480485349-e1455420880707-1

お風呂で簡単ダイエット!高温反復浴の効果と方法、注意点を紹介

お風呂には、疲労回復効果や美容効果だけでなく、ダイエット効果も期待できます。普通に入浴するだけでも効果はあるのですが、高温反復浴という入浴法を加えて行うとより高い効果を発揮します。高温反復浴の効果と方法、注意点を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂はダイエットに最適!

http://bit.ly/2kMvo7P

1日の疲れを癒してくれて、美容効果も高いお風呂。

お風呂が好きな方にとっては、1日の最高のリラックスタイムですよね。

そんな良いところ尽くしのお風呂ですが、美容効果や疲労回復効果だけでなく、ダイエット効果もあるのです。

ダイエットをしようと思っていても、辛い食事制限や運動に耐えられず諦めてしまう方も多いですが、お風呂ダイエットなら簡単かつ手軽に実践できるので、続きやすくおすすめです。

高温反復浴なら、さらに痩せれる!

http://bit.ly/2kMtxQl

お風呂に普通に入浴するだけでもダイエット効果を得ることができると言われていますが、高温反復浴という方法をプラスαで実践すると、さらに高いダイエット効果を発揮できます。

普段、聞き慣れない「高温反復浴」という言葉ですが、半身浴よりもダイエット効果が高いうえに、簡単に実践できると話題で、口コミでも高評価な入浴法なのです。

通常のお風呂に少しの工夫を加えるだけなので、忙しくてダイエットの時間を取れないという方でも続けやすいです。

「高温反復浴」の方法・やり方

http://bit.ly/2jGDdYH

高温反復浴は、難しいことは必要ありませんし、特に道具も必要ないので、今日からでも実践することができます。気になる高温反復浴の方法・やり方を紹介します。

高温反復浴の方法・やり方

  • 1.40~42℃のお湯を湯船たっぷりにため、肩までしっかりと浸かる。(3分間)
  • 2.湯船から出て、シャンプーとボディウォッシュをする。(5分間)
  • 3.もう一度お湯に肩まで浸かる。(3分間)
  • 4.湯船から出て、リンス・トリートメントをする。(5分間)
  • 5.お湯に肩まで浸かる。(3分間)

2回目の入浴をする頃には、もうその汗の量に驚くはずです。

それだけ高温反復入浴法は、ダイエットに効果がある入浴法なのです。

高温反復浴のポイント

高温反復浴では、40~42℃と熱いお湯を用いるのがポイントです。

1回1回の入浴時間は短いため、ぬるいお湯で行うと、体が温まりきらず、体が冷えてしまう原因になってしまうので、熱めのお湯で行うようにしましょう。

熱いお湯だと、肌荒れなどの心配をされる方も多いかもしれませんが、入浴時間が短いため、そのような心配はあまりないと言われています。

高温反復浴のダイエット効果

http://bit.ly/2k20vcG

汗をかくことにより、デトックス効果がある

お風呂に入ると、汗をかきますよね。高温反復入浴法には、普通にお風呂に入るよりも高い発汗作用があります。

汗をたくさんかくことによって、体内の水分量が減るだけでなく、いらなくなった老廃物や毒素を体の外に排出してくれるので、痩せやすい体を手にいれることができます。

お湯の水圧によって、新陳代謝が良くなり、むくみの解消に

入浴すると、体にお湯の水圧がかかります。

体に水圧がかかることによって、体がマッサージされているのと同じような状態になり、痩せやすい体を得ることができ、気になるむくみを解消することができます。

また、心臓にも水圧がかかっているため、負荷がかかり、心肺機能を高めてくれるので、代謝がさらに上がると言われています。

代謝が良くなり、脂肪燃焼効果がある

お風呂に入ると、血流が良くなり、血液の流れがスムーズになります。

血液の流れがスムーズになることにより、代謝量が上がり、脂肪燃焼効果が高まります。

高温反復入浴法は、お湯に入ったり出たりすることで、普通に入浴するよりも血管の働きが活発になり、代謝量が上がりやすいのです。

また、体温が上がると、褐色脂肪細胞という、脂肪の燃焼を促してくれる細胞の働きが活発になり、さらに高い脂肪燃焼効果を期待することができます。

高温反復浴での消費カロリー

http://bit.ly/2kvQ299

高温反復浴を実践するにあたって、気になるのが消費カロリーだと思います。

1回の高温反復浴で消費するカロリーは、約300~400kcalと言われています。

運動でこのカロリーを消費するのはかなり大変で、ジョギングで例えると5km以上走らないといけません。

それがたった20分ほどの入浴で、ジョギング5kmの消費カロリーに匹敵するとは、実践するしか方法はありませんね!

高温反復浴ダイエットの注意点

http://bit.ly/2hoHwai

水分補給をしっかりとする

高温反復浴は、普通に入浴するよりも数段汗をかきます。

汗をかくことによって、体内の水分量が減り、最悪の場合は脱水症状になってしまう原因にもなります。

入浴前、入浴中、入浴後にしっかりと水分補給するようにしてください。

しかし、お風呂上がりのお酒は、美味しいですが、血液をドロドロにしてしまうためできるだけ控えるようにしましょう。

自分の体と相談して実践する

高温反復浴は、思っている以上に体力を使う入浴法です。

特に熱めの温度のお湯ですので、病中病後の方や体調のすぐれない方、血圧が高い方、妊婦の方は控えてください。

元気な方でも、高温反復浴を行っている時に体に異変を感じたら、無理をせず中止するようにしてください。

反復しすぎるのはNG

高温反復浴は、お湯に入ったり出たりするのを反復すればするほど効果があると思われがちですが、反復しすぎると、体調が悪くなったり、肌荒れなどの原因になりますので注意しましょう。

高温反復浴は3回までと決めておいた方が安全です。

http://bit.ly/2hyr2zO

飲酒後の入浴はNG

入浴すると、血流が良くなるという話は先ほども紹介しましたが、アルコールが体に入った状態で入浴すると、血流が良い状態なので、アルコールが全身に回りやすくなり、さらに酔ってしまう原因になります。

湯船で酔うと、最悪の場合溺れてしまう原因などにもなりかねないので、お酒を飲んだ後は入浴しないようにしましょう。

上がるときはゆっくりと上がる

湯船に浸かっていて、いざ湯船から上がろうとするとき、急に立ち上がる方が多いですが、急に立ち上がることは大変危険です。

お風呂から上がると、水圧から解放されるので、血液が下半身に移動します。

その結果、上半身に血液が少なくなり、貧血などの原因になります。

お風呂を上がるときは、ゆっくり徐々に出るようにするとそのような症状を防げる確率が上がります。

高温反復浴の健康・美容効果

http://bit.ly/2jf30eA

疲労回復効果

お風呂に浸かると、体に水圧がかかります。体に水圧がかかると、体がマッサージされているのと同じ状態となり、疲労成分である乳酸の排出を促してくれるため、疲れを取ることができます。

また、水中では、体が受ける体重は普段の1/10と言われています。

お風呂の浮力によって、体がリラックスし、体の緊張をほぐしてあげると、心までリラックスする効果があると言われています。

美肌効果

お風呂に入ると、血流が良くなり、血液がサラサラになります。

血液がサラサラになることによって、血液の循環が良くなり、ニキビや肌荒れの原因である、体に溜まった不要な老廃物や毒素などが体の外に排出されるため、美肌効果があると言われています。

http://bit.ly/2kCOsl8

冷え性の改善

冷え性でお悩みの方多いのではないでしょうか?

特に冬の時期は手足が冷えて辛いですよね。そんな冷え性ですが、バスタイムで改善することができると言われているのです。

お風呂に入ると、血流が良くなります。血流が良くなると、血液の循環がスムーズになり、体の隅々まで血液が行き渡るため、冷え性を解消してくれます。

また、きちんと入浴することには、保温効果があり、お風呂上りもポカポカの状態を保つことができるのも冷え性に効く理由の一つです。

安眠効果

入浴には、安眠効果もあるのです。

人が熟睡するのには、体温を上げて下げる、体温の波を作ることが必要です。

入浴しないと、体温が上がらず、波ができないので、なかなか熟睡できません。

そこで、お風呂に入って、体温を一度上げることによって、体温が下がる時に波ができるので、熟睡しやすくなるという仕組みです。

安眠することには、体力回復効果だけでなく、ダイエット効果もあります。

熟睡すると、体内時計の狂いが正常に戻ります。

体内時計が正常になると、変な時間にお腹が空くという現象がなくなるので、規則正しい食生活に戻ることができます。

高温反復浴を試してみて!

http://bit.ly/2jf2sp2

高温反復浴について紹介しました。

高温反復浴は、40~42℃のお風呂に3回に分けて入るだけで、普通に入るより高いダイエット効果が見込める入浴法でした。

紹介した注意点をきちんと守ることができれば、普通の入浴法や半身浴法と比べて、かなり高いダイエット効果を期待できるので、おすすめです。

みなさんも普段のお風呂に一工夫を凝らして、バスタイムをより有意義な時間にしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたのは…

人気記事

Sorry. No data so far.

  • モデルへのレポート仕事依頼募集