atarime2

低カロリーでもあたりめは食べ過ぎNG!ダイエットの注意点と食べ方

おつまみとしてだけでなく、ダイエットでもおなじみの「あたりめ」。あたりめは低カロリーなので、ダイエット中の間食として取り入れている方も多いのではないでしょうか?確かに低カロリーではあるのですが、実はあたりめは食べ方に注意をしないといけない食べ物です。正しいあたりめの食べ方を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あたりめは痩せる?太る?

http://bit.ly/2ny76eW

「あたりめ」といえば、お酒のおつまみだけではなく、ダイエットの定番食として有名ですよね。

あたりめダイエットは、普段食べているお菓子などの間食をあたりめに置き換え、その差分のカロリーをカットするという方法です。

あたりめは低カロリー・低糖質なので、一見理にかなったダイエット法のようですが、実はこのあたりめダイエットは、失敗したという人が多いダイエット法でもあるのです。

あたりめは、痩せる食べ物なのでしょうか?それともやっぱり太る食べ物なのでしょうか?

あたりめのカロリー

http://bit.ly/2oDe9og

あたりめのカロリーは、「315kcal(100gあたり)」です。

このように100gでカロリーを表示すると、高いような気がしますが、実際には100gの量を一度に食べるというのは、そうそうありえません。

1回に食べる量は、平均して20g程度なので、実質のカロリーは「約63kcal」ほど。食べ物の中では低カロリーな部類に入ります。

また、低カロリーなだけでなく、糖質も低く、さらには、たんぱく質も70g(100gあたり)と豊富に含まれているので、一見するとダイエットに向いた食材のように感じます。

しかし実際には、低カロリーの裏に、太りやすい理由が隠されているので、注意が必要です。

低カロリーなのにあたりめが太る理由

1、低カロリーでも塩分により食欲旺盛になってしまう

http://bit.ly/2oD85fL

あたりめはよく噛む食べ物なので、満腹中枢を刺激してくれて、すぐにお腹いっぱいになると思っている方は多いと思いますが、実際にはそうではありません。

確かに、一時的にはお腹がいっぱいになり、空腹を和らげることが可能です。

しかし、塩分は食欲を旺盛にする悪い効果があるので、すぐに甘いものなど、別の何かを食べたくなってしまうのです。

塩っけのあるもの→甘いもの→塩っけのあるもの・・・という無限のループに陥らないように気をつけましょう。

2、あたりめではなく、ジュースやお酒の糖質で太る

http://bit.ly/2oDkXCD

ダイエット中は、カロリーだけではなく、糖質にも気をつける必要があります。

ダイエット中の理想は、糖質を1食あたり40~50gの範囲に抑えることです。

あたりめだけでいえば糖質は全く問題がないのですが、あたりめの塩っけにより、ジュースやお酒がついつい欲しくなってしまいます。

大体のジュースやお酒には糖質が非常に多く含まれているので、注意をしましょう。

喉が乾いてしまった場合は、ジュースではなくお茶や水などの糖分が入っていない飲み物にし、どうしてもお酒を飲む場合には、ハイボールやウーロンハイなどの低糖質なものにしましょう。

3、味がしないので長続きしない

http://bit.ly/2nDoqjq

ダイエットで最も大事なのは継続するということ。

体重は、一時的に痩せた後は一度停滞期を挟みます。この停滞期にダイエットを続けることが大事なのですが、多くの方はこの停滞期で諦めてしまい、リバウンドをしてしまいます。

特にあたりめでダイエットをするというときは、味があまりしないので、長続きしづらい特徴があります。

体重減少という目に見える結果があれば続くかもしれませんが、停滞期に味のあまりしないあたりめを食べ続けるというのは、なかなか難しいことです。

また、味を変えようとしてしまうことも注意が必要です。

あたりめは、マヨネーズや醤油、ポン酢、七味など、調味料との相性が良いのですが、これらをつけてしまうことで、一気にカロリーと糖質は高くなり、ダイエットフードではなくただの、「高カロリーなおつまみ」に変わってしまうのです。

ダイエット中のあたりめの太らない食べ方

http://bit.ly/2nKkEaQ

あたりめには何もつけないが基本

あたりめを食べるときは、高カロリーになってしまうので、マヨネーズや醤油、ポン酢など、調味料は基本的に使わないようにしましょう。

調味料をつけないと味に飽きてしまうという方は、あたりめを炙って食べる方法をおすすめします。

炙ることによって、濃厚さや風味が増すので、単調な味による飽きを回避することができます。

どうしてもマヨネーズが使いたい!という方は、カロリーハーフのマヨネーズを少量にして、工夫をしましょう。

喉が乾いたら温かいお茶を

あたりめは塩分が高いので、食べると喉が乾きます。

喉が乾いたら冷たい飲み物にするのではなく、温かいお茶にしましょう。

温かい飲みものは代謝をアップさせてくれる効果があり、お茶には脂肪吸収を緩やかにする効果があると言われています。

また、温かいお茶と、一緒に食べることにより、ゆっくりと食べることができ、より満腹感を感じやすくすることができます。

http://bit.ly/2mSbxFb

「1切れ30回、すぐお茶」をマスターする

あたりめは塩分が強いので、普通に食べてしまうと食欲が増進してしまう可能性があります。

そこで、1切れを30回以上噛むようにしてください。すると、噛むことで満腹中枢を刺激することができるので、食べ過ぎを防いでくれます。

また、お茶を飲むことで、塩分濃度が薄まり、食欲増進効果を抑えることができるほか、胃の中で水分を含むことになるので、より少量で満腹感を感じることができるでしょう。

ただし、飲んでいいのはお茶であって、ジュースやお酒類はNGなので、注意しましょう。

空腹で眠れないときは、あたりめを1本食べてみましょう

深夜、空腹でなかな眠れないという経験は誰しもがありますよね。

かといって、夜食を普通に食べてしまえば、太るのは間違いありません。

そんな時には、あたりめを1本食べる方法がおすすめです。

あたりめは、自然とよく噛む食べ物なので、満腹中枢を刺激し、寝る前の一時的な時間を満腹の感覚で過ごすことができ、安眠しやすくなります。

寝る前に高カロリー・高糖質なものを食べてしまうと脂肪となってしまい太りますが、あたりめは低カロリー・低糖質なので、そのリスクもうまく回避できます。

あたりめは低カロリーでも工夫が必要!

http://bit.ly/2nfoWmH

あたりめのカロリーと、ダイエット中の注意点、工夫したいことを紹介しました。

あたりめは確かに低カロリーで太りづらい食べ物と言えますが、いくつもの落とし穴があるのでした。

あたりめをダイエット中に食べる時には、紹介した注意点をよく守る必要があります。

あたりめは注意点の多い食品ではありますが、逆を言えば、以上のことを守って摂取すれば、たんぱく質やカルシウムなどの栄養も豊富な上、空腹時の強い味方になってくれます。

低カロリーなあたりめは、食べ方を工夫して、うまくダイエットに活用しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集