7e5c1ef0e084380b0d62e903b9f38138

焼き鳥1本のカロリーを部位別に紹介!ダイエットで太る串・痩せる串

低カロリーで低糖質、ダイエット向きなイメージの焼き鳥ですが、部位や味付けによっては、太ってしまう串もあります。そこで、ダイエット中でも安心できるよう、部位別の焼き鳥1本のカロリーと、太る串・痩せる串を紹介します。より太りづらくする食べ方と注意点も紹介するので、ぜひ実践してみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「焼き鳥=低カロリー」は間違い

http://bit.ly/2ofZbHI

焼き鳥といえば、「低カロリーで低糖質、たんぱく質も豊富で、様々なダイエット効果もあり、ダイエットには最適!」と思っている方も少なくはないのではないでしょうか?

確かに、焼き鳥をはじめとする鶏肉は、平均すると低カロリーでダイエット向きと言えます。

ただし、全ての焼き鳥が低カロリーというわけではないのです。

焼き鳥は部位や味付けによって大きくカロリーが異なり、またカロリー以外の面でも太りやすさが大きく異なります。

そこで今回は、やきとりを「太る串」・「痩せる串」に分けて、1本あたりのカロリーを部位別に紹介します。

太る串・痩せる串以外にも、サイドメニューのカロリーや太りづらくする焼き鳥の食べ方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

低カロリーで「痩せる焼き鳥」

http://bit.ly/2nWu0AY

まずは、低カロリーで痩せる部位を紹介します。これから紹介する部位であれば、食べ過ぎることがなければダイエット中も安心と言えるでしょう。

ただし、種類によっては、食べ方に注意点もあります。

詳しくは各焼き鳥の部位に参考のURLを載せているので、この記事を読んだ後に、そちらも確認してみてくださいね。

1、砂肝

http://bit.ly/2nYXL4t

有名焼き鳥チェーン店の砂肝のカロリー(1本あたり)

  • 鳥貴族:約59kcal
  • 焼鳥竜鳳:約33kcal
  • 大吉、秋吉:記載なし

砂肝の平均的なカロリーは、「約34kcal(1本あたり)」です。

砂肝は有名ですが、焼き鳥の中でも低カロリー・低糖質な串と言えます。

低カロリーで歯ごたえもあり鉄分なども豊富に入っています。

砂肝が低カロリーというのは異論がないと思うのですが、実はコレステロールとプリン体の値が突出して高いため、ダイエットに向かないという意見もあります。

あくまで食べ過ぎなければ問題ないのですが、砂肝だけで3本、4本!と食べるのは注意が必要です。

2、やげん軟骨

http://bit.ly/2o9KeXj

有名焼き鳥チェーン店のやげん軟骨のカロリー(1本あたり)

  • 鳥貴族:約59kcal
  • やきとり竜鳳:42kcal(タレ)、約35kcal(塩)
  • 大吉、秋吉:記載なし

やげん軟骨の平均的なカロリーは、「約24kcal(1本あたり)」です。

やげん軟骨は、低カロリーな上に、コリコリとした歯ごたえがあるので、満腹感もあります。

さらに、他の串と比べても、たんぱく質やカルシウムが豊富に入っています。

たんぱく質・カルシウムは代謝を上げ、脂肪の吸収を抑える働きがあるので、「痩せる串」に分類することができるでしょう。

ただし、やげん軟骨も注意が必要です。やげん軟骨は塩分が多いので、塩分過多になってしまう可能性があります。

こうなってしまうと、食欲が増すばかりか、むくみを引き起こすので、食べ過ぎには注意してください。

3、ねぎま

http://bit.ly/2nj1PYl

有名焼き鳥チェーン店のねぎまのカロリー(1本あたり)

  • 鳥貴族:約233kcal(ジャンボむね貴族タレ)
  • 鳥貴族:約208kcal(ジャンボむね貴族塩)
  • 鳥貴族:約208kcal(ジャンボむね貴族スパイス)
  • やきとり竜鳳:約62kcal(タレ)、約56kcal(塩)
  • 大吉、秋吉:記載なし

鳥貴族のねぎまは、サイズが大きいので高カロリーになっていますが、ねぎまの平均的なカロリーは「約81kcal」です。

ねぎまに使われているむね肉は、「低カロリー・低糖質・高タンパク質・栄養満点」と、ダイエットでは言うことなしです。

さらに、ねぎには糖質の分解や脂肪の燃焼をしてくれる成分が含まれているので、とてもオススメです。

そんなねぎまでも、味付けや、もも肉を使うねぎまの場合には注意が必要です。

高カロリーで「太る焼き鳥」

http://bit.ly/2oeB5u5

ここまでは低カロリーで太りづらい串を紹介しましたが、ここからは高カロリーで太りやすい串を紹介します。

ダイエット中は、低カロリーな串よりも、何が高カロリーで何が太りやすいかを知っておく必要があります。

これから紹介する高カロリーな串は、多くても1~2本と決めておいて、食べ過ぎることのないように注意しましょう。

1、ぼんじり

http://bit.ly/2mOuuZZ

有名焼き鳥チェーン店のぼんじりのカロリー(1本あたり)

  • 鳥貴族:約176kcal
  • やきとり竜鳳:約113kcal(タレ)、約107kcal(塩)
  • 秋吉、大吉:記載なし

ぼんじりの平均的な1本あたりのぼんじりのカロリーは、「約170kcal」です。

太る焼き鳥として、絶対に覚えておきたいのがこの「ぼんじり」です。焼き鳥とは言っても、お尻のお肉なので、脂がたくさん乗っています。

他の焼き鳥と比べても1本あたりで100kcal以上高いので、食べる際には本数に気をつけて、工夫する必要があるでしょう。

2、鶏皮

http://bit.ly/2otbiNW

有名焼き鳥チェーン店の鶏皮のカロリー(1本あたり)

  • 鳥貴族:約299kcal(タレ)、約282kcal(塩)
  • やきとり竜鳳:約103kcal(タレ)、約97kcal(塩)
  • 大吉、秋吉:記載なし

鶏皮の平均的な1本あたりのカロリーは、「タレが約161kcal、塩が約98kcal」です。

鶏皮は焼き鳥の中では、脂質が多くカロリーも高めなので、太りすい串とされています。仮に、タレ味で2本食べてしまうと、ご飯大盛りレベルのカロリーになってしまいます。

太りやすい串の鶏皮ですが、塩味にすることにより大幅なカロリーカットが可能です。

また、ダイエット効果自体は多く持っているので、カロリーに気をつけて食べ方を工夫すればダイエットに応用することもできるはずです。

3、つくね

http://bit.ly/2o8IMoB

有名焼き鳥チェーン店のつくねのカロリー(1本あたり)

  • 鳥貴族:約255kcal(タレ)、229kcal(塩)
  • やきとり竜鳳:約50kcal(タレ)、約44kcal(塩)
  • 大吉、秋吉:記載なし

つくねの1本あたりの平均カロリーは、「約91kcal」です。

つくねは焼き鳥の中でも、比較的低カロリーな部類に入り、ダイエット効果も沢山持っているので、ヘルシーな串の一つと言えますが、注意してほしいことがたくさんある串でもあります。

つくねは、タレの味付けによってカロリーが大きく異なり、月見つくねなど、変り種のメニューになっていることも多いからです。

食べるときは、できる限り塩味でシンプルなものにしましょう。

サイドメニューのカロリーにも注意

http://bit.ly/2n87qB3

唐揚げ

1個あたり「約70~80kcal」

鶏肉とは言っても唐揚げは要注意です。

油で揚げているので、衣が油をたくさん吸っており、高カロリーです。

らに居酒屋の唐揚げは、甘い味付けや特製のソースがかかっていることも多いので注意が必要になります。

どうしても食べたければ、1個だけと決めて、レモンを絞って食べるようにしましょう。

レモンには脂肪の吸収を抑える働きがあるので、太りづらくすることができます。

手羽先

1個あたり「約106kcal」

手羽先は、ダイエット効果自体は多く持っているのすが、世界の山ちゃんなどの人気店の多くが甘いタレで作っています。

甘いタレのものは高カロリーになってしまうので、唐揚げ同様に注意が必要です。

ただし、これを逆手に取ると、塩味のものであればヘルシーな手羽先に変わります。

カロリーも約半分、糖質も1/10ほどになるので、できる限り塩味の手羽先を選びましょう。

お酒

焼き鳥を食べるとついつい飲みすぎてしまいますが、飲むお酒の種類には注意しましょう。

せっかく焼き鳥でカロリーや脂質を抑えても、ビールや日本酒などの高カロリー・高糖質なものを飲んでしまえば、あまり意味がなく、むしろ太ってしまいます。

焼き鳥を食べるときは、低カロリーで低糖質なウーロンハイや緑茶ハイ、もしくはハイボールにしましょう。

どうしてもビールが飲みたいという方は、焼酎で作られている分ダイエット向きのホッピーにしましょう。

太りづらくする焼き鳥の食べ方・コツ

http://bit.ly/2ob12NQ

味付けは塩中心

タレを選ぶとカロリーと糖質がグンと上がってしまうので、ダイエット中はできる限り塩味のものにしましょう。

塩味にしてもそれでは終わりではなく、食欲増進効果を高めてしまう七味やガーリックパウダーの使いすぎには注意が必要です。

焼き鳥の串を活用する

焼き鳥が串に刺さっているということをダイエットに利用しましょう。

まずはあらかじめ今日食べる本数を決めておくことです。

多くても10本まで!と決めておけば、ついつい食べ過ぎてしまうことを防ぐことができます。

また、何人かで食べるときにやりがちですが、焼き鳥は、串からまとめて抜かないことをお勧めします。

毎回串で食べることで自然とゆっくり食べることができ、少量で満腹感を得ることができるからです。

食べる順番が重要

焼き鳥はお酒と味の濃さが相まって、ついつい食べ過ぎてしまうのが怖いところです。

まずは、軟骨などの歯ごたえのあるものをゆっくり食べ、次に低カロリーでダイエット効果が見込める、キュウリや冷やしトマト、キムチ、塩キャベツなどを食べて、できれば20分は他の焼き鳥を我慢しましょう。

20分経つと私たちの脳は満腹感を感じ始めます。そのあとは、10本までであれば、焼き鳥を食べてOKです。

低カロリーな焼き鳥も食べ方次第では太る!痩せる食べ方を実践しましょう!

http://bit.ly/2obyrVI

焼き鳥1本あたりの部位別カロリーと、太る串・痩せる串、そして太りづらくする食べ方を紹介しました。

焼き鳥は全部が低カロリーなのではなく、種類によってカロリーや太りやすさが大きく異なるのです。

とは言っても、焼き鳥自体は平均的にヘルシーです。

太る串もあるということを念頭に置いて、10本までというルールさえ守れば、あまり太ることを恐れる必要はないので、あとは楽しく焼き鳥を食べ、美味しく健康的に痩せましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…