suzu_20160512_1

高カロリーなイメージのカステラ。実は痩せるための間食には最適?

高カロリーなイメージのカステラですが、実は他のスイーツと比べると、意外と低カロリーで、痩せるための間食には最適です。しかし、間食に最適とはいえ、高カロリー・高糖質というのも事実なので、何も考えずに食べると太る原因になります。ダイエット中にカステラを食べる際の注意点を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「カステラ=高カロリーで太る」は間違い?

甘くて表面に砂糖がまぶしてある、いかにも太りそうなイメージのカステラ。

小麦粉や砂糖、水飴、卵、ザラメ、などが材料で、材料だけ見ると、高カロリーで太ると思うのは普通のことです。

しかし、実はカステラは、痩せるための間食には向いている食べ物だったのです。

なぜ、カステラが間食に向いているのか紹介します。

カステラのカロリー

カステラのカロリーは、約319kcal(100gあたり)です。

1切れ50gあたり約156kcalとなっております。

■カステラ以外の他のスイーツのカロリー

ショートケーキ:約344kcal(100gあたり)
ドーナツ:約375kcal(100gあたり)
フルーツタルト:約214kcal(100gあたり)

■有名店別のカステラのカロリー

銀座文明堂:約157kcal(1切れあたり)
福砂屋:179kcal(1切れあたり)

このように他のスイーツと比較すると、カステラのカロリーはそこまで低いというわけではありません。

むしろカロリーが低い和菓子などと比べると、高カロリーになっています。

カステラの糖質

カステラ糖質量は、約62.6g(100gあたり)です。

1切れ50gあたり約31.3kcalとなっております。

■カステラ以外の他のスイーツの糖質量

ショートケーキ:約46.5g(100gあたり)
ドーナツ:約27g(100gあたり)
フルーツタルト:約52g(100gあたり)

このように、他のスイーツと比較すると、カステラの糖質量が高いことがわかります。

何も考えずに食べてしまうと、太る原因になります。

高カロリー&高糖質なカステラが間食に最適な理由

http://bit.ly/2mBngoS

カロリーや糖質から間食には向いていないと思われがちですが、なぜそんなカステラで痩せることができるのでしょうか?

高カロリー・高糖質なカステラが間食に最適な理由を紹介します。

■)1、GI値が他の炭水化物よりは高くない

http://bit.ly/2mCZtXr

カステラがダイエット中の間食に最適な一番の理由は、そのGI値の低さです。

GI値とは、糖質を摂取した際の、体内の血糖値が上昇する度合いを数値で表したもの。カステラのGI値は69(最大100)と言われており、他のスイーツよりも少ないです。

■カステラ以外の他のスイーツのGI値

ショートケーキ:80
ドーナツ:86
大福:88
どら焼き:90
菓子パン:95

GI値が高いと、血糖値が急上昇してしまうため、糖が脂肪に変換されやすくなってしまいます。

反対に、GI値が低いと、血糖値の上昇が緩やかになり、糖が脂肪になりにくくなるのです。

■)2、カステラの原材料に油がない

http://bit.ly/OWz2rm

カステラには、小麦粉や卵、ザラメ、砂糖、水飴砂糖などの高カロリーの材料が使われています。

しかし、カステラは砂糖などが多く使われていても、バターや油などは基本的に入っていないので、油が脂肪として蓄えられにくくなります。

カステラが高カロリーでも太りづらいのは、油を使っていないということが大きな要因のひとつです。

■)3、甘いので満足度が高い

http://bit.ly/2nvoIZt

砂糖の甘さは、エンドルフィンという成分を分泌し、ストレスが溜まりづらくなります。

ストレスを溜めないということは、ダイエットを長く続ける上でも大事。ダイエット中に、ストレスを溜めると、脳は甘い物を欲してしまうので、太る原因にもなります。

ダイエット中に食べたいものを我慢することは、反対に太りやすくなる原因にもなり得ますので、カロリーを摂り過ぎないのは当たり前ですが、適度に食べるということも必要なのです。

カステラダイエットの注意点

http://bit.ly/2lSJdCG

■カステラはできる限り老舗のお店で

コンビニに売っているカステラ風のスイーツは添加物や、カステラを甘くする余計な材料が入っているものも少なくありません。

老舗なら基本的に油を使うことはないので、より低カロリー&ヘルシーに食べることができ、おすすめです!

■最初に切り分けておくこと

カステラは一本売りで売っていることが多いので、最初に食べる量を決めて切り分けておかないと、満足度は高くても食べ過ぎてしまう可能性も否定できません。

ベストは小分けにパッケージングされたものを買うことですが、1本売りのカステラの場合には切り分けて、食べる前にこれだけの量を食べると決めておくようにしましょう。

ちなみにもし1本まるまる食べてしまった場合は、およそ1900kcalほどになるのでご注意を…!

■置き換えダイエットはNG

カステラは、間食に食べてダイエットをするのをおすすめしています。

間食に食べることによって、他の高カロリーなスイーツを食べるよりもカロリーをカットできるのと、適度な間食はダイエットに効果的という理由のため。

普段の食事をカステラのみの置き換えるという方法を行う方も多いですが、確かにカロリーをカットすることはできますが、栄養バランスが偏り、反対に太る原因にもなりかねません。

カステラをダイエットに取り入れる際は、置き換えダイエットではなく、間食ダイエットとして実践するようにしましょう。

カステラにはダイエット効果が他にも !

http://bit.ly/2nf0JBv

■腹持ちが良い

カステラは、体内に取り込まれてから糖に変換されるまでの時間がゆっくりなため、長い時間お腹に溜まることになり、腹持ちが良い特徴があります。

腹持ちが良くなる結果、少ない量のカステラで満腹になることができ、その後の食事の量も減らすことができるので、結果として1日の摂取カロリーを抑えることができ、痩せることができると言われています。

■タンパク質が豊富

カステラにはタンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質には、筋肉の生成を助けてくれる効果があり、ダイエットの強い味方と言われています。

ダイエット中に筋肉をつけるというということは、みなさん避けがちですが、筋肉には体の代謝量をアップしてくれる効果があるので、ダイエット中こそ積極的に筋肉をつけるようにしましょう。

高カロリーでもカステラは食べ方次第で痩せれる

http://bit.ly/2mRzrA6

カステラのカロリーや糖質量について紹介しました。このようにカステラは、カロリーや糖質量は高いですが、GI値は低く、ダイエット中の間食に最適な食べ物なのです。

他にも、たんぱく質が豊富だったり、腹持ちが良いなどのダイエット効果があるので、ぜひ紹介した注意点を守り、ダイエット中にもカステラを取り入れてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…