってりしているので、なかなかスープを全部飲み干すことができません。

そのおかげで、摂取カロリーを抑えることができるので、太りにくくなるという仕組みです。

また、このスープは豚骨からできているため、美容・健康効果があるとも言われています。

家系ラーメンは高カロリーだが、食べ方次第では太りにくくできる!

http://bit.ly/2nfoWmH

家系ラーメンのカロリーと太りづらくする食べ方・カロリーカット法を紹介しました。

紹介した通り、家系ラーメンは高カロリーなラーメンの中でもカロリーが高い種類に分類されます。

確かにカロリーは高いのですが、その反面、ダイエット効果も多いのが家系ラーメンです。

また、風邪を引いたら家系ラーメンという都市伝説もあるくらい、ラーメンの中では健康に良いとも言われています。

ダイエット中はラーメン自体できるだけ避けて欲しいのですが、もし食べる場合は紹介した太りにくくするコツを上手に活用して、ダイエット効果も持つ家系ラーメンを食べてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…