94debfa30f060556da202f832cdfb940

低カロリーでもマシュマロは太る!マシュマロダイエットが失敗する理由

マシュマロは美味しくて、さらに美容効果もあり、大人気の食べ物です。加えて、マシュマロは低カロリーで、一見ダイエットに最適な食べ物と思われがちです。しかし、その低カロリーの裏に太る原因が多く隠されていました。ダイエット中にマシュマロを食べる際の、注意点や工夫を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マシュマロは痩せる?太る?

http://bit.ly/2nvoNfD

皆さんは、「マシュマロダイエット」というダイエット法を知っていますか?

マシュマロダイエットとは、その名前通り、間食にマシュマロを食べるだけの簡単に行えるダイエット法です。

マシュマロダイエットは、低カロリーなマシュマロを間食で食べることによって、空腹の時間を作らず、1日全体の食事量やカロリー吸収量を抑えるという仕組みなのですが、よくよく口コミを調べてみると、全然うまくいかなかったという人が多いのです。

マシュマロは確かに低カロリーなのですが、実は低カロリーの裏に隠された、太る理由があったのです。

マシュマロのカロリー

http://bit.ly/2mCSQUW

マシュマロ1粒3gあたりのカロリーは、「約10kcal」です。

例えば、マシュマロを10粒食べたとしても、約100kcalと比較的に低カロリーな食べ物です。

マシュマロ以外のお菓子のカロリー

  • 板チョコ:約360kcal(1枚65gあたり)
  • クッキー:約270kcal(50gあたり)
  • ビスケット:約273kcal(50gあたり)

他のお菓子と比べても、マシュマロのカロリーの低さがわかります。

そのカロリーの低さから、ダイエットに向いていると思われがちですが、実は太る理由がたくさんあったのです。

低カロリーなのにマシュマロが必ず太る理由

1、低カロリーでも糖質は豊富

http://bit.ly/2mirC3o

マシュマロは低カロリーですが、糖質量が豊富なため、太る原因になってしまいます。

マシュマロ1粒3gあたりの糖質量は、「約2.4g」。仮に10粒食べたとすると、24gの糖質を摂ることになります。

また、マシュマロ30g中の24gが糖質なので、成分のほとんどが糖質ということになります。

糖質は、体内の血糖値を急上昇させるので、体に脂肪をつきやすくしてしまい、太る原因になります。

ダイエット中はできるだけ糖質を控えるようにしましょう。

2、ダイエット向きのマシュマロはごく少数

http://bit.ly/2nvDgbu

よくマシュマロダイエットで言われているような低カロリーでかつダイエットに向いているというマシュマロはシンプルな味のものです。

しかし、市販のマシュマロには、大体味付けがあり、その味付けによってカロリーや糖質が高くなってしまいます。

3、低カロリーなマシュマロは小分けになっていない

http://bit.ly/2nf6vTU

やっと見つけたプレーン味のマシュマロ。

これならダイエットにも使えると思いきや、そこにはまだ罠があります。

シンプルなマシュマロは基本的に小分けでパッケージングされていません。

どこで食べ終わっていいか分からず、ついつい食べ過ぎてしまい、結果的に摂取カロリーが多くなってしまいます。

4、歯ごたえがなく満足感がない

http://bit.ly/2mBpwN3

マシュマロダイエットは腹持ちが良くて良いとネット上では見かけることがありますが、実際には少量のマシュマロでは、腹持ちが良いとは言えません。

また、他の食品と比べて歯ごたえがなく、満足感もないので、ついつい食べ過ぎてしまう原因にもなります。

マシュマロダイエットをやるときの工夫

http://bit.ly/2gBJZld

マシュマロは低カロリーでも太りやすいと紹介しましたが、ダイエット効果がないわけではありません。

マシュマロにはコラーゲンによる便秘解消効果があり、老廃物や毒素を体外に排出してくれるので、工夫さえすればダイエットフードに変えることもできます。

そこでマシュマロでダイエットするときに工夫したいこと・注意点を紹介します。

コンビニではなく大型スーパーでマシュマロを買う

コンビニで売っているマシュマロには、味が美味しく人気の商品ということは事実ですが、基本的に糖分がたくさん入っており、カロリーも高めです。

ダイエット中にマシュマロを食べるときは、大型のスーパーで購入するようにしましょう。

大型スーパーには、低カロリーなダイエットマシュマロが売っている可能性が高いです。

1日に12個までと決めておく

間食を食べることによって、痩せることができるのですが、間食で摂っても大丈夫なカロリーは、最大120kcalほどと言われています。

120kcal以上カロリーを摂ってしまうと、太る原因になるので、目安としてマシュマロは1日に12個までと決めておき、食べ過ぎるのに注意しましょう。

あえて10個というキリのいい数字ではなく12個とすることで、より食べ過ぎてはいけないという認識が高まります。

http://bit.ly/2mB98fn

コーヒーと一緒に

マシュマロをおやつで食べる時は、コーヒーを一緒に飲むようにしましょう。

コーヒーには、脂肪燃焼効果があり、体に蓄積された脂肪を効率的に燃やすことができます。

そこに、マシュマロの便秘解消効果が相まって、非常に高いダイエット効果を発揮してくれます。

コーヒーを飲むときに、注意して欲しいのが、加糖のものは基本的に選ばないようにするということです。

微糖でもカロリーが一気に上がってしまうので、マシュマロとセットで飲むのは無糖のブラックにしましょう。

マシュマロヨーグルトがいい!

先ほど、マシュマロとコーヒーの相性が良いと紹介しましたが、マシュマロとヨーグルトも相性が抜群でおすすめです。

マシュマロヨーグルトの作り方は、ヨーグルトの中にマシュマロを入れて1晩寝かせるだけ。

こうすることでマシュマロがヨーグルトを吸って、ムース状になり、さらに美味しくなります。

もちろん美味しくなるだけでなく、マシュマロの便秘解消効果に加えて、ヨーグルトの整腸作用がプラスされるので、より高いダイエット効果を期待することができます。

ただし、マシュマロのカロリーにヨーグルトのカロリーもプラスされるので、食べ過ぎはNGです。

低カロリーなマシュマロも食べ方次第で太るので注意

http://bit.ly/2kqa9W2

紹介したように、マシュマロは低カロリーですが、油断すると太る要素が多く詰まっている食べ物です。

そんな低カロリーでも注意点の多いマシュマロを何も考えずにバクバクと食べてしまったら、太るのは間違いありませんよね。

しかし、逆を言えば、食べ方次第でダイエット効果を見込めるということです。

マシュマロダイエットには、減量効果だけでなく、美肌効果やアンチエイジング効果なども見込めるダイエット法です。

紹介した、注意点と工夫を頭に入れて、マシュマロダイエットを実践してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…