Sierra Exif JPEG

つくねのカロリーは低い?高い?ダイエット中の太らない食べ方

つくねは焼鳥の中でもカロリーが低く、ダイエットに向いている食べ物と言われています。しかし低カロリーとは言えど、食べ方次第では太る原因にもなります。ダイエット中につくねを食べる際の注意点と工夫を紹介します。是非、ダイエット中のつくねの食べ方をマスターしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つくねは太る?痩せる?

http://bit.ly/2o8IMoB

焼鳥屋さんや居酒屋さんでの定番メニューのつくね。最近では、コンビニやスーパーでも手軽に購入することができ、大人気の食べ物です。

焼き鳥といえば、低カロリーでダイエットに向いているイメージがありますが、つくねは甘いタレを使用していて、太るか痩せるか微妙なところですよね。

実際はどうなのでしょうか?

つくねのカロリーと糖質は?

http://bit.ly/2nfi60A

■焼鳥の有名店のつくねのカロリー

鳥貴族:約255kcal(タレ)、229kcal(塩)
やきとり竜鳳:約50kcal(タレ)、約44kcal(塩)
大吉:記載なし
秋吉:記載なし

ネット上の情報をもとに、焼鳥の有名店のつくねのカロリーを紹介しました。

お店によって、レシピや味付けが違うので、差はありますが、平均的につくね1本あたりのカロリーは「約91kcal」ほどと言われています。

■焼鳥の他の部位のカロリー

・皮:約161kcal(1本あたり)
・ぼんじり:約170kcal(1本あたり)
・レバー:約41kcal(1本あたり)
・ねぎま:約80kcal(1本あたり)
・ハツ:約65kcal(1本あたり)

つくねと他の部位のカロリーを比較すると、つくねのカロリーは、焼き鳥の中では低カロリーに分類されることが分かります。

低カロリーなだけじゃない!つくねにはダイエット効果アリ!

http://bit.ly/2nyNsm9

■セレンが新陳代謝を高めてくれる

つくねにはセレンという成分が含まれています。

普段あまり聞き慣れないセレンですが、体の新陳代謝を高めてくれる働きがあります。

体の新陳代謝が良くなると、血液の循環が良くなるので、体に溜まった老廃物や毒素が体の外に排出されやすくなり、痩せることができます。

ただし、セレンは人の体にとって、必要な栄養ですが、摂取し過ぎると副作用を起こしてしまうと言われているので、摂り過ぎには注意しましょう。

通常の食生活で摂り過ぎになることはほとんどないと言われていますが、サプリメントの過剰摂取などによって副作用の症状が出たという報告もあります。

■ビタミンB6が糖質や脂質の代謝を助けてくれる

つくねに豊富に含まれるビタミンB6が、食事で摂取された糖質や脂質の代謝を助けてくれます。

糖質や脂質は体に脂肪がつく原因となるので、ビタミンB6で糖質や脂質の代謝をアップすることによって、体に脂肪がつきにくくなり、痩せやすい体を作ることができます。

■脂質が多いので腹持ちが良い

つくねには脂質が多く含まれています。

脂質というと、脂という字を使用しているので、まさに太る原因!というイメージを持たれている方も多いかもしれません。

脂質を摂取し過ぎるともちろん太るのですが、適度な量の脂質はむしろダイエットの味方なのです。

その理由は、脂質は消化されにくく、お腹の中に長時間とどまり続け、その結果長い時間お腹が空かず、食事の量を減らせるので、カロリーの摂取を抑えることができるためです。

つくねを食べれば適度な脂質を摂取することができます。

つくねは痩せるが、食べ方には注意!

http://bit.ly/2nfoWmH

紹介したように、つくねは低カロリー・低糖質な上に、ダイエット効果をいくつも持っています。そのため、つくねはダイエットに最適な食品と言えるでしょう!

ただし、つくねは低カロリーで痩せることのできる食品なのですが、注意してほしいことがいくつかあります。

食べ方を間違えてしまうと、ダイエット効果を得ることができず痩せることができないばかりか、食べれば食べるほど太るという最悪な結果にもつながりかねません。

ダイエット中のつくねの注意点を紹介します。

ダイエット中のつくねの注意点

http://bit.ly/2oeB5u5

■つくねのタレが太りやすい

つくねのタレは色々な種類がありますが、焼鳥屋さんや居酒屋さんで注文できるものの多くは照り焼きソースなどの甘いソースです。

そのようなソースは、多量の砂糖で煮詰められているので、カロリーと糖質が高くなってしまいまうため、できるだけ「塩味のつくねを選ぶようにすると良いでしょう。

■月見つくねなどの変り種に注意

月見つくねなど、最近の居酒屋や焼き鳥屋さんでは、つくねのバリエーションが豊富になっています。

味は美味しいかもしれませんが、変り種のものは味付けも濃くなっていることが多いので注意しましょう。

注文するときは、タレのカロリーを調べてからにすることをお勧めします。

■自家製つくねはカロリー・糖質が高くなる

焼き鳥屋のつくねは、網で焼いているため、余分な油が下に落ちていきますが、自家製だとフライパンを使うことになるので、油が落ちず、多くの油を摂取することになり、カロリーが高くなってしまいます。

また、自家製の場合は、つなぎの役割を担う小麦粉をついついつけすぎてしまうことが多いので注意が必要です。

どうしても自宅で作りたい場合は、カロリーや糖質をよりカットできるよう、小麦粉ではなくおからパウダーを代わりに使うことをお勧めします。

■食感が柔らかく満腹感を得づらい

つくねは焼鳥の他の部位と比べて、食感が柔らかく、あまり噛まなくても食べれてしまいます。

あまり噛まないで食べると、よく噛んで食べた時よりも満腹感を得づらくなります。

特につくねを食べる時は、咀嚼回数を増やすように意識しましょう。

目安として1口30回以上噛むようにすると、少量のつくねで高い満腹感を得ることができます。

つくねのダイエット効果を高める方法・コツ

http://bit.ly/2nhrlhD

■ビタミンB6を含む食品を一緒に食べる

先ほど、つくねには糖質や脂質の代謝を助けるビタミンB6という成分が含まれていると紹介しましたが、この糖質や脂質の代謝を促す効果を最大限に高めてくれる方法として、ビタミンB6の含有量が高い食品を一緒に食べることが挙げられます。

ビタミンB6が多く含まれる食べ物は、
・レバー
・まぐろ
・かつお
・さんま

などが挙げられます。

れらの食品とつくねを一緒に食べると、より高いダイエット効果を発揮します。

■海藻類を食べて食物繊維を補給

食物繊維は、ダイエットの強い味方で、ダイエット中は積極的に摂取したい栄養素です。そんな食物繊維ですが、つくねには含まれておらず、違う食品で補う必要があります。

食物繊維を多く含んでいる食べ物としてオススメなのが、海藻類。食物繊維は腸内環境を整えてくれるため、便秘を解消してくれる効果がり、痩せることができます。

また、食物繊維は水分を含むと膨らむ性質があり、お腹の中でカサ増しとなるので、食べる量を減らすことができ、1日の消費カロリーをカットすることができます。

つくねは低カロリーだが食べ方に注意!

http://bit.ly/2nKkEaQ

つくねのカロリーを紹介しました。つくねは焼鳥の中でも低カロリーな部位に分類され、痩せることができますが、何も考えずにパクパクと食べていたらもちろん太ります。

是非、紹介した注意点と、より効果を高めるコツを駆使して、ダイエット中でも安心してつくねを食べてみてくださいね!

こちらの記事もおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…